シルクロードのバネ工場

ウズベキスタン、フィリピン、ベトナム、モンゴル、そしてシリアに渡った日本語教師のブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エルデネット最後の24時間

…というわけで、本当に帰国できるのかとヒヤヒヤしてしまう状況ではありましたが、7月18日に無事帰国し、日本からの初更新です。

ちょっと前の記事に書いた通りのスケジュールで7月16日の夜行列車でエルデネットを離れたわけですが、今回はエルデネットで過ごした最後の24時間を写真とともに時系列で記録しておくことにします。

7月15日18時

郵便局で引っ越し荷物の郵送手続きを終えて帰宅し、晩メシ。
豪勢に鶏のもも肉を丸ごとオーブンで焼いてしまいました。

で、食後に1時間ほどお散歩
この時期のエルデネットの日没は夜9時過ぎ。街は10時ごろまで明るいので、ついつい遅くまで外を歩いてしまいました。

エルデネットで見る最後の夕日が眩しかったです。

7月15日22時

帰宅して荷造りを始めましたが、なかなかはかどりません
とりあえず、明日の晩にはこの街を離れるということで、荷造りをしながら学生たちや同僚の先生にケータイのメッセージでその旨のご挨拶。
…すると、次から次に電話やらメッセージが届き、やっぱり荷造りが進みません。

7月15日23時

これでもう最後だということで、学生が突然やってきて荷造りを手伝ってくれました
…うれしいじゃありませんか。

そんなわけで日付が変わって7月16日1時、荷造り終了
荷造りを手伝ってくれた学生を見送って就寝

7月16日5時半
なんとなく目が覚めてしまい、起床。

朝食後、部屋の掃除
荷物もまとまったし、これでいつでも部屋をあけ渡せます。

7月16日10時

荷造りをして部屋の掃除が済んだあと、改めて大学に置いていく書類やら返さなきゃいかんものなんかがけっこう出てきたので、それを持って大学へ

7月16日11時

最後の丘のぼり
2年間生活したエルデネットの町を丘の上から見下ろし、感傷に浸ります。

そして…


オボーにのぼり…


“ハダク”という絹布をオボーにくくりつけ、さらにお茶と線香を供え、これまでのモンゴル生活への感謝と今後の旅の無事を祈ります
そんなわけでなんだかんだで30分ほど丘の上でボサーッとすごし、その後1時間ほどお散歩

7月16日15時前後

最後のインターネット利用料の支払い夜行列車の切符を購入

で、ここから立て続けに人と会う

15時半

一緒に働いていたモンゴル人の日本語の先生2人と食事。

16時半

いつも買い物していた市場のおばちゃんに挨拶。

16時45分

大学の用務員さんとコンピューターの先生がやってきて、大学から借りていたパソコンの返却。

17時

プライベートで日本語を教えていたミホさん(モンゴル人)が来てくれて、10分ほどおしゃべり。

その後シャワーを浴びて荷物等の最終確認。そして…

7月16日18時半

外国語学部の学部長とそのダンナさんの車で駅へ。

いよいよエルデネットを去るときが来ました。
エルデネットの街と人々、そして遠ざかる町の風景を見てやっぱり涙が出てしまいました。

さらに……




駅へ行くと、学生数名が見送りに来ていました
こんどの9月から3年生になる学生たちで、私がモンゴルで働き始めるのと同時に大学に入学した学生たちです。
夏休みで田舎に帰省していたというのに、このためだけにわざわざエルデネットに戻って来たという学生もいて、これはもう、ホントに嬉しかった。

そして…

7月16日19時ちょうど

ウランバートルに向けて列車が出発。

なんだかんだといろいろあった2年間、最後はしんみり、ひっそりと、誰に見送られることもなくエルデネットの町を去るつもりでいたのに、最後の最後になんだかあちこち歩き回り、バタバタといろんな人が会いにきてくれたりしてめまぐるしく、でもあっというまに時間が過ぎてしまった24時間でした。

写真を見ながらこの記事を書いている今でも、ちょっとウルウルしてしまいます。
ニアミスで会えなかった方々もいましたが、それでも帰国するまでの間に電話で話すぐらいはできたのでまぁよかったです。

そんなわけで7月17日の朝、列車はウランバートルに到着したわけですが、そんな感謝と感激のエルデネット最後の24時間に比べて……


帰国直前にウランバートルで過ごした約20時間のまぁ~長かったこと!
スポンサーサイト

テーマ:モンゴル - ジャンル:海外情報

ナーダムがやってきた

そんなわけで…、



先週末から数日ほどイナカに行ってきました。

エルデネットから車で1時間程度の隣町、ボルガンに住んでいる日本人仲間に誘われて、ボルガンからさらに車で草原のガタガタ道を6時間ほど行ったところにある山あいの村落、バヤンアクト村

その目的は…


モンゴルの夏に行われる最大の国民行事、ナーダム!

本来なら私のモンゴル滞在は7月1日までだったんですが、これを見るためにわがまま言って住民登録を20日ほど延長してもらっていたのであります。

ちなみにナーダムとは………説明が面倒くさいので、興味がある方は自分で調べてください。
まぁ、とにかくモンゴルの草原を舞台に繰り広げられる相撲とか競馬とか弓射なんかを、ホーショールとかをモシャモシャ食べながら見るような感じのお祭りです。

基本的に7月12日と13日がモンゴルのこよみの上ではナーダムになっていて、この2日間は首都のウランバートルで国家ナーダムが行われるんですが、それに先駆けて各地方のナーダムが行われ、各地方で行われた競技のチャンピオンが首都に上って頂上決戦をする、という感じ。

というわけで…、


相撲を見たり


競馬を見たりしてきました。

村部のナーダムは弓射(←個人的にいちばんスキ)がないのがちょっと物足りないんですが、やっぱりナーダムというのは「いろんな競技をじっくり見て白熱する」というより、基本的に雰囲気を楽しむものなので、「祭り会場に行って、わちゃわちゃした祭りの雰囲気を感じながらちょこっと競技を見てワーワー言う」というのが一般的な楽しみ方のようです。

そういえば日本の祭りなんかもそんな感じですよねぇ…。

そんなわけで、ナーダム一色の村をブラブラしつつ湖を見に行ったり、山へイチゴ摘みに行ったりもしました。


そしてわが町、エルデネットは…

ナーダム会場近くのメリーゴーランド横に建設中だった巨大観覧車も完成。ナーダム会場周辺には特設屋台ゲルも並び、準備万端。
7月10日11日の2日間に渡ってナーダムが繰り広げられます。

そして、ナーダムと同時に私のモンゴル滞在もいよいよクライマックスを迎えるわけであります…。

テーマ:モンゴル - ジャンル:海外情報

街の入り口

夏のエルデネット散歩シリーズ・第4弾です。

2009年6月30日(火曜日)超快晴。
8時半にアパートを出発します。

この日私が目指したのは東。我がエルデネットの街の入り口です。
………まぁ、細かい話は読んでいけばわかっていただけると思います。

というわけで、とにかく東のほうに向かって歩いていきます。


普段、この道を通るときは基本的に車内なので、こうしてのんびり景色を見ながら歩くといろんな発見があって楽しいモンです。

…で、1時間ちょっと歩いたところで「エルデネットだけでなくモンゴルの経済さえも支えている」と言ってもいいほどのわが町の誇り、モンゴルロシア合弁エルデネット鉱山会社の入り口に到着。
とりあえず記念撮影。

しかし、今回の目的地はここではなく、街の入り口。というわけで、さらに歩き続けます。

そして出発から約3時間が経過。

街の中心から9キロ地点のここは…


エルデネット駅
とりあえずここで5分ほど休憩。

しかし、何度も言いますが、今回の目的地はここではなく、街の入り口。というわけで、駅からまた更に東に向かい、しばらく行くと……

←目的地が見えてきました!

「ЭРДЭНЭТ」
“エルデネット”と読みます。

ここは街の中心から11キロ地点、さきほどの駅(9キロ地点)から2キロほど進んだ場所。
ダルハンやウランバートルといった東の主要都市に続く幹線道路沿いであり、さらに鉄道の線路の真横でもあるこの場所に「ここからがエルデネットの街ですよ」ということを知らせるランドマークがあります。

エルデ以東の街から車や列車でやってきた人々は、これを見て「おぉ、エルデネットについたなぁ」ということがわかる場所。そして車や列車でエルデネットを去る人たちには「これでエルデネットを離れるのか」ということを知らせる場所

だからここがちょうど街の入り口というわけです。


通りすがるだけのときには気づかなかったんですが、ちょっとした休憩所なんかもあってくつろぎの空間になっています。

というわけで……

アパートを出発して約3時間半。11キロの道のりを歩いて街の入り口に到着し、時間もちょうど正午近くということで、ここで昼メシ。
さらに1時間ほどここでひとりボサーッとすごします。

特にこれといってここに書くような出来事もありませんでしたが、今までどこか街を離れてお出かけするようなとき、この場所を見るたびに何となくここに来てこうしてのんびりしてみたかったので、帰国を間近に控えたこのタイミングでようやくここに来ることができて感無量です



…で、

道中、牛の群れに突撃されそうになりながらも再び11キロの道のりを歩いて帰宅。

往復22キロをひとりでのんびり歩き、たしか7年ぐらい前に買った靴にもついに穴があきました。

テーマ:モンゴル - ジャンル:海外情報

次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。