シルクロードのバネ工場

ウズベキスタン、フィリピン、ベトナム、モンゴル、そしてシリアに渡った日本語教師のブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

弔い合戦(開戦前夜)

前回の続きです。
ちょっと間が開いてしまいましたので、前回の内容を忘れてしまった…という方は、前回の記事をお読みください。

ウズベキスタンで勤務することになっていた大学でも、モンゴルで2年間勤めていた大学でも、日本人教師が必要な環境だというのに学校側がそれを拒み、学生たちを犠牲にしてしまったという私の過去の経験についてお話しましたが、ウズベクでもモンゴルでもその酷な決定に関与していたとある組織があります。

それが言わずと知れた「国際協力機構」、通称「jica」

というわけで、それぞれの事例でどんな事態がjicaによって引き起こされていたのかをここで検証していきたいと思います。

まずはウズベキスタンの事例から…

反政府暴動が沈静化し、そろそろフェルガナ大学にも日本人教師が復活できるのではないか、と現地の学生たちも期待し始めたそのころ、ときを同じくしてjicaもまた現地の状況を視察に行きなさったそうです。
そこで「フェルガナ大学にも日本語を学んでいる学生たちがいる」ということからjicaの面々もフェルガナ大学を視察。…が、ここでフェルガナ大学の学長をはじめとする大学上層部の面々は

「日本政府公認のボランティアが我が大学にも派遣される」

勝手に妄想を膨らませてしまい、結果、私のように何の後ろ盾もない流浪の日本語教師は必要ない、という結論に達してしまったような感じ。

これを受け、元フェルガナ大学日本語教師で、当時、フェルガナからの撤退を余儀なくされてタシケントに移り住んでいた日本人の先生が、タシケントのjicaオフィスに確認を取ったところ

「我々のフェルガナ視察の目的はそのようなものではなく、あくまで短期出張が可能かどうかを見定めるものであり、現地の方がそれをどう受け取ろうと知ったこっちゃない。」…と言われたという。

これにより「jicaイコール敵」という図式が私の頭の中で成立してしまいました。


それから約3年の時を経たモンゴルでの事例を見てみましょう。

もともと、私が勤めていたモンゴル国立大学オルホン分校で、私の前任として勤めていたのは青年海外協力隊の日本語教師の方だったんですが、どうやら紆余曲折があってjicaでは後任の日本語教師の要請を出さず、結果として1年間日本人教師のいない期間がありました。

で、そんな状況の中で私がまんまと赴任したわけですが、私は人間関係の悲喜こもごもみたいなものについてはどちらかというと鈍感な方だというのもあったのかもしれませんが、jicaがボランティアの派遣を取りやめるほどの問題点らしきものも感じずに日々楽しく勤務しておりました。

そんなモンゴルでのお仕事も2年目に入ったあるとき、私と同じ町に住んでいてそれまで別の学校で働いていたjicaシニアボランティアの方が私の勤める大学でも教えることになり、私自身としても同じ職場に日本人が増え、前にも増して日々楽しく勤務しておりました。

やがてそのjicaシニアボランティアの方も任期を終えて帰国したころ、大学上層部では再びjica熱が高まり、jicaにボランティア派遣の申請を出すことを決定。その後ウランバートルからjica事務所の方がやって来たんですが、せっかくウランバートルから何時間もかけてエルデネットくんだりまで来たというのに、その方は数十分ほど学長とか学部長と話しただけ。実際に日本語を教えている現場を見ることもせず、現場にいる学生や教師の様子を見るわけでもなく帰ってしまわれました

しかし、これにより、うちの大学の人たちはみんな「jicaの先生がまたうちの大学に来てくれる」などというちゃんちゃら甘っちょろい考えを持つようになってしまい、そんなのも手伝っての「日本人の採用取りやめ事件」が勃発した、というわけです。

が、それ以降、私も注意してjicaのサイトでモンゴル国立大学オルホン分校からの要請が公開されているかどうかチェックしているんですが、それらしきボランティア要請は今のところ出されてはおらず、おそらく大学の上層部が眼を覚まし、自分がフラれてしまったことに気がつくまでは日本人教師不在という状態が続くのではないかと思われるような感じ。

現場の末端(教師や学生)には眼もくれず、上層部に思わせぶりな態度を見せる、そんな人、ぼく、キライです。


…しかし、ここでトートツに話が変わってしまいますが、モンゴルに2年間住んでいてひとつ思ったことがあります。

モンゴル人というのは中国人を激しく嫌っています。
モンゴルに住んでいる中国人が被害にあう事件も多く発生してるし、とばっちりで被害を受ける日本人もいます。
モンゴル人が酒を飲めば(というか飲んでなくても)中国人の悪口が飛び出すことも多いです。

…が、モンゴルの市場で売られているもののほとんどが中国で作られ、モンゴル人がそれを中国で買い付け、モンゴルに持ち込まれたものです。モンゴルの民族衣装を作るための布も、今では中国のものがほとんどです。

中国に悪態をついているモンゴル人に、「それじゃああなたは中国に行ったことがありますか。中国人と話したことがありますか。」と言っても、ほとんどの人は中国に行ったこともなければ、面と向かって(←ココ大事)中国人と話したこともない人が多いです。

眼に映る部分だけを見て、人から聞いただけの情報を鵜呑みにし、よく知りもしないで悪態をつくというのは実によろしくない。

実際、モンゴルに住んでいる間に私も数週間ほどですが中国を訪れました。
それでもモンゴル人が抱いているような嫌悪感はまったく感じませんでしたし、むしろ中国に悪態をついているモンゴル人に対するツッコミどころの方が多いのではないかとさえ思いました。そしてそれは、中国についてあーだこーだと言ってる日本人にも通じる部分があるような気もします。


そして、ここで「jicaキライ」といっている私に対しても、同様に「それじゃあお前はjicaの何を知ってんの?」と言われると、実のところ私が見てきたjicaの実態というのは外側から眺めてなんとなく見える部分しか知らず、それを見て一方的にふざけんなと思っていただけに過ぎません。

よく知りもしないで自分の目に映る部分だけを見て一方的にキライだの何だのというのはまったくもって愚かしいことであります。



そんなこんなでウズベキスタンで後ろ髪を引かれ、申し訳ない気持ちでモンゴルを引き上げた私の「徹底的にjicaを知るための“弔い合戦”」の火蓋は切って落とされたわけです。


つづく
スポンサーサイト

テーマ:ウズベキスタン - ジャンル:海外情報

弔い合戦(序章)

今回はトートツに真面目な話から始めてしまいますが…

人にはだれしも「今の自分を支配している過去のできごと」というのがあるかと思われます。

まあ平たく言ってしまえば「影響だとか衝撃を受けたこと」であったり、「忘れもしない大きな失敗」であったり、出会いや別れやその他諸々、とにかくいいことも悪いこともひっくるめて「今の自分が形成されるに至る過程、その道中における重大なできごと」みたいなものなんですが、たとえば私の場合、仕事の上でも私生活においてもまぁそれなりにいろいろなことがあって、そのうちのひとつに

日本語を学ぶことを熱望し、私を慕ってくれていた学生たちを見捨ててしまったこと

というのが「日本語教師としての自分自身のあり方」を決定づけているような気がします。

以前、もうかれこれ1年近く前のできごとになってしまいましたが、モンゴルで私の後任の日本人教師を募っていた際のエピソードを書いたことがあります。

「後任をめぐって(2009年5月15日)」←これと、
「新年度にむけて(2009年5月19日)」←これ。

この二つの記事の最後の部分で登場するこの写真、並んだ3枚のうち真ん中の写真は2006年の春にウズベキスタンのフェルガナという街の、フェルガナ大学で日本語を学んでいた学生たちと撮った1枚です。

彼女たちがフェルガナ大学で日本語学習を始めたのは2003年の秋、私が日本語教師のボランティアをするためにウズベキスタンに渡ったのとほぼ同じ時期になります。

当時、フェルガナ大学にはやはり私と同時期に着任された日本人の先生がおり、その先生のもと、大学の専攻とは別の、取っても取らなくても成績にはまったく反映されない自由選択科目という形で日本語コースが設立されました。

で、当時フェルガナからバスで1時間程度の田舎町に住んでいた私も、何度か依頼を受けてフェルガナ大学に赴き、書道教室をしたことなんかもありました

その後、私はウズベキスタンを離れてフィリピンで2年間働くことになるわけですが、その間にも「フィリピンでの任期が終わったらフェルガナ大学で教えませんか」なんていう話もいただき、現地ウズベキスタンではフェルガナ大学の日本語コースも軌道に乗り、順調に新任の日本人の先生が赴任したりして平穏な日々が続いていました。

…が、2005年5月、フェルガナに近いアンディジャンという街で反政府勢力による暴動が勃発。多くの犠牲者を出し、フェルガナ地方が緊張に包まれるという事態に。

この事件がきっかけで、当時フェルガナ大学に勤めていた日本人の先生はフェルガナからの撤退を余儀なくされ、首都のタシケントへ。それと同時にフェルガナ大学の日本語コースも消滅の危機に直面してしまいました。

そんなこんなで思わぬとばっちりで教師不在となってしまったフェルガナ大学。しかし学生たちはそんな状況でも自主的に集まり、肩を寄せ合い参考書を広げ、互いに意見を交換して自学自習に励む日々を送っていたそうです。
やがてタシケントに退避してしまった日本人の先生も、そんな学生たちのために休日を利用してタシケントから車で数時間はかかるフェルガナまで足を運び、無償で日本語の授業を行ってなんとかフェルガナ大学の日本語コースを守り続けていたという。

やがてアンディジャン周辺地域の情勢は安定し、日本人の先生もフェルガナに住めるようになるだろう、となったとき、ちょうどフィリピンでの任期を終えようとしていた私のもとにお声がかかり、私も二つ返事で快諾。2006年の新学期からフェルガナ大学日本語コース再開の命が下されました。

フェルガナでも日本語を学びたいという学生のために門戸を開いた初代、
消滅の危機にありながらもそれをなんとか守り、つなぎ止めた二代目、
そしてそのバトンは東洋一頼りない日本語教師でもある私の手に託され、2006年5月、ウズベキスタンへ…。

…が、事態はそんなに甘くはありませんでした。
実際に現地へ行ってみると、これまで日本語コースの運営に協力的だったフェルガナ大学の国際部長が更迭され、大学側は「学生が自主的に勉強するのは構わないが、日本人の先生の労働ビザを申請し、雇う意思はない」という姿勢。
さらに、フェルガナ大学とも協力体制をとっていた現地の日本語学校の所長までも「自分の運営する機関との競合になる大学へは協力できない」という姿勢を見せ始める始末。

学生たちは学長や副学長に直訴し、歴代の日本人の先生やタシケントの先生方まで巻き込むような形になってフェルガナ大学日本語コースの再開に奔走する日々が続きました。

しかし、結局それはかなわず、私の観光ビザの期限も迫ってしまい、失意の帰国。

私が日本へ帰ったあともフェルガナ大学の学生たちは大学関係者に何度も懇願したようですが、それも叶うことはなく、結局、力及ばなかった私がフェルガナ大学でできたことといえば「日本語コースの再開」など夢のまた夢で、週に1~2回の日本語の授業が精一杯でありました。

そしてこの一件をきっかけに、私の日本語教師としての在り方は

決して日本語教育が盛んとはいえない国の、それも地方都市で日本語教師も教材も教育体制も整っていない場所で、日本人と接する機会もほとんどない、そんな場所でも日本語を学びたいと思っている学生たちに日本語を学ぶことの楽しさを知ってもらいたい。

というものになっていったのであります。ほとんど自己満足なんですがね…。

そんなこんなでウズベキスタン・フェルガナを去り、その後ベトナムでちょっとほろ苦い思いも味わったあと、やはり日本人教師不在のうえに教師不足にあえいでいたモンゴルへと渡ることになったわけですが、そこでもやはり2年間の勤務の最後に大学側の一方的な決定で日本人の雇用が取りやめになるという事態になってしまい、学生たちには申し訳ない気持ちでいっぱいになりながら帰国。

しかし、こうして過去を振り返ってみると、ウズベキスタンでの一件にもモンゴルの一件にも必ず関与している「とある組織」の存在があったのです…。

そしてこの度、ここはひとつ私自身が自らの身を投げ打ってその組織に飛び込んでみようじゃないか、という決意をしたのであります。


つづく

テーマ:ウズベキスタン - ジャンル:海外情報

はじめてのTOEIC

今回はしょーもない話なんですが、日本一時帰国中の話はまだまだ続きます。

去年、モンゴルで生活していたときから「日本に帰ったらこれをやろう」とか「あすこへ行ってみよう」なんてのがいくつもあって、それを数々実行し、これまでもこのブログで報告してきました。

で、そんなもののひとつに「TOEICを受ける」というのもありました。

というのも、フィリピンで働いていた2004年から2006年までの2年間、主に初級の授業なんかは英語でやってたし、仕事上で作成する書類なんかも英語で書いたりしていて、それでも人様に自慢できるほど英語ができるわけではないんですが、まあそれなりに英語を使って2年もお仕事していたわけです。
が、フィリピンを離れてからというもの、ベトナム、モンゴルで働いていた3年もの間、まったく英語を使わない生活というのが続いていました。

そんなこんなで3年間も英語を使っていなかった私の英語力は果たしてどのくらいのもんだろう、ということで、とにかく新しいことを頭に入れず、今ある知識がどのくらいのものなのかを知る、という目的のもと、TOEICを受けることに。

しかし、実をいうとわたくし、英語の試験といえばもう20年近く前、高校生のときに英検を受けて以来まったく試験を受けておらず、今の今までTOEICというのを受けたことがなく、「TOEIC」っつーのがどんな流れで試験が行われるのかまったくわからない。
これでは試験当日にあたふたしてしまい、英語力を測るどころの騒ぎではなくなってしまうであろう…と思い、これといった試験対策をするつもりはなかったんですが、ひととおりどんな感じで試験が行われるかだけはわかっておかなければならない

というわけで、実際のTOEICの試験問題に即したカタチで作られている「公式問題集」というのを購入し、TOEICという試験そのものについてのお勉強。その後、実際の試験と同じ要領で時間を計って問題を解く練習を2週間ほど行いました。

…で、去る2009年11月29日。受けてきました、はじめてのTOEIC。

1ヶ月以内に結果が出るということでしたが、この試験を受けた約一週間後、私は機上の人となりフィリピンへ。
そして年が明けて2010年1月、フィリピンから日本へ一時帰国すると自宅に届いていました。

(試験結果)

575点…というちょっとビミョーな結果でした。
が、3年間も英語生活から遠ざかっていたことを考えればまあ悪くはない、のか?

ちなみに、今回のTOEIC受験に際し、「現時点での英語力の測定」などといいつつも、上記の「公式問題集」以外にもう一冊、こんな本も買っていました。


TOEICテストで500点を確実に取る(The Japan Times社発行)

この本のタイトルどおり、確実に500点取れてしまいました。

テーマ:TOEIC - ジャンル:学校・教育

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。