シルクロードのバネ工場

ウズベキスタン、フィリピン、ベトナム、モンゴル、そしてシリアに渡った日本語教師のブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本語教育用絵教材のweb販売サイトを始めました

…というわけで、タイトルの通り日本語教育用絵教材のweb販売サイトを始めました。


↑こんな感じのページです↑

このブログでもたびたび紹介してきたように、過去、ウズベキスタン、フィリピン、ベトナム、モンゴルと、それ以前にも日本で働いていたときから日本語の授業に使う絵カードをずーっと描き続け ていたんですが、それがいつのまにか1500枚以上にもなっていて、積み上げてみると25センチ。
で、「これが日の目も見ずに埋もれてしまうのは実にもったいない」と思っていました。

…が、私もこれらをタダで配布するほどのお人よしではないので、ネット上で通販サイトを立ち上げて売りさばくことにしました。

そんなわけでモンゴルから帰国したあと、とりあえずデータを上げて簡易版でもいいからホームページをこしらえて、そっから徐々にサイトを充実させ ていこうと思ったものの、なにしろこれまで描いた絵カードが名詞、動詞、形容詞、その他の表現などなど、全部あわせて1500枚以上もあるので、そのデータを整理して選定して一覧を作ったり、ホームページ用にサンプル画像を作ったり…なんていう作業にか なり時間がかかってしまい、眠たい作業を黙々と続けた結果、先週、ようやく公開できる形になりました。

とはいえ、これが公開にこじつけたからといって、私の絵カードが明日にでも日本語教育のスタンダードになるわけでもないし、これらがバカ売れして生活がウハウハになる、などとも思っていません。

……が、そうなり得るだけのクオリティは充分あると思っています。

というわけで、当面は一ヶ月の売上目標3000円という低い志からのスタートであり、サイトのほうもまだ完成ではありません。

今は字が多いページですが、こっからもうちょっと画像を増やしてweb上でもサンプルなんかが見られるようにしたり、アクセス件数を伸ばすために同じ内容のブログを開設したり、その他いろいろご意見などを賜りながら改良していく予定です。

そんなわけでURLはこちらです。
http://baneshobo.web.fc2.com/index.html

お近くに「ちょっと変わった絵カードがほしい」と思ってそうな日本語教師(またはそれ以外の語学教師)の方がいたら宣伝してみてください。

それから、ご指摘ご要望等、お気づきの点などもあればどしどしお寄せください。
スポンサーサイト

テーマ:日本語教師・語学留学 - ジャンル:学校・教育

静岡空港を見学してきました

さかのぼること約3ヶ月前の今年6月、私がまだモンゴルで生活していたころ、日本では静岡空港が開港していました

これまで、空港を利用する機会が比較的多いと思われるような生活をしていることもあり、空港という場所に思わずわくわくしてしまう私。周りの大人たちがなんと言おうと静岡空港建設にはもちろん大賛成だったので、この静岡空港、帰国したらぜひ行ってやろうと思っていました。

というわけで、JR東海道線の島田駅で電車を降りると…

駅構内にもこんな表示が。

…で、

駅前からバスに乗り、大井川を越えて茶畑の合間を抜けると…


「富士山静岡空港」到着。

1階は受付ロビーと到着ゲート、2階はショッピングエリアと出発ゲート、そして3階は食堂と展望ラウンジとなっております。

やはり開港したばかりの新しい空港ということもあり、中はピカピカ。新しい建物のにおいがします。

ちなみに2階のショッピングエリアにはこの通り…


静岡茶のおもてなしコーナーがあったり、


「ガチャガチャ」も静岡空港限定となっております。

私もここで何か買って帰ろうと思ったのですが、静岡の人間が静岡空港でわざわざ静岡土産を買って帰るのも意味がないと思い…


もっと意味のない買い物をしました。

さらにこの静岡空港、外に出ると展望広場があり、滑走路を離着陸する飛行機を間近で見ることもできます。


さらにさらに、この静岡空港には

「FDA(フジ・ドリーム・エアライン)」という新設の航空会社が就航。
「静岡からもっとも行きにくい県」である石川県の小松空港への直行便が運行されております。
これでいつでも簡単に飛行機一本で小松まで行けるようになりました!!

ちなみに、この静岡空港と私の地元である富士宮を結ぶ直通バスが一日一本運行されています!
便利なのか不便なのかよくわかりません。


……以上です!

テーマ:静岡県 - ジャンル:地域情報

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。