シルクロードのバネ工場

ウズベキスタン、フィリピン、ベトナム、モンゴル、そしてシリアに渡った日本語教師のブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

丘の上の馬頭琴弾き

モンゴルの旧正月の話です。

2009年2月25日(水)、モンゴル全土でツァガーンサル(旧正月)の1日目を迎えたこの日、朝起きて部屋の電気をつけた瞬間、「パンッ!」という音とともに部屋の電球が爆発し、割れた電球のガラス片が天井から降り注いできました


……こいつぁ春から縁起が悪い。
爆発直後はすんごいドキドキしてしまいました

そんなわけで今年も迎えたモンゴルの旧正月ツァガーンサル。
モンゴルでは、ツァガーンサルの日の出を見に丘に登るという習わしがあるので、私も日の出前に家を出て、丘に登ってきました。

…が、マイナス20度を下回る寒さの中、歩いて丘を登っているのは私ぐらいのモンで、他の人々はみんな車で丘の上を目指します。丘の中腹ぐらいから下の様子を眺めると、ご覧の通り次々と雪原に入り込む車の列。

映画「Field of Dreams」のエンディングを彷彿とさせます。

そんな感じで丘の上にはかなりの数の人が集まっていました。

丘の上は風も強いので、誰からともなく火を焚き始め、オボー参りをし終えた人たちが暖をとりながら旧正月の日の出の瞬間を待ちわびます。

すると……

日の出です。

日の出の瞬間、「おぉ~っ」という歓声が上がり、人々は手を高々と掲げ、太陽に向かって手のひらを開いてお祈りをします。

なかなかに感動的なシーンでした。

…と、これだけでも十分感動的だったんですが、日の出のあとどこからともなく馬頭琴を持ったおじさんが参上し、馬頭琴を弾き始めました

……もうね、これはホントに寒さを忘れるほどの感動でしたよ。

マイナス20度の寒風吹きすさぶ雪の丘の上、日の出をバックに馬頭琴とモンゴル民謡が響き渡り、その場にいたモンゴル人たちもうっとりとその音色に耳を傾けるという、モンゴルに来て一番の感動シーンと言っても決して過言ではありません。

…というわけで、私の古いデジカメは画質の悪い音なしの動画が15秒ほどしか撮れないので、この臨場感が伝えられなのが実に歯がゆいところではありますが、とりあえずこの感動の馬頭琴弾きの映像をチラッとだけでもご覧ください。

(▲)再生ボタンを押してください。

このように感動の幕開けとなった今年のツァガーンサルの模様は次回に続く。
スポンサーサイト

テーマ:モンゴル - ジャンル:海外情報

スフバートルに行ってきました

国内旅行の話です。

例えば仕事で海外に住むことになったりすると、そこに行く前は「ここにもあすこにも行ってみたいなぁ」なんて思うモンですが、実際、海外での生活が始まってしまうと、あれよあれよと時間は過ぎ、仕事は山のようにたまり、気付けばどこにも行けずに任期終了。…なんてことがよくあります。
特に私のように個人で赴任していて、人脈というモノがまったくなかったりすると、長い休みに入ったら「どっか行こう」なんて思ったりしても、思うだけで結局どこにも行かずに過ごしてしまうことばかり。

そんなわけで2月の2週目あたりから大学が3週間の旧正月休みに入っているものの、なんだかんだで毎日ダラダラと過ごしてしまい、寒いから外に出る時間も少なくなり、「これは実に不健康極まりない、よろしくない傾向だ」などと思っていた矢先、同じ街に住んでいて私と同じ大学で活動しているJICAのシニアボランティアの方から「スフバートルにいる隊員のところへ遊びに行こう」というお誘いをいただき、夏以来となる観光に出かけることになりました。

そんなわけで、今回我々が訪れたのはモンゴル北部のセレンゲ県、ロシア国境にほど近いスフバートルという街です。

エルデネットからスフバートルまでは、まずミクロ(乗り合いバン)かタクシーでモンゴル第2の街ダルハンを目指します。で、ダルハンからもやはりミクロかタクシーでスフバートルへ。
エルデネットからスフバートルまでは半日ほどで行くことができます。

というわけで………、

エルデネットからミクロに揺られること2時間とちょっとでダルハンに到着しました。
モンゴル第二の都市といわれるだけあって街はきちんと整備され、立派な建物も多く、若いお嬢さん方もおしゃれです。

人によって「ダルハンが第二、エルデネットが第三の都市」と言う人もいるし、「エルデネットが第二、ダルハンが第三の都市」と言う人もいますが、どうやら「街の広さではダルハン、人口ではエルデネット」だという話。たしかに、様々な街の機能がコンパクトに凝縮された狭いエルデネットの街と比べると、ダルハンは広々としています。それに、人口はエルデネットの方が多いと言っても、エルデの人口の半分近くはロシア人なわけだから、やっぱりダルハンこそモンゴル第二の都市にふさわしいんじゃないかと思うほどのキラキラぶりでした。
そんなダルハンですが、スフバートル行きのバスが出るまで少し時間もあったので、ザハ(市場)を見たり昼メシ食ったりと「ぶらり途中下車の旅」をして小一時間ほど過ごします。

で、ダルハンから再びミクロに乗って1時間ちょっとでスフバートルに到着。

人通りも少なく閑散としていて、「物悲しい国境の街」といった趣があります。
また、戦後には日本人抑留者なんかも収容されていたという歴史のある街で、ロシアとの人の行き来も多く、モンゴルの古き良き地方都市といった感じ。
街から車で2~30分ほどでロシアとの国境へ行くこともでき、もちろんビザがあればロシアに入国することもできます。

下の写真のオレンジの建物がモンゴル側のイミグレーションオフィスです。

(注)国境付近での写真撮影は禁止されています!

このみすぼらしい柵の向こう側はもうロシアです。

(注)国境付近で写真を撮ると、警備兵が飛んでくるそうです!

また、国境付近にはお約束の両替屋のおばちゃんなんかもたくさんたむろしていたり、物資を運ぶトラックなんかも行き交っていて、哀愁とロマンあふるる国境の街といった感じ。
そのほか、これといった観光スポットのないエルデネットに比べればスフバートルははるかに見どころも多く、日本人墓地跡を見に行ってみたり、母なる木の参拝をしたり、他にも眺めのいい山も大きい川もあって、風情のある街でした。


そんなこんなでこのスフバートルに三泊して、再びダルハン経由でエルデネットに帰宅。今回もまた人々に感謝の小旅行となりました。

モンゴルは本日2月24日はビトゥーン(大晦日)で、明日2月25日からツァガーンサル(旧正月)です。

テーマ:モンゴル - ジャンル:海外情報

教師の日 2009 ~宴~

ネタが風化しないうちに前回の続き、「教師の日」の話を終わらせてしまいます。

エルデネットからバスに揺られること1時間半。セレンゲ県の山荘に到着してすぐにパーティーが始まったんですが、ここまでの道中、すでにバスの中で酒盛りが始まっていたということもあり、半分以上の人はほろ酔いもしくは泥酔という状況でのパーティーでした。

そんなわけで、


ケンカあり、友情あり、…そして反省あり

あとは新年会のときと同じようにディスコ大会が始まって、夜中1時ごろまでみんなで踊りまくるというお決まりのパターン。

さすがに2年目ともなれば酒を回避するというワザも身についたので、周りの状況なんかも冷静に見ることができたんですが、よく見るとあちこちでセクハラが横行。酒のチカラを借りないと“女子に触ることもできない”モンゴル人男の浅ましさというか浅はかさというか、そんなものがそこかしこに見えてしまい、なんか周りが盛り上がれば盛り上がるほどシラケてしまう、という感じではありましたが、そんな周りの状況を見ながらマイペースにメシ食ったり踊ったりしながらなんだかんだと楽しんで初日は終了。

で、各自部屋に戻って床に着き、翌日。

去年はホントに何もせず、部屋に運ばれてくる酒をただ飲み続けるだけという不毛な半日だったので、この2日目は気が重かったんですが、そんな去年の状況を反省したからかどうかはわかりませんが、今年は近くの公園でゲーム大会のようなことをしたり、記念写真を撮ったり、昼食どきなんかは学部別にちょっとした「すべらない話」の発表会なんかもあってなかなか趣向を凝らしていました。

そして最後には

山荘からバスで10分ほどのところにある川へ。


川と言っても、もちろん凍結しています。

夏場は水量も多く川幅も広い濁流で、とてもじゃないけど中に入ることなどできないような川だそうですが、この時期は大人数十人が余裕で飛んだり跳ねたりできるほどの凍結ぶり。さすがにこれだけの川が完全に凍結しているというのは圧巻です。
1メートルはあろうかという氷に穴をあけて、川の水量調査なんかをしている地元のおっさん連中なんかもいたりして、これはけっこう楽しかった。
…でも、他の先生方は前日の出発以前、大学でまだ授業をしている時間から酒を飲み続けているので、かなりの割合でへべれけになっていて、氷の上で酔いが冷めることもなく、ミニゲームを口実にセクハラに余念がありません
情けないことこの上ない、ていう感じです。


我々シラフチームは、そんな様子を眺めながら軽く嘲笑して過ごします。

で、最後に山荘に戻ってみんなで肉を食って終了。
バスに乗ってエルデネットに戻りました。今回は一番の危惧であった「酒」と「逆セクハラ」を予想以上に回避できたのでけっこう楽しく過ごすことができました。

それにしても今回のこの催しで改めて気付いたんですが、


………いつかそのうち気が向いたときに感想とか思ったことを書きます。


ついでに、ワールドバザールの「各国今どき報告」に今月の記事が掲載されました。時間があるときにでも読んでみてください。
http://www.e384.com/imadoki/37mongolia/index.html

テーマ:モンゴル - ジャンル:海外情報

教師の日 2009 ~始まり~

なんだかんだで2月も半ばになってしまい、こちらは今週来週再来週と3週間の旧正月休みに入っています。

そんなわけでちょっと前の話になってしまいますが、モンゴルでは1月31日は教師の日。日頃お世話になっている先生方の労をねぎらい、感謝するという日であります。
去年の教師の日、大学では学生に代理授業をしてもらい、その間、先生方は学部室で酒を飲む。さらにその何日か後には山荘へ行って一泊。何もせずダラダラと酒を飲み、肉を食うという「怠惰の極み」のようなプログラムが展開されました。

つーわけで、今年も大学が旧正月休みに入る前の1週間(2月2日~6日)はスペシャルウィークとなり、連日に渡って学生たちから手作りケーキやら手料理の差し入れがあったり、学内の特設メッセージボードには先生方への感謝のメッセージの数々が貼り出されていたり、先生によっては学生から何やら高級そうなプレゼントをいただいたりもしていました。


…でもね、去年はそんなこと微塵も感じなかったんだけど、モンゴルでの生活がある程度長くなって、大学の事情とか先生方のお人柄とかモンゴルの学生の性格なんかがなんとなく見えてくるようになると、こういった趣向もなんだかただのご機嫌取りのように見えてきてしまう部分もあるんですよねー。
……もちろん「純粋に祭りを楽しもう」という雰囲気もあることはありますけどね。

…などといいつつ、そんな1週間の終盤、2月5日(木)は例年通り4年生の学生たちが先生の代わりとなって後輩たちの教室で授業を行い、その間に先生方は事務所で乾杯

さらに大学の食堂では「教師の日くじ引き大会(ほとんど空くじ)」が行われ、当たりくじを引いた先生には食堂のメニューやら売店で売られている商品やらがプレゼントされるという太っ腹企画も催されていました。これは今年初の試みで、食堂周辺はかなり盛り上がっていました。

ちなみにこのくじ引き、私は見事に「はずれ」を引いたんですが、その直後にこの食堂で昼メシとして「ピロシキとオローモグ(ソーセージ饅)」を注文すると、いつもはついていない「おまけサラダ」が添えられ、なんとなく得した気分に浸ってしまいました。

……なんだかんだ言ってますが、単純な性格です。

そして、そんな教師の日スペシャルウィークの最後を飾るのは今年もやはりコレ。

←山荘。

エルデネットからバスで1時間半のセレンゲ県にある山荘に一泊。日頃の疲れを癒し、先生同士の親睦を深めようという魂胆(?)です。
去年はただダラダラと酒を飲んで肉を食うだけという、日本人の私にはなんの面白味もない催しだったということもあって、今年はあまり気乗りしませんでしたが、みんなが盛り上がってるのに家でボサーッと一人で過ごすというのも面白くないのでやっぱり参加してしまいました。なんだかんだ言ってネタの宝庫でもあるし。
で、やっぱり山荘へ行くバスの中からすでに酒盛りは始まり、道中ですでに半分ぐらいの人はでき上がっているような感じ。

山荘に着いたら今度はパーティーが始まり、誰が決めたか知んないけど“優秀な先生の表彰”が1時間近く続きます。モンゴル人はとにかく表彰が大好きです。
でも、正直「この表彰もなー…」という感じ。何かイベントがある度に冠をつけていろんな先生に表彰状とか勲章を配っていて、先生方はその度に歓喜しているんですが、なんだかこういうの何回も見ていると“去年はあの人、今年はこの人、来年は…”みたいな感じに名誉をグルグル回し合ってるだけで意味もないしありがたみも全然ないような気がしてきてしまいます。これってやっぱり上からの「勲章あげるから頑張りんさいよ」みたいな社会主義時代からの悪しき慣習の名残りなんでしょうかねぇ…。で、授与された側も「オレはこんだけ勲章持ってるんだゼ」ていうご自慢なんかしてるんでしょうかねぇ。

…と、それはさておきパーティーはまだまだ延々と続くわけですが、今回はちょっとうがった見方をして軽く毒を吐いてしまっている箇所もいくつかあるので、とりあえず気持ちを落ち着かせたいと思います。


というわけで、次回に続く。

テーマ:モンゴル - ジャンル:海外情報

では続いてです(序論)

たまには日本語教師のブログらしく、「気になる日本語」についての話をしたいと思います。

近年、「言葉の乱れ」というのが盛んに取りざたされています。
…が、その中には「うん、これは正に乱れている言葉だよな」と思えるものもあれば、「それはホントに「乱れ」として十把一絡げにしてしまっていいモノなのか?」と思えるようなものもあります。

たとえば一般に「ら抜き言葉」と言われるヤツ。
一段動詞を可能動詞に活用したときに発生する現象で、「食べられる→食べれる」とか「寝られる→寝れる」といった類いのものなんですが、これを「間違った日本語だ!」と目くじら立てるお年寄りが多数おられます。

でもね、あくまで私の個人的な意見なんですが、これって単純に「言葉の変遷の中にある状態」なんじゃないかと思うわけです。なぜかっつうと、例外なく全ての一段動詞が規則的に変化しているし、それに、「受け身動詞や尊敬語との混同を避けられる」という利点もあるし。

そんなわけで、現代日本語における一段動詞の可能形は「語幹+られる」だとされていますが、たぶん100年後あたりには「語幹+れる」に統一されてるという可能性もあるだろうし、そう遠くない将来には「広辞苑」なんかにもしっかり…


寝れる【動下一】△動詞「寝る」の可能動詞(例)となりの部屋がうるさくて、昨夜は寝れませんでした。


…とかって書かれたりしてるかもしれません。
でも、言葉というのは太古の昔からこうして徐々に徐々に変化を続けてきて、それで現代の日本語が形成されているわけで、この「変化」を頭から「間違い」と決めつけて無駄に腹を立ててる連中をみると、

「変化」と「間違い」を一緒にすんなやー!なんでもかんでも間違いだって言うんなら、お前ら全員大和時代の日本語でも喋ってろ!と言ってやりたい。

……などと言いつつ、一方で「ちょっと違和感のある表現」というのが多いのも事実。
うちの街でも見られるNHKの国際放送なんかを見ていると、たまにイラッとする表現が飛び出したりするんですが、例えば、日本時間で夜の9時から放送されている「ニュースウォッチ9」なんかを見ていると、司会の青山祐子アナウンサーがときどき「次のニュース」を読むときに…

…では、続いてです。

…と言ってニュースを読みはじめるときがあって、個人的にこの「続いてです」に前々からなんか違和感を感じてしまっています。

…えと、気持ちはわかります。気持ちはよくわかるし意味ももちろんわかるので、コミュニケーションツールとしての言葉の役割は十分果たしているんですが…、

続いてです………て、

本来、接続詞的に使われている表現である「続いて」に「です」をつけて完結してしまっているのがなんかコソバユイ。そして、一度気になり出すと、聞く度にイィイ~~~ッッ!!!…てなるんですよねー。

で、私が数年前に一瞬だけ勤めていた埼玉の日本語学校の教務主任が「言葉の問題で気になることがあるときはNHKにメールで問い合わせることができるんですよ」なんてことを言っていたのを思い出し、この度、思い切ってNHKに問い合わせのメールを出してみました。またちょうどヒマな時期でもあったので。

そんなわけで、私からNHKに送ったメールはだいたいこんな感じ。


ニュースウォッチ9の中で、青山アナウンサーがときどき「続いてです」と言ったあとにニュースを読み始めることがあるんですが、個人的にこの「続いてです」に違和感を感じています。
言葉の問題なので正しい正しくないという極論的な問題として頭から「間違っている」とは決めつけられないと思いますが、NHKのアナウンサーがこの表現を使い続けているということは、NHKとしては「続いてです」という表現自体に問題はないと判断していることと思います。
そこで、「続いてです」という表現についてNHKではどのような見解(日本語における品詞分類や、問題のない表現として判断している理由など)をお持ちでしょうか。


…んでもって後日、NHKから送られた回答のメールはこんな感じでした。


「続いてです」という表現が何故生まれるのか考えると、二つの理由が考えられます。
一つは「続いてのニュースです」の中を省略した形。
もう一つは「続いて」という接続語に、丁寧な気分のときに、つい「です」を付ける場合が考えられます。
一つ目の省略なら、名詞や連体形に付くべきですから、「続いてのです」なら文法的に正しく「続いてです」は相応しくありません。
二つ目の接続語を丁寧に言う場合なら、「続いて」だけで何ら問題はありません。
アナウンサーの口癖として「しかしです(ね)」「したがってです(ね)」「ただしです(よ)」などと使ってしまうことがあり、これはなるべくすっきりするように指導をしております。
多分、相場様が指摘された違和感は、「続いて」だけでいいのに、やたらに「です」を付けることが気になっているのではないかと思われます。


…このNHKの回答メール、ツッコミどころがいくつかあるんですが、NHKではこのメールに対する返信は受け付けていないそうなので、NHKの方々に読んでいただけることを願ってこの場で検証していくことにします。…が、けっこう長くなってしまいそうなので、この続きは「不定期連載」ということにします。
というわけで、また気が向いたときに興味がある人だけに向けて続きを書こうと思います。


つづく

テーマ:海外で日本語 - ジャンル:学校・教育

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。