シルクロードのバネ工場

ウズベキスタン、フィリピン、ベトナム、モンゴル、そしてシリアに渡った日本語教師のブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おしごと開始

と、ゆーわけで…

首都、ダマスカスでの約1ヶ月の語学訓練もつつがなく終了し、去る7月20日、任地であるアレッポにやってきました

4月から二本松での2ヶ月間の訓練、そしてシリアに来て1ヶ月の現地訓練と、ここずっと続いていた共同生活から離れ、ついに独りでの新生活の開始です。

海外でのひとり住まいにはそこそこ慣れている方だとは思いますが、それでも3ヶ月以上にも渡って常に誰かと一緒の生活が続いていたのに加え、新しい環境にひとり放り込まれたのも久しぶりだったので、生活のあれこれがいまだにぎこちない感じであります。

結局、住まいの方はものぐさで汚な好きという自分自身の性格を考え、手入れが楽なワンルームタイプの部屋に決定いたしました。人は日に玄米一合とタタミ一畳あればよいのです。

シリアの古都であり第二の都市でもあるアレッポはそこそこ大きな街ではありますが、私の住んでいる地域は街の中心から少し離れた住宅街。閑静な感じで上品なお金持ちが多く、歩道の街路樹は(たぶん)オリーブの樹という、小洒落た雰囲気を醸し出しております。

で、私の家から徒歩15分程度のところに…


私の職場であるアレッポ大学があります。

4500平米という広大な敷地面積を有し、なんと15万人という信じがたい数の学生数を抱え込む超巨大総合国立大学。また、シリア国内にある5つの国立大学のうち、首都のダマスカス大学に次いで2番目に古いという、歴史ある大学でもあります。


キャンパスには緑が多く、ヒマな学生たちの憩いの場となっております。

そして、そんな大学の一画に「アレッポ大学・学術交流日本センター」があります。


今は夏休み中なので仕事らしい仕事はほとんどありませんが、センター入り口がサロン風になっており、ヒマな学生たちがなんとなく集まっては談笑したりしております。


さらに、ここでは…


なんと、私ひとりで自由に過ごすことのできる専用の教室兼講師室が与えられました。

ここでカチャカチャと事務仕事やら授業準備なんかをし、時間になったらこの部屋に学生たちが集まり、そのままこの部屋で授業をする、という寸法です。
去年まで勤めていたモンゴルの大学では、これと同じくらいの広さの一部屋を全ての外国語の先生15人程で使い、事務机も二人でひとつを共有していたというのに、…ていうか、それはそれでめちゃくちゃ楽しかったんですが、それに比べてこちらではなんたる厚遇なんでしょう。

というわけで、こんな感じで今までどおり相変わらず日々マイペースにのらりくらりとやっておりますので、今後のアレッポ生活レポートもお楽しみに。

とりあえず今回は新生活スタートのご報告まで。
スポンサーサイト

テーマ:シリア - ジャンル:海外情報

カシオン山に登ろう

ダマスカスでの山登りのお話です。

ダマスカスに到着して街の中心部に足を運ぶと、緑がまったくなく、斜面には四角く色のない家々が密集した岩肌むき出しの茶色い山、その名もカシオン山がふてぶてしく横たわっております。

このカシオン山、実際に写真でその姿をお伝えしたいところではございますが、実は山中に軍事施設があるということで写真撮影は厳禁
もし写真を撮っていることがばれたら、軍事機密を外部に漏らそうとしたのではないか…などといういわれのないスパイ容疑でしょっ引かれてしまい、それはそれはこっぴどい仕打ちを受け、あわや国際問題にも発展しかねない、という場所。

その圧倒的な存在感をこの場でご紹介できないのは残念ですが、なんとこのカシオン山旧約聖書によるとアベルとカイン(アダムとイヴの子)による人類史上最初の殺人事件現場となった場所、などという言い伝えもあるらしい。

しかし、そんなカシオン山も現在は軍事施設が設けられてしまった以上、頂上まで登って行くことはできず、やはり決められたラインを一歩でも踏み超えてしまえば屈強なシリア軍兵士に羽交い絞めにされてしまいます。

…が、それでも山の中腹ぐらいまでは足を踏み入れ、ダマスカスの街を一望できるという。

と、なんだかんだでやはりそこに山がある以上、行けるんなら行けるところまで行ってみようじゃないか、ということで話はまとまり、カシオン山登山を決行。せっかくなら山から上る朝日を拝んでみよう、ということで、早朝4時の出発です。

決められた登山道などというものはないので、急な斜面に立てられた家々の隙間をゼェゼェ言いながらとにかく上を目指して歩いていきます。

…が、この家々の隙間というのがなかなかの曲者で、まるで迷路のようにすぐ行き止まりにぶつかってしまい、そのたびに怪しげな目で見られながら急な階段を上ったり下りたりしなければなりません。

それでも地元の方々にルートを教えてもらいながら、どうにかこうにか上に近づいてなんとか居住地域を抜け、視界をさえぎる物がなくなって見晴らしもよくなりました。


んで、あとは砂岩地帯をガシガシ登っていくだけか…、と思った矢先、最後に道を尋ねたおっさんに呼び止められてしまい…


山住まいの屈強なるおっさんと何やら話し込むセンパイ。

で、最終的に…


こうなりました。

なぜか地元のおっちゃんたちと朝メシを囲むことになった我々登山隊。

そして…


初対面のおっちゃんたちと共に朝日を拝みます。

その後はこのおっちゃんに教えてもらったルートで行けるところまで登っていき、晴れやかな気分でダマスカスの街を見下ろしてやりました。


みなさんもダマスカスにお越しの際にはぜひ、カシオン山に挑戦してみてください。

テーマ:シリア - ジャンル:海外情報

お家騒動

「お家(おうち)」と読んでください。

……というわけでぇ、


シリアの首都、ダマスカスにいます。

6月22日の深夜に日本を発ち、ドーハを経由して翌23日にシリアの首都ダマスカスに到着。その後は7月下旬ごろまでダマスカスで現地語(アラビア語シリア方言)の訓練を受けなければならず、本格的な現場復帰はまだまだ先の話。当分はダマスカスでの生活が続きます。
…が、そんな中、我々は自分の足でそれぞれの任地へ赴き、今後2年間の基地となる「住居」を探さなければならない、というミッションを課せられました。

過去、ウズベキスタンとベトナムとモンゴルでは、学校側で用意してくれた宿舎なりアパートに有無を言わせず住まわされるという感じ。自分の足で住居探しをしたのはフィリピンだけでした。
…ので、自分で住居を探すというのは2004年のフィリピン以来、約6年ぶりということになります。

フィリピンでの家探しは、まず住みたいエリアに足を運び、そこらへんでボサーッとしてるおっちゃんとかに「部屋貸してるうちとか知ってる?」みたいな口コミ調査をしたり、玄関先に「Room for rent(貸し部屋あるよ)」の看板を出してるうちに飛び込んでみたり、そんな感じでまさしく自分の足で部屋探しをしておりました。

が、ここシリアでは…、

驚くべきことにシリアには不動産屋さんがあり、安全面、価格面から適当な候補物件を母体である事務所の担当者が何件か用意して、大家にも事前にアポを取ってくれてあるので、あとは休日などを利用して実際に現地へ行って物件を見る。
んで、気に入ったところと契約を取り交わす。…みたいな感じで住居を決定します。

とはいっても、私の任地であるアレッポという街は首都のダマスカスから北へ約400キロ弱。バスで5時間もかかる場所なので、週末をめいっぱい使って「家探し一泊ツアー」を敢行しなければなりません。

そんなわけで先週末、休日返上でダマスカスを朝のバスで発ってアレッポへ。



シリア第二の都市とはいえ、シリアの古都ということもあり、ごみごみしたダマスカスと比べて落ち着いた雰囲気を醸し出しております。
これまでことごとく首都以外の街を選んで生活してきた首都コンプレックスの私、アレッポも大都会には変わりありませんが、まあ、ここでなら人込みに中る(あたる)なんてこともなく過ごせそう。

で、すでにここに居を構えている先輩による引率のもと、候補物件を見て回るわけですが、私には2つの物件が用意されておりました。

というわけでまず一件目


外観および玄関からの眺めはこんな感じ。

この一軒家の1階と2階には大家さん一家が住んでおり、私の部屋は地下だという。


地下なので光は差し込まず、しかしながらなかなかムーディーな感じ。
しかも地下のフロア全てが私の住まいになるということで、なかなか広々としております。

間取りはこんな感じ。


なんとなく「地下生活者」という響きにそこはかとない憧れを抱いてしまいますが、いかんせん一人で住むには広すぎやしないかと思ってしまいます。

…が、大家さん一家もいい人だし、とりあえず保留、ということで2件目へ。


一転して2件目は小ぢんまりとしたワンルームタイプ
ネコの額ほどではありますが、プチ噴水つきの庭もあるので植物なんかも好きなだけ育てられそう。

間取りはこんな感じでした。


…というわけで、神秘的な地下生活か、はたまた狭いながらも開放的な庭付き住居か、私がどちらを選んだかについては今月末の「引越し編」をお楽しみに。

テーマ:シリア - ジャンル:海外情報

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。