シルクロードのバネ工場

ウズベキスタン、フィリピン、ベトナム、モンゴル、そしてシリアに渡った日本語教師のブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シリーズ「絵教材」第4回・国が違えば

久しぶりに絵教材について書こうと思います。

これまで、日本語教師としてウズベキスタン、フィリピン、ベトナムと渡り歩き、そして現在赴任中のモンゴルに至るわけですが、各国ごとにオリジナルの絵教材を作り続け、モンゴルでもまた新たに絵教材を描き始めています。

「そんな面倒なことしないで、一回描いたものを使い続ければいいじゃないか」という意見もあろうかと思いますが、それには個人的なこだわりはもちろん、実は国ごとに描き変えなければならない事情というのもあって、例えば下の絵はフィリピンで描いたものですが、



ご覧の通り、動詞「死にます」の絵カードです。
人が倒れ、その魂が昇天する様子を見れば、この絵が「死」を表現していることはたいていの人に理解していただけると思います。

しかし、さかのぼること4年前、これと同様の絵をウズベキスタンの子どもたちに見せたところ、教室にいた子どもたち全員の頭上に「?」マークが浮かび上がりました。

イスラムの国、ウズベキスタンの田舎の子どもたちにとって、「死」→「天に召される」という概念がなかったようで、なかなか理解してもらえなかったという経験があります。

そんなわけで、国や宗教、文化の違いによって物事の捉え方はいろいろあって、そこの文化的背景に応じた絵を描かなければ学生の理解を得られないのです。

そんなわけで、いちばん最近の「死にます」の絵カードがこちら。


とりあえず幽体離脱はお約束として採用し、死にざまの描写を変えてみました。

ちなみに、


これは世界各国どこへいっても「結婚」だと理解してもらえます。

そのほかに、国によって身近なものを描くというのも必要で、たとえば

「乗ります」と「降ります」の絵ですが、フィリピンで描いたものは


フィリピンの交通手段として多くの人が利用しているジープ(ジープニー)の絵を描いてみました。
私が教えていたダバオの学生にとって、上の方の「乗ります降ります」の絵は、普段あまり乗ることのない「長距離バス」なので、それより毎日乗っているジープの絵の方が、親しみがわくってもんです。

…となると、ベトナムではバイク?モンゴルでは「馬」か?
いやいやまてよ、馬の場合「のる」ときは「馬に乗る」だけど、「おりる」ときは「馬をおりる」というより「馬からおりる」だよなー。「馬」の場合は「降りる」というより「下りる」ていう感じだから、やっぱり「乗ります降ります」の絵はマイクロバスかタクシーになるんだろうなー。あ、でも馬車なら大丈夫か?
…などとつまらないことを考えてしまっています。はてさてどうなることやら。

そんなこんなでこの話題についてはいろいろありすぎて長くなってしまうので、最後にひとつだけ最近の話題ですが、まずは下の絵をご覧ください。

動詞「帰ります」の絵カードですが、夜、仕事を終えた人が家に向かう様子を見て「帰宅」を連想していただけると思います。

たとえば授業中、黒板に右のような絵を描いたとします。これまで働いていた国では、この絵を見た学生の口から「うち」または「いえ」という言葉が飛び出すところです。しかし、モンゴルである日の授業中、黒板にこの絵を描いたときに学生の口から出た言葉は「たてもの」。

モンゴル人にとってこれは「たてもの」なのかっ!(間違ってはいないんだけどね)…と、目からウロコだったんですが、ということは、上の「帰ります」の絵を見ても、モンゴルの学生には「夜、建物に向かって歩いている人の絵」 にしか見えないという可能性もあるわけです。

そんなわけであれこれ考えた結果、モンゴル版「帰ります」の絵カードはこうなりました。


モンゴルの夜の街には酔っぱらいが多くて危険なので、明るいうちに家(ゲル)に帰りましょう。

実際に1年生の教室でこの絵を使った結果、別段笑いが巻き起こるわけでもなく、すべての学生がなんの迷いもなく、いたってフツーにサクッと「帰ります」と即答。
これなら文句ねーだろ!

…とにかく、絵教材制作にはゴールなどなく、まだまだ新たな絵を描き続けなければならないということを再認識させられる毎日です。

それにしても、



……シリーズ「絵教材」第5回につづく
スポンサーサイト

二人のビッグショー

先日遭遇したおもしろイベントの話しです。

私が住んでいるエルデネットという街には鉱山があり、ロシアの出資により鉱業が発達。街にはロシア人が多く住み、ロシアとモンゴルが手を取り合って街を発展させ、今もなお共存を続けています。しかし、朝はマイナス10度。雪は積もるわ路面は凍るわで、すっかり冬になってしまったモンゴル。そんな中、寒い国の人の冬の楽しみって何だろう…。冬のための衣類をそろえたら、冬のための娯楽を探さねば…。なんてことを考えてしまう昨今ですが、そんなことを考えていたところに、おもしろイベントへの誘いが舞い込んできました。

私が勤めているモンゴル国立大学オルホン分校、外国語学部の講師陣は、「学部室」と呼ばれる狭い一室を与えられ、そこで日本語、中国語、ロシア語、ドイツ語の先生たちが和気あいあいと仕事に励んでいるんですが、ある日、ロシアとモンゴルの友好を祝う歌と踊りのイベントが開かれるということで、ロシア語の先生からそのイベントの招待状をいただきました。

そんなわけでイベント当日、市の中心部にある文化センターへ。



まずは全身白のスーツを身にまとった小粋なロシア人司会者のもと、市のおえらいさんやロシア側関係者の紹介がされたあと、この街でロシアとモンゴルの友好に貢献した人への勲章の授与などが行われます。

そんな退屈な時間が20分ほど続いたあと、いよいよショーの開幕。



出し物は、モンゴルとロシアが交互に披露。モンゴル側は、民族舞踊をもとにした創作ダンスや、ホーミーと馬頭琴の演奏など、伝統芸能を前面に押し出したステージを披露。ロシア側は、恰幅がよく声量のある歌手によるロシア民謡やロシア歌謡を切々と歌い上げるような感じ。

…うーん。これはこれで興味深いんだけど、正直言ってしまうとこの手のイベントって、どこの国でもありがちだなー、などと思ってしまう内容。しかし、そんな イベントも終わりにさしかかったそのとき、意外な人物が壇上に登場。


フツーに登場して熱唱をはじめたこのおじさん…


開会時に壇上にいたこの人(矢印)です。
どうもエルデネット市の役人さんらしいんですが、大熱唱です。

で、これで終わりかと思ったそのとき、このおじさんに代わってステージに立ったのは…

このおじさん。

この人も開会時に壇上にいたおじさんです。
最初のうちはなんだか雄弁に語っていたんですが、やがて…


熱唱モードに突入!!

さらに……、

ノリノリのノリ助となったおっさん、最後には二人揃って美声を披露。

ここまで来て客席のボルテージは最高潮に達し、この日一番の盛り上がりを見せていました。モンゴル人もロシア人も日本人(私)も壇上のおっさん二人の熱唱にあわせて歓声を上げて手拍子。狭いホールにいた全員が爆笑に包まれ、拍手喝采でステージ終了。

モンゴル舞踊やロシア民謡より、モンゴル人のおっさん二人のカラオケショーの方が大盛り上がりだったこのステージ。なかなか面白いもん見せてもらいました。

山へ行くには肉を持って

モンゴルはすでに冬、寒い日は雪も降るような気候になりました。まだまだ秋かと思っていましたが、なんか2週間ぐらいで秋が終わってしまったような感じです。
そんな短い秋に何をしていたかというと、2週連続で山へ行く機会があり、3つぐらい前の記事で1年生のピクニックについて書きましたが、その翌週、今度は外国語学部の先生だけで山へ行ってきました。

学部室では2週間ぐらい前から綿密な打ち合わせが行われていたんですが、もちろんモンゴル語がまだまだ理解できない私は「とりあえず来ればいい」というVIP待遇。そんなわけで当日の朝は私だけ手ぶらで集合。そのままマイクロバスに乗り込んで山へ行きます。

1年生のピクニックでは様々なレクリエーションが用意されていたんですが、今回は大人の会合ということで、山に着くなり小粋なビニールシートの上には「食い物と酒」が広げられ、早くも宴の準備が整えられます。

しかし、私がいちばん気になったのはこれ。

←肉。
子ヒツジ一頭分は軽くあるのではないかと思われる肉の量です。
ちなみに肉の管理は男の仕事。男性講師陣が肉をさばきはじめます。すると、ある一人の先生が私に「石を拾ってきてください」と指令を出し、私も含めた男性陣3人で山の中に入り、げんこつ大の石を大量に拾ってくることになりました。

で、石を拾って基地に戻ると、そこに見慣れないデバイスが登場。

どうやら肉の調理に使うこのデバイス、モンゴルで山へ行く際には欠かせない「キャンプ用圧力釜」らしいんですが、このデバイスと大量に拾ってきた石、一体どういうふうに使うのかというと…

まず、拾ってきた石をたき火の中に投げ入れたあと、この容器に水を入れ、火にかけてお湯を沸かします。


お湯が沸いたら肉をぶっ込み、さらに火の中でアツアツに熱した石たちもゴロゴロとぶち込みます。


さらにその中に皮を剥いただけのニンジン、タマネギ、ジャガイモもゴロゴロと入れ、唯一の調味料である塩をひとつかみ、豪快に投げ入れます。

で、蓋をして再び火にかけ、待つこと1時間。


豪快「石焼き肉」の完成。
ちなみに野菜は完全に煮くずれ、跡形もありません。

で、みんなでこの大量の肉にかぶりつきます。
老いも若きも男も女も、骨までしゃぶり尽くさんという勢いで肉を食いまくります。
しかし、食べても食べても肉は減る気配がありません。
それでもモンゴル人たちは肉だけを食べ続けるのです。
子どものころから海の幸と山の幸に恵まれていた日本人とは胃袋の構造が違うようです。
やがて、肉を食っていい気分になったモンゴルの大人たち、ウォッカと馬乳酒のまわし飲みもはじめました。

肉→馬乳酒→肉→ウォッカ→肉……と、このローテーションが終わりなく続く、これぞまさに文字通りの「酒池肉林」

5リットルのタンクいっぱいの馬乳酒、ウォッカ1ケースを飲み尽くし、肉を平らげ、最後はみんなでたき火を囲んで歌を歌い始めます。
いろいろと楽しい一日でした。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。