シルクロードのバネ工場

ウズベキスタン、フィリピン、ベトナム、モンゴル、そしてシリアに渡った日本語教師のブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

定点観測・第4季「立春編」

前回の卒業式の記事がまだ途中だったような気もしますが、4年生の卒業騒動はまだ完結していないので、今回はちょっとお休み。おなじみ定点観測をお送りいたします。


2008年3月17日(月)
雪が融けて2週間ぐらい経ったころです。この日は特に何もない平凡な一日でした。


2008年3月24日(月)
ちょっと前に書いた大学のイベント、日本語週間の開催前日で、授業もしながら祭りの準備もしたりと、慌ただしくバタバタしていた時期です。天気がよければかなり「暖かい」と思えるようになったのもこのころでしょうか。


2008年3月31日(月)
3日ほど雪が降り続いた週末が明けてのこの景色です。
このころから「引っ越し」の話が出始め、この日は旧大家が私のアパートを見に来た日です。この日、晩メシにカレーうどんを作ったんですが、たぶん大家が来た時間は部屋中カレーのにおいに包まれていただろうと思われます。


2008年4月7日(月)
小麦とか米の値段がガンガン上がり、この日、各学部の学部長が集まって「新年度からの給料アップ」を学長室に直訴に行く、なんてことがありました。


2008年4月14日(月)
で、この日が引っ越し日です。
この写真を撮ったすぐあとに授業が2つあり、その後すぐに帰宅して引っ越し、て感じでした。


2008年4月21日(月)
新年度のカリキュラムについての会議があり、なんかダラダラと話し合いが続いて7時近くまで大学で働いていました。
モンゴルの会議っつーのは、トップの人が延々と喋り続け、みんなそれをひたすら聞き続ける。で、最後にみんながひと言かふた言ほど意見を言い、そのあとまたトップの人がそれについての意見を述べる。みたいな感じです。元々の「会議嫌い」というのもあるんですが、それにもましてこのモンゴル式会議はただの「苦痛」でしかないような気がします。


2008年4月28日(月)
なんか、天気が悪いですね…。
この日は今年最初の雨が降り、「初雨」でようやく春を感じた、そんな日です。


2008年5月6(火)
雪が積もっていますが、間違いなく5月6日に撮った写真です。
この定点写真、毎週月曜日の昼ごろ撮っているんですが、5月5日の月曜日、いつものように写真を撮ろうとカメラを構えるとすぐデジカメのバッテリーが切れてしまい定点観測できず、「ま、どうせ1日ぐらいじゃ大して景色も変わらんし、明日にしよう。」…なぁんて思っていたら、翌5月6日は朝から雪。「ありゃりゃりゃりゃ…」などと思って撮った写真です。

このひとつ前の週に初雨が降った翌日、うそのような大雪が降り、それから5月の1週目までずっと天気が悪い日が続き、ほぼ毎日のように雪が降っていました。
それでも、やはり天候不安定な春。昼ごろには雪もやんで太陽が顔を出し、2時間もすれば雪が融けてしまいます。

そんなわけで上の写真は5月6日の11時半ごろ撮影したもので、その1時間後、12時半は…

こんな感じになり、さらにその1時間後、13時半にもなると…

空は晴れ、雪はここまで融けてしまいます。


……と、そんな春の様子をお伝えしてまいりましたが、現在、こちらはだいぶ新緑が芽生え始め、緑の大地が広がり始めています。次回分では徐々に色づいていく風景をお伝えできるのではないかと思います。
スポンサーサイト

定点観測・第3季「雪融け編」

毎度おなじみ定点観測の3回目です。
エルデネットの街も暖かくなってきて、というか、寒くなくなってきて、春はもうすぐそこまで来ている様子。そんなわけで今回は、徐々に雪が減っていく様子をご覧ください。


2008年1月14日(月)
昨年末で大学の前期日程が終了し、前期試験も終わってこの日から後期の授業が開始しました。昼間でもマイナス10度以下の日が続き、もっとも寒かったころです。


2008年1月21日(月)
白いです。特に書くこともありません。いたって平和な1日でした。


2008年1月28日(月)
1月14日に試験休み兼年末年始休みが終了して授業が始まったんですが、授業があったのは2週間だけで、今度はこの日から「旧正月休み」に入りました。そんなわけでこの日は大学の教授室で軽いパーティーが行われました。


2008年2月4日(月)
モンゴルでは、大学が提供してくれているアパートに住んでいるんですが、私が入居するときすでに台所にでっかい冷蔵庫がありました。が、それがまぁビックリするほど古いモノで、なんか変なニオイはするし音はうるさいのであまりつかいたくはなかったんですが、それしかないので仕方なくそのボロ冷蔵庫をつかっていました。
しかしこの日、大学の方から「新しい冷蔵庫を買ったので今から持っていく。今日は家で待機してろ」という電話が入り、遂に新品冷蔵庫が我が家にやってきました。
ちなみに右の写真は古い方の冷蔵庫です。


2008年2月12日(火)
毎週月曜日に撮っているこの写真ですが、2月8日がツァガーンサル1日目、で、11日の月曜日は招待を受けていたので定点観測できず、翌12日(火曜日)の写真です。


2008年2月18日(月)
旧正月休みが終わり、この日から大学のほうも授業再開です。ちなみにこの前日の日曜日、馬頭琴の先生からケータイにメッセージがありました。
「なぜ練習に来ないんだ。答えろ!」
で、それから何度か連絡しようと試みてはいるんですが、この日を最後に音信が途絶えてしまっています。先生の家に行ってみてもいつも留守だし。


2008年2月25日(月)
前回の記事より、「万年筆が乾燥にやられてるからインクがでないのか!」と気がついたのはこの日です。「黒ヒョウ」の絵もこの日に描きました。


2008年3月3日(月)
3月に入り、だいぶ暖かくなりました。雪も融けはじめています。


2008年3月10日(月)
完全に雪がなくなりました。春の訪れです。ここからこの原野が徐々に色づき始めます。そんなわけでようやく退屈な雪景色の定点観測は終了です。次回をお楽しみに。

定点観測・第2季「初冬編」

モンゴルは一年でいちばん寒い時季に入りました。空気は冷たいし風は強いしで、昼間でもヒゲが凍るほどの寒さです。

そんなわけで今回は定点観測の第2回目、11月第一週目から1月第一週目までの二ヶ月間の風景です。


2007年11月12日(月)
この前日の11月11日、モンゴルでもようやく暦の上での冬に入ったそうです。この日は朝イチの授業のために外へ出ると、外は靄で真っ白。家から大学までの30分の道のりで、革ジャンもカバンもまっしろ、まつ毛とヒゲが凍る、というのを初めて経験しました。


2007年11月19日(月)
この町で二年間、エアロビのインストラクターとして活動していた協力隊員の女性がこの翌日に町を離れるということで、このころは連日のようにパーティーがありました。まだそれほど寒くなかったころです。


2007年11月27日(火)
この定点観測、毎週月曜日に行っているんですが、11月26日(月曜日)は国家記念日で休日だったため、翌27日の風景です。雪もだんだん融けてきました。


2007年12月03日(月)
師走です。かなり雪が融けてしまいました。久しぶりに見る地面です。
この前日、12月2日は日本語能力試験がありました。ウランバートルまで試験を受けにいった学生が夜行列車に乗ってまだ帰ってきていないということで、3年生がこぞって休み、平和な1日でした。


2007年12月10日(月)
せっかく融けたのにまぁた積もってしまいました。


2007年12月17日(月)
どうでもいいことですが、この日の晩、お好み焼きを作りました。あと、注文していた馬頭琴をようやく受け取った日でもあります。それ以外には特に何もなかったなぁ。
大学の方はこの週で前期日程が終了。前期試験に向けてちょっとでも成績を良くしてもらうために、学生たちが未提出の宿題だとかいろいろともってきて何かと忙しい、まさに「師走ど真ん中」の一週間でした。


2007年12月24日(月)
クリスマスイブです。雪もかなり融けました。たしかクリスマスのころはけっこう天気のいい日が続いていました。大学ではこの日から前期試験が始まりました。


2007年12月31日(月)
大晦日です。この前々日の土曜日が仕事納めではあったんですが、ちょっとやり残した仕事があったので大学へ行き、ついでにこの写真を撮りました。この3日ぐらい前に二日続けて大雪が降り、大地もすっかり白くなりました。


2008年01月07日(月)
今年一発目です。学生たちはまだ前期試験で緊張の日が続いています。私の方はこの前日の日曜日に担当科目の前期試験が終了し、この日に成績を出してしまったので、久しぶりにのんびりとした一週間の始まりです。

…と、こぉんな感じでこの二ヶ月は積もっては融け、また降っては積もり…、の繰り返しでした。

こちらは今が寒さのピーク。今月半ばを過ぎれば4月ごろまで徐々に徐々に、ゆっくりと寒さが和らいでいくそうです。…が、そうはいっても、もんのすごく寒いのがフツーの寒さになる、っていうだけのことなので、まだまだ寒い日々が続くことには変わりないんですがね。
とゆーわけで、まだまだこの白い風景が3ヶ月ぐらい続くということです。

そんなわけで次回もお楽しみに。
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。