シルクロードのバネ工場

ウズベキスタン、フィリピン、ベトナム、モンゴル、そしてシリアに渡った日本語教師のブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地方で日本語を教えるということ

突然ですが…


いま、私が生活している街はシリアのアレッポです。

そして、これまで日本語教師として生活していた町々を最近のものから順番に…

左からモンゴルのエルデネットベトナムのホーチミンフィリピンのダバオ


そしてウズベキスタンのフェルガナ州リシタン

…最後に紹介したウズベキスタンのリシタンを除く4都市に共通することは何か。それはいずれも首都に次ぐ都市、その国で2番目3番目の規模を誇る街だということ。

根っからの田舎者の私としては、やはり首都ではなく地方といわれるところに郷愁を感じずにはいられず、これまでもあえて首都ではない場所を選んで方々を転々としてきました。

しかし、ホーチミン市のように首都をもしのぐほどの大都市なんかは別として、それ以外の地方というのはどうしても教師側の能力や人材不足、教材不足、機材不足など首都に比べて教育環境にも恵まれず、また日本人と触れ合う機会も少ないような地方では、学生たちが実際に習った日本語を使うチャンスにも恵まれません。

それでも、そんな中で日本語を学ぶ学生たちにも脚光を浴びるチャンスはあります。

それがスピーチコンテスト!
(または弁論大会!)

それぞれの機関で日本語を学ぶ猛者たちが、己の思いのたけを日本語で高らかにスピーチする。そこには都会も田舎もなく、全ての学習者が同じ板の上で“平等に”そのプレゼン能力を競い合う、言うなれば日本語学習者にとっての威信と名誉をかけた“試合”です。だから個人的にはスピーチコンテストより弁論大会の方が響きとしては好きです。

…でもそこまで大げさじゃないか。

しかし、好き好んで地方の機関で日本語を教える私にとって、すきま風吹く教室で、現地人の先生の日本語力もけっこう怪しかったりする中で、目を細めてかすれたコピー用紙を解読しながらも日々の勉学に明け暮れるイナカの学生が、恵まれた環境の中、優秀な先生の下で何不自由なく日本語を学習している都会っ子たちを完膚なきまでにぶちのめす、そんな光景が見られるスピーチコンテストはどこへ行っても心躍らされる一大イベントであります。

そんなわけで前置きが長くなってしまいましたが、今年、シリアでは来る11月11日に首都のダマスカスにおいて第13回シリア日本語スピーチコンテストが開催されます。

…で、今回から数回に分けて、このブログはシリア日本語スピーチコンテスト直前スペシャルをお送りいたします。

久しぶりに仕事のお話

というわけで今回はその第1弾として、地方から見たスピーチコンテストについての思いであったり思い出話であったり、そんなことを100パーセント私の主観で語らせていただきます。

そんなわけでまずウズベキスタン
私が教えていたのはキルギス国境に程近い小さな町の、主に高校生以下の子どもを対象とした日本語教室でした。しかし、ある年ここの子どもたちが首都のタシケントで行われた弁論大会に突然参加し、並みいる大学生たちにまぎれて堂々とスピーチを行い、入賞(したんだっけ?)。

誰にも知られずひっそりと日本語を学んでいたイナカの子どもたちが周りの大人たちを驚愕させ、以来ウズベキスタンではこどもの日のあたりに高校生以下を対象とした「こどもの弁論大会」が開催されるに至り、いまでも都会っ子たちをけちらし毎年それなりの結果を出し続けております。

フィリピンのダバオでも、私が勤めていた大学は創立初年度からスピーチコンテスト入賞を実現し、マニラやセブの方々をものともせず、大学創立3年目には初優勝。以来負けなしの連勝記録を今ものばし続けております。

と、このように地方が都会を押しのける痛快さ。そんなこんなを経てモンゴルに渡ったわけですが、

やはり「このモンゴルの片田舎の、エルデネットの牧童やイモねーちゃんたちがスピーチコンテストで旋風を巻き起こすのかなぁ…」なんてことを夢見たりもしました。

…が、1年目の冬、首都ウランバートルの「日本センター」というところから送られてきた「スピーチコンテストのご案内」に強い衝撃を受けてしまうのです。

まず、スピーチコンテストに参加したい人は、決められた申し込み期間にウランバートルの日本センターに来て参加申し込みをしてください。
ほんでもって申込締切の1週間後、出場者の選考試験をウランバートルの日本センターで行います
で、その選考で選ばれた人がスピーチコンテストに参加できます。

…って。

エルデネットからウランバートルまではバスで6時間。列車に至っては首都まで12時間もかかる夜行列車が1日1本だけ。

地方にも興味のある学生はいるんです
よねぇ…。でもねぇ、スピーチコンテストの申し込みをするためだけに往復12時間もかけて首都へ行き、そのあと選考のためにまた首都へ行き、それで選ばれればいいわいな。でもわざわざそこまでする学生などそうはいませんですよ。

というわけで1年目は断念したんですが、やはりこれは地方代表としてひとこと物申さねばと思い、言いましたよ。

地方の学生も参加しやすいようになりませんかねぇ…、って。

ウズベクでは学習者数に応じた「地方枠」っていうのがあって、その枠を争って地方予選をしてたし、フィリピンでは当時「テープ審査」っていうのがあって、機関ごとに出場希望者のスピーチを吹き込んだテープをマニラに送って審査してたし、今は地方予選をするようになってるみたいだし…。

みたいなことを言ったんですけどぉ…、改善されることを期待していた2年目。

「スピーチコンテストのご案内」すら送ってもらえなくなりました。

…あの、このブログはかつてモンゴルで日本語教育に携わっていた方も、そして今まさにモンゴルで日本語教育の最前線にいる方も見ておられると思います。

これ、なんとかなりませんかねぇ…。

できればこの2年、まだ私の教え子が現役のうちに、いや、もはやそんなことは言うまい。とにかく地方の学生にもスポットを当ててもらえるような方法とか、ないっすか?

…というわけで、そんな想いも胸に、今年のシリア日本語スピーチコンテストでは我がアレッポの学生たちがマイクロバス1台チャーターし、応援ツアーを組んでダマスカスに乗り込み、11人のイナカもんたちが首都を舞台に大暴れする予定です。たぶん。

そんなこんなで次回、スピーチコンテスト直前スペシャル第2弾、準備編をお楽しみに。
スポンサーサイト

テーマ:日本語教育/異文化コミュニケーション - ジャンル:学校・教育

出張報告書

休日には休むべき、などとこのブログに書いた次の週末はダマスカスでの用事が重なってしまったため出張
せっかくの休日が休日ではなくなってしまいました

アレッポからダマスカスまではバスで4時間半。それ以前にアレッポの自宅からガラージュ(長距離バスターミナル)までタクシーとかを使わず安く行こうと思ったら1時間ぐらいかかってしまうこともあり、なんだかんだでダマスカスへ行くのも半日かかってしまいます。

ダマスカスで過ごしたのは水曜日から土曜日までの3泊4日
その間、親方からの命令で健康診断を受けたり、A型B型肝炎の予防接種を受けたり、新人さんの歓迎会の幹事をしたり、報告会というヤツに出席したり、あとは11月に行われる日本語スピーチコンテストの打ち合わせなんかがあったりと、わりと忙しく過ごしました。

その合間を縫って日本人運動会に参加はせず見学だけしに行ったり、


おしゃれカフェでくつろいでみたりもしました。

ここいらへんがやっぱり首都、ダマスカスです。アレッポにはあまりない、静かで落ち着いた雰囲気のカフェもたくさんあります。

…が、ここでひと息ついたのもほんの一瞬で、コーヒー飲みながら教科書開いて授業準備などという野暮ったいことをしてしまいました。
なんでこんなに追い詰められてるんでしょう…。

でも、今回のダマスカス出張でのいちばんの成果は、

←こんな感じの糸を編みこんで作るストラップとかの作り方をセンパイから教えてもらったこと。
これを応用すれば、何かの折にプレゼント用の装飾品とかなんかいろいろ怨念のこもったものが作れそうです。

“できること”がまたひとつ増えました。

んでもって10月23日土曜日。

5時半に起床して朝イチでダマスカスを離れました。
なぜならその日の夕方にはアレッポに戻って授業ひとコマやらなければならんかったから

そんなわけで昼ごろアレッポに到着。
贅沢に外食などしてしまい、そのあと自宅へ帰るべく市バスに乗車。

私がいつも利用するバスは一律8シリアポンドなので、乗車時に10シリポン硬貨を運転手に渡せばバスのチケットとともに2シリポンのおつりが渡されます。

…なのでこの日もいつものように10シリポンを運転手のおっちゃんに渡すと、「乗車賃はいらんよヤバーニー。アハランワサハラン。」と言って運賃を受け取ろうとしない運転手。

そんなやりとりに「おおー、アレッポ帰ってきたぜぇー」なんて思いながらバスに揺られていると、やがてちょっと小ぎれい目のおっちゃんがバスに乗り込んできて、「今ちょっと細かいお金がないから…」みたいなことを言って運転手のおっちゃんにちいこいパン1コを手渡し。そしてそれを満面の笑みで受け取る運転手。

これこそわが街アレッポのあるべき姿

アレッポでの生活が始まって以来、かれこれ3ヶ月ほど経ちますが、3泊4日も家を空けたのは初めて
今回ほどアレッポの街に愛しさを感じた日がかつてあっただろうか…。いや、ない。

そんなこんなで帰宅すると、

庭で育てているキャベツ(の芯)がすっかりはらぺこあおむしの餌食になっていました。
でも、その奥で地味に成長していたサツマイモの葉さくらんぼの芽は立派に成長していました。

んでもって、帰宅して落ち着くヒマもなく大学へ行って授業。
なんか慌しい一日ではありましたが、授業したら落ち着きました

…だからなんだという感じの話になってしまいましたが、まあそんな感じです。

以上。

テーマ:シリア - ジャンル:海外情報

休日かくあるべき ~休日編~

…というわけで、前回の続きです。

10月15日(金)、休日
さわやかなる休日の朝、昨日買った柿の皮を剥き、干し柿実験のためにひもで吊るしたりする作業に没頭。
これが数週間後には立派な干し柿になってくれることを祈り、我が家の干し場に設置します。

その後はなんか部屋を片付けたりあれこれして、11時ごろ街へ繰り出し、昼メシにシャワルマが食べたかったのでお目当てのシャワルマ屋へ行ったものの…


…まだ開いてませんでした。

しかし…、

開店前の店先にこんな風に仕入れた食材置きっぱなしとか、つくづくシリアは平和ボケした国だと思ってしまいます。これでパンを盗むような輩がいないのは素晴らしい。人間悪いことをしてはいけないのです。アッラーはいつもみんなを見てますよ!

そいうわけで、テキトーなシャワルマ屋で昼メシ。


その後アレッポ城へ。

中には入らず、外から眺めてやりました。

…んで、スークに行ったらちょうど金曜お昼の礼拝の時間とかぶってしまい、ほとんどの店が閉店中。
真っ暗でちょっと足下も危ない感じだったけど、人気のない迷路のようなスークを歩き回ってみました。

でもやっぱりこれといって楽しいこともなかったので、その後は街をテキトーに歩き回り…


アレッポが世界に誇る石鹸屋通りを通過。一軒の石鹸屋に立ち寄り、アレッポ石鹸2つ購入。

その後、日本で言ったら渋谷か新宿か、まぁそんな感じのおしゃれタウン、アジジィーエへ行き…


仕事着として長袖のシャツを1枚購入。
服に関しては、そこいらへんに売っている安いものなんかをうかつに買ってしまうとファッションセンスを激しく疑われかねないということもあり、ちょっと高めのを買ってしまいました。
ちなみにこの店の店主はたぶん50歳ぐらいのおっちゃんなんですが、この日は赤いTシャツにジーンズといういでたちでシュッとした感じ。他のシリア人のおっさんにはないおしゃれさがあり、まさにシリアのちょい悪おやじといった風情です。

で、このあとジュダイデというところで鮮魚を買おうと思っていたんですが、ちょっと天気が悪くなってきてしまい帰ることに。


干し柿を軒下に避難させ、

夜はアレッポの日本人で集まり晩メシ。
…フランスの家庭における父親の役割を見習って日本の家庭におけるの父の役割を改善すべき、みたいな話に始まり、そっから空いてるグラスに即座に気づき、酒を注がなければいけないなんてぇのは日本の腐った風習だ、みたいな話に発展。その後もあれこれ話してたしか11時ごろ帰宅しました。

このところなんだかんだといろいろ用事があったり、天気が悪かったりでせっかくの休日もあまりぱっとせずに時間だけがいたずらに過ぎてしまうことが多かったんですが、なんか久しぶりに休日らしい休日をすごしました。

そんなこんなであれこれ語りましたが、やっぱり休日はみんな各自で思ったとおりにやりたいことをやって羽をのばしたらいいよ、というところに落ち着きました。

ちなみに今週は出張でダマスカスへ行くので、今週末は休日がない感じです。

テーマ:シリア - ジャンル:海外情報

休日かくあるべき ~週末編~

休日【名】(キュウ‐ジツ)

休日とは読んで字のごとく「休みの日」であり「休む日」のことです。なので、休日に人は休むべきであり、長い歴史の中で日本語を作り上げてきた先人たちも、「休日に人は休むものだ」という意味を込めて、休日に「休日」という名前をつけたことでしょう。
…ということは、もし「休日に休まない」などということをしてしまったら、その日はすでに休日ではなく、その休日は「休日」という名に恥ずべき、名前負けしてしまっている休日ということになります。
ていうか、それ以前にその日はすでに「休日ではない日」になってしまいます。

一方、「平日」というのもまた読んで字の如し「平凡、平常な日」、すなわち普通の日であります。だから、普通にいつもどおり仕事なんかをすればその日はもちろん平日だし、もし一般的に「平日」と呼ばれる日に休めばその日は「休日」なにるし、いやまてよ、平日に何もせず休んだら確かにその日は「休日」だけど、もしその日が平凡な一日であればそれすなわち「平日」になるんでしょうか。
…てことは、本来の「休日」と言われる日にしっかり休息をとり、かつこれといって平々凡々な一日をやり過ごせばそれは「休日」であると同時に「平日」でもある、ということになるんでしょうか。

つまり休日は平日に内包された存在であり、「休日」が「平日」になることもあれば「平日」が「休日」になることもあり得るということなのか?

じゃあ、それなら「祝日」「平日」たりえるのか、という話になると、「祝日」とはそのものずばり「祝いごとの日」であり、平日だろうと休日だろうと祝いごとがあればその日は「祝日」になるので、もし祝日に休みを取ったのにこれといったお祝いをせずに平凡な一日を過ごしたらその日は祝日?それとも平日?または休日

えーと……

右の写真は私の一週間のスケジュールなんですが、休日、すなわち授業がないお休みの日金曜日だけです。
ていうか、シリアをはじめとするイスラム国家では一般的な「休日」といわれる日は金曜日と土曜日です。

なので、実は授業の時間割を組んだときに、もし土曜日に授業を入れたらあわよくば「平日」が一日ぐらい「休日」にならないかなぁ、などとちゃんちゃら甘っちょろい考えがあったんですが、そんなにうまくことが運ぶわけもなく、こんな感じのスケジュールになってしまいました。

世界各地で活躍する日本語教師という種族の悪いところは、多くの人が休日であっても翌日の授業の準備やら試験とか宿題の採点などの仕事に追われてしまい、せっかくの休日を休まないところにあります。
また、我々のように公人の端くれとして海外に派遣されていると、つまんない報告書やら何やらの書類仕事もあり、それを「休日を使って書こう」なんて言う人もいて、それもやはり休日なのに休んでいないことになります。

休日に休日らしい過ごし方をしないのは実に愚かしく、嘆かわしいことです。

そんなわけで、こんなムチャなスケジュールを組んでしまってからというもの、私は可能な限り「平日」に仕事をやっつけてしまい、唯一の休日である金曜日は思いっきり全力で休んでやろうと最近ようやく気がつきました。

…というわけでこの週末、いつものように木曜日の授業が終わると私のもとへ質問を抱えてやってくる学生。しかしその学生を振り切っていつもより早い時間に帰宅してやりました。

なぜなら明日は「休日」であり、木曜日の授業が終わったこの時点で、私の週末が始まったのだから。

帰宅してすぐ着替えて外へ。
歩いて10分ほどのところにあるスークハルディーエのチキン屋でシャワルマを購入。

そんなに頻繁に行くわけではありませんが、いつのまにかこの店の連中から「ジャパン」と呼ばれるようになっていました。

その後、ハルディーエの近くにあって夜だけやってるという服のスークへ。

このスークは庶民的な雰囲気ではあるものの、ちょっとお値段設定が高め、との噂もちらほら聞いてはいたんですが、わりといろんなものが売られているのでなかなか楽しく過ごすことができます。
というわけで、ここで室内用スリッパ3足購入。あと、冬服なんかもここで買えるかどうかちょっと下見もしてみました。
安くて適度にダサい中国製の冬の服がすでにけっこう出回ってました。

…んで、そのあとスークの入り口で店番をしていたシリア人のくそガキを2-3発ぶん殴って国際交流してやりました。

んでその帰り、八百屋で勧められたカッチカチの未熟な柿を“干し柿実験用”として購入。


…これぞ週末。
夜の徘徊こそまさに休日前夜の理想的な過ごし方であります。

そしていよいよ迎えた休日……。

…こんなホントにどうでもいいとりとめのない日記がとっても長くなってしまったので次回に続く

テーマ:シリア - ジャンル:海外情報

なんでも干します、雨の日も

シリアはこのところ天気が不安定で、いかにも季節の変わり目、といった感じ。一日中しとしとと雨が降る寒い日もあれば、カラッとした秋晴れの日もあります。

以前紹介した干し野菜は、寒くても天気がいい日が続いてくれれば

トマトですらたった2日でカラカラに乾燥してしまうほどです。
トマトの香りも強くなり、料理に入れても“ザ・トマト”とでもいわんばかりにトマトの旨みが発揮されます。

…が、雨が降ったり曇ったりしてしまうと、干し野菜も作れなくなってしまうわけで、いろいろ調べていたらこんな方法もあるということを知りました。

その方法とは一体どんなものか、今回は干しマッシュを例に解説いたします。


スライスしたマッシュルームをキッチンペパーに載せ…


二つに折りたたんでホッチキスでとめたら、


冷蔵庫に入れるだけ。

最初の数日は野菜の水分でキッチンペーパーが湿ってしまうので、マメに紙交換をしなければなりませんが、やがて野菜たちも乾燥していき…


10日から2週間ほどでここまで乾燥してしまいます。
時間はかかるけど、ご家庭でできるお手軽なフリーズドライといったところでしょうか。


天日干しのマッシュルームと比較してもこの通り、まったく違いがありません。(左・冷蔵庫乾燥/右・天日干し)
水でもどしてもしっかりだしが出ます。

このフリーズドライマッシュをキャベツといっしょに炒め、醤油とマッシュだしのソースで絡めて和風パスタを作りました。

家で天日干しができないみんな、来るべき冬にそなえてなんでもいいから冷蔵庫で乾燥させてみてはいかがですか

テーマ:実用・役に立つ話 - ジャンル:趣味・実用

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。