シルクロードのバネ工場

ウズベキスタン、フィリピン、ベトナム、モンゴル、そしてシリアに渡った日本語教師のブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山に登って新聞沙汰に

山登りの話です。

今をさかのぼること4年半ほど前、フィリピンで働いていたときのことです。
2005年の年末に同じ町に住んでいた日本人仲間とともにフィリピンの最高峰、アポ山に登ったことがあります。

…が、

フィリピンの山は親切な日本の山とは違い、登山道などというものが存在するわけはなく、登山開始2日目、「アポ山ならおまかせ」と息巻いていたリーダー(フィリピン人)が自信満々で頂上への道を間違い、我々登山チームはみごとに遭難してしまいました。

で、なんとか登山口まで戻った我々を待っていたのは…


地元レスキュー隊

そんなこんなでこのあと、レスキュー隊の活動報告として「日本人登山パーティーがアポ山で遭難し、レスキュー隊のトラックに載せられて帰還した」ということが新聞に載ったとか載らないとか…、そんな話がありました。

それから時を経て2週間ほど前の5月16日。

安達太良山の山開きの日がやってまいりました。

やはり富士山麓で育った人間としてはそこに山があったら登りたくなってしまうもの

そんなわけで私が現在幽閉されている二本松訓練所、約200名の訓練生のうちの何人かがこの日、登山隊を組んで安達太良山の山頂を目指すという話は聞いていましたが、彼らはかなり本格的な登山隊だったらしく、「登山するならちゃんとしたトレッキングシューズを履き、それなりの装備で登るべし」みたいなノリだったので仲間には入らず、「なんかのんびりテキトーに登ってみる?」みたいな感じのパーティーを組んで安達太良山に向かいました。

その集団たるや周りの方々の目にはそれはそれは特異なパーティーに見えてしまったらしく、山登りだというのに手提げかばんを持った人、街歩きの無防備なスニーカーを履いた人、上はTシャツ一枚で参戦した人、そして私に至っては荷物を持たず手ブラ、という完全に山をなめきったスタイル

過去の遭難経験から学んだことはすっかり忘れてしまっていました。


いかにも「登山家」という人たちに白い目で見られながら山頂を目指します。


想像していた以上に道は険しく、雪解け水でぐちゃぐちゃです。


しかも頂上付近はまだ雪も残っていました。

…が、無事山頂に到達しました。



頂上からの眺めたるや、それはそれは素晴らしいものでした。

すると…


よっぽどおかしな集団に見えたらしく、地元新聞社のインタビューを受けてしまう我らがパーティーリーダー。
そして……

(5月19日・福島民友)
他にもちゃんとした登山隊もあったというのに、我々パーティーが新聞に載ってしまいました
(写真をクリックすれば大きい画像で記事が見られるようにしておきました)

山に登って新聞に載ったの、2回目です。
山を愛する方々にはなんか申しわけねぇです。
スポンサーサイト

テーマ:福島県 - ジャンル:地域情報

ほんとうの空

私は今、福島県二本松市のとある訓練施設に幽閉されています。

この訓練施設、安達太良山の中腹の、一般社会から隔離された場所にあるので、かなり不便な生活を強いられています。
…が、個人的に「安達太良山」と聞いて思い出されるものといえば、やはり高村光太郎の「智恵子抄」の中から、「樹下の二人」という詩の一節。

あれが阿多多羅山、
あの光るのが阿武隈川。

ここはあなたの生れたふるさと、
あの小さな白壁の点点があなたのうちの酒庫。


…というわけで、福島の安達ヶ原(現二本松市)は智恵子の生まれたふるさと。
ということは、二本松の空が智恵子の言う「ほんとの空」だというわけです。
そして……


行ってきました。智恵子生家

ここ二本松には一部修復された智恵子の生まれた家がそのまま残されており、地味ではありながらも観光スポットとなっております。
また、智恵子生家の敷地内には智恵子記念館も併設されており、智恵子と光太郎の軌跡、そして二人の残した作品などが展示されております。

さらに、智恵子生家の裏通りにある「鞍石山」の一部は「智恵子の杜公園」と呼ばれており、山の中腹には「樹下の二人」の詩が刻まれた詩碑があったり、展望台からは安達太良山と阿武隈川が一望できたりします。

しかも、私がここを訪れた日はちょうど桜がいい感じに咲き始めたころだったので、桜とともに安達太良山と阿武隈川を眺めることができました。


…というわけで、


あれが安達太良山(雲に隠れてるけど)


あの光るのが阿武隈川(小さいけど中央部あたりにあります)

…と、光太郎と智恵子も眺めていたであろう“ほんとうの空”の下、安達太良山と阿武隈川を眺めつつ、桜の樹下のひとりとなって「日本文学史に燦然と輝く“智恵子抄”という世界最高峰のラブストーリーはこの地で生み出されたのか」などと思うと、何とも言われぬ感動を覚え、思わず涙が出そうになってしまいます。


みなさんも二本松市に来る機会があったらぜひ行ってみてください。

テーマ:建物探訪 - ジャンル:学問・文化・芸術

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。