シルクロードのバネ工場

ウズベキスタン、フィリピン、ベトナム、モンゴル、そしてシリアに渡った日本語教師のブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

島でダラダラする

 お久しぶりです。ベトナム旧正月中の旅行のお話です。

 2月5日から3週間ほど、旧正月休暇ということでベトナム国内および隣国のラオス旅行に行ってきました。
実に8年ぶりのラオス、まだまだ発展途上とはいえ、やはり以前と比べると格段に旅行しやすくなっていて少々面食らいましたが、なにはともあれ嘘と金欲におぼれたせち辛いベトナムとは対照的でとてものんびりしていてよかった。

 そんなわけで旅のルートですが、まずホーチミン市から列車に乗ってベトナム屈指のリゾート地であるニャチャンという町に立ち寄ったあと、ベトナム中部の古都フエまで北上し、そっからローカルバスを乗り継いでラオスに入国。主にラオス南部でのんびりしてきたわけですが、今回の旅の目的地は、ラオスとカンボジア国境の「シーパンドン」と呼ばれるエリアでした。(地図参照)

 で、このシーパンドン、その名もラオ語で「シー(四)」「パン(千)」「ドン(島)」すなわち「四千の島々」と呼ばれる地域で、「内陸国のラオスに島なんかあるの?」と思われる方もいると思いますが、実はラオスにも島があるんです。

 というのも、中国に源流をなし、ミャンマー、タイ、ラオス、カンボジア、ベトナムへと流れるメコン川、ラオスとカンボジア国境付近に入ると、その川幅が実に十数キロにもおよび、そこに大小無数の島々が点在。そこからシーパンドンと呼ばれているとのこと。

 ラオス入国後、バスとボートを乗り継いでシーパンドンに到着したのが、ホーチミン出発から数えて実に1週間後のこと。

 シーパンドンの中でも、浅瀬に急流に滝などの大自然、また、フランス植民地時代の鉄道建設跡などといった見どころが集中するのが、カンボジア国境に最も近いコン島およびデット島と呼ばれる2つの隣接する島で、このうちのデット島の安バンガローに宿をとり、1週間ほど滞在しました。

 橋も架かっていないし車など走っていない(というか、車が走れるほどの道もない)ような島でも、ここ数年で観光客が激増。そんなわけで島にはゲストハウスやレストランが数多くありましたが、島に住む人々は自分たちが守り続けた生活のスタイルを変えることもなく、朝はメコン川で顔を洗い歯を磨き、夕方になればメコン川に浸かって身体を洗ったり洗濯したり、そしてメコン川の水を汲み上げて作物を育てる日々…。
 さらに島に電気が供給されるのは夜の6時から11時までの4時間だけで、日が沈めば自動的に電気がつき、深夜になれば自動的に消える。しかし、電気が落とされたあとの島に訪れるのは闇の世界ではなく、満天の星空。しかもその星がメコン川の水面に映る…。そんな神秘的な世界でした。

 で、そんな島で1週間ものあいだ何をしていたかというと、実に何もしなかった…。

  

 歩いて島を散策し、鉄道建設を試みたフランスが放置したままの古びた蒸気機関車を見に行ったり、自転車を借りて滝を見に行ったり、タイヤのチューブを借りてのんびりメコン川を下ってみたり、ちょっと疲れたらバンガローのテラスで絵を描いたり、ハンモックに揺られながら本を読んだり、そんでもってときどきザブンとメコン川に飛び込んで泳いでみたり…。

 そんな感じのなんともダラダラした日々を送っていたわけですが、このシーパンドンにはもう一つ大きな目玉があり、それは「河イルカの棲息地」だということ。しかし、悲しいかなベトナム戦争やカンボジア内戦の影響でその数は激減してしまい、今は絶滅の危機に瀕しているらしい。

 それでも島を去る前日、現地ツアーに便乗して河イルカが多く棲んでいるエリアに連れていってもらいました。1時間ほどじぃっと川面を見ていましたが、残念ながら河イルカの姿を見ることはできず、結局、「この川のどこかに河イルカが潜んでいるのに…」という後ろ髪ひかれるような想いだけを残し、島を去ることになりました。

 んで、その後は再びラオスを北上。すっかり発展してしまったラオスの首都ビエンチャンも見てベトナムに帰ってきました。

 実に8年ぶりのラオス、3年ぶりの貧乏旅行ですっかりリフレッシュし、旧正月明けの騒がしいホーチミン市に戻り、新たな気分で仕事再開です。

(旧サイト・2007年2月27日記載)
スポンサーサイト

旅人時代の写真

恥ずかしながらリンクです。

2月19日です。旧暦で1月1日になりました。
みなさん明けましておめでとうございます。

そんなわけで前にも書きましたが、今、旧正月休みでベトナム国内とラオス旅行をしていて、たぶん順調に行っていれば数日前にベトナムからラオスに入っているのではないかと思います。(「たぶん」というのは、ホーチミン出発前に日時指定でブログ更新するようにしておいたから。)

で、今回は旅系写真のホームページのご紹介です。

…ていうか、私がバックパッカーみたいなことをしていたころ、旅行中に撮った写真を紹介するホームページをやっていて、そのページなんですが、


 ↑ ここです。

どうしてもこの手のサイトは更新とか管理の手間がかかり、最近では掲示板に書き込まれたエロサイトや出会い系サイトの宣伝を削除するために数ヶ月に1回見るか見ないか、ていう程度にしかチェックしていなくて、サイト自体もかれこれ3年近く手付かずの状態になってしまっています。アクセスカウンターとかめちゃくちゃだし。
しかし、古くからの知り合いなどは、いつまでも海外をブラブラしている私の安否を気づかってときどきチェックしているらしいので、ほんとに申し訳ないと思っているんですが…。

そんなわけで今ごろラオスにいると思いますが、8年半ぐらい前に初めてラオスに行ったときの写真も公開しています。おヒマなときに覗いてみてください。

(旧サイト・2007年2月19日記載)

早めの正月休み

ちょこっとごあいさつです。

2月に入り、いよいよ旧暦の新年、いわゆる旧正月が近づいてきました。
街中のいたるところに正月飾りが見えるようになり、ベトナムにもいよいよ年末の雰囲気が漂いはじめたこのごろです。

しかしまぁ、ベトナムに来て2ヶ月が経ちましたが、仕事面では早くもカベに激突。というか、個人的にはなんの問題もないんですが、諸事情により2週間ほど前から日本語のクラスがストップしてしまい、再開の目処も立たず、いつ使われるのかもわからない絵カードばかりを描きながら、来る日も来る日も授業ができずにモヤモヤ病のような日々を送っていました。

「旧正月が明けるまではみんな浮かれてしまっているので、しばらくは授業が再開することもあるまい」などとベトナム歴10年というベテランの先生が言っていたので、ちょっと早めの旧正月休みをもらうことにしました。

そんなわけで2月5日から旧正月明け数日後まで、ベトナム国内および隣国のラオス旅行に出かけてきます。よってこのブログも更新できるかどうかわかりません。ちなみに2007年の旧暦1月1日は2月19日だそうです。

それではみなさんよいお年を。



(旧サイト・2007年2月3日記載)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。