シルクロードのバネ工場

ウズベキスタン、フィリピン、ベトナム、モンゴル、そしてシリアに渡った日本語教師のブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あれからも一年

きっかけはとある少年が書いた落書きだった、と言われています。(…が、今となってはそれすら本当だったのかどうかもわかりませんが)

昨年1月ごろから北アフリカ中東地域で民主化を訴えるデモや政府に対する抗議行動が激化。チュニジア、エジプト、リビアなどから世界中にその様子が伝えられ、その波はジワジワとシリアにも押し寄せていました。

しかし、シリアではネット上でデモなどが呼びかけられても実際に何も行われなかったり、やる前に発信した人が捕まってしまっていたり、やっても数十人程度がなんかゴチョゴチョと騒いでいるだけの規模の小さいものでした。

そんな中、シリア南部の街でひとりの少年が反体制的な言葉を壁に書いたところ、その少年は拘束され、その後の消息が不明に。それに対して家族らが抗議を起こし、その小さな動きが徐々に徐々に大きくなっていったのです。

そして2011年3月18日、「尊厳の金曜日」と謳われたこの日、当時それまでのシリアの歴史の中で最大規模のデモがシリア南部のダラアという街で発生し、死者を出す大惨事となりました。
その後それが次第に大きなうねりとなり、あちこちに拡散し、収束の気配すら見せないまま今に至り、ちょうど1年が過ぎました。

去年の3月18日、日記を読み返すと私が住んでいたアレッポはいつもと変わらない穏やかな金曜日で、私も午後から庭いじりをしながら「これからあったかくなったら何を植えてやろうかしらん」などと呑気なことを考えていました。

南の方ではそんな大きな騒動が勃発していたなど知る由もなく、翌19日は午後から授業なんかもあったので大学へ。するといつもはザルのように誰でも簡単に出入りできる門が封鎖されており、警備員に身分証を見せないと中に入れないような状態になっておりました。
結局その日、学生は大学内に入れてもらえなかったようで授業はキャンセルになってしまい、アレッポはそれでも特に大きな騒乱などはなく平和だったんですが、以降、そこかしこでなんかそういう物々しい雰囲気が平和な中にも漂うようになったのです。

…と、思い返すと去年の3月は日本で大きな震災があり、シリアで大きなデモがあったりしてなんかちょっとザワザワしてたんだな、なんてことを思ったりもするんですが、そんな日からちょうど一年が経った昨日、3月19日。


モルディブで国会再開に対するわりと大きな抗議行動があり、


私が勤める学校の正面にはMDP(モルディブ民主党=前大統領の政党)の事務所があるんですが、そこで警官隊とデモ隊が衝突。4~5時間ぐらいにらみ合いが続いていました。

そして催涙ガス発射!


生まれて初めて浴びました。
なんか目玉をギュゥ~~っとつかまれたような感じで、あれってホントに涙が出てくるんですね、催涙ガス。

ウチの学校、言語科のオフィスが通り沿いの2階にあり、わりといい位置でこの騒動を見ることができたんですよねー。そのおかげで午後はずっと学校のスタッフやら先生方が出たり入ったりして、デモはうるせぇしオフィスには人がいるわでまったく仕事ができなかったんです

しかしこうして身体を張って国に異議申し立てをする人もいるかたわら、それを観光気分で楽しそうに見物している人もいて、モルディブはなんだかんだいって平和なんだな、と、この騒乱を目の当たりにしてより一層思ってしまいました。


シリアにも早く以前のような平穏が訪れ、おっちゃんの作るシャワルマでも食べながら他愛もない話がまたできるようになることを切に祈ります。
スポンサーサイト

テーマ:シリア - ジャンル:海外情報

あれから一年

私が住むモルディブの首都、マレの南西側の岬には、こんなモニュメントがあります。



通称「津波モニュメント」
これ、10年以上も前に日本のODAの援助によってマレ本島の外周に日本のテトラポッドが設置されたのを記念して作られたもの。
そして2004年のインド洋大津波の際、このテトラポッドのおかげでマレの街は大きな被害を受けることもなく、島一帯が軽く水浸しになる程度の被害で済んだ、と言われています。

なので、私が日本人だとわかると、「あれのおかげでモルディブ人は日本人に感謝しているんだ」と言われたことが何回かあります。

そんなわけで3月11日

東日本大震災からちょうど1年となるこの日、在スリランカ日本大使館の大使以下層々たる面々がモルディブにやってきて、モルディブからの支援に感謝するレセプションが行われました。

揺れに揺れている渦中のモルディブ政府ですが、外務大臣をはじめとする要人も参列。

まあ、こういうのは形式的なものですから、両国の代表から挨拶があり、黙祷。その後はご歓談、という感じでこれといって書くこともないようなモンではありますが。

それにしても昨年の3月11日に東日本大震災が発生した直後、モルディブは驚異的なスピードで日本への哀悼と支援態勢を見せたといいます。

3月15日 ナシード大統領が閣僚とともに1分間の黙祷。その翌16日から3日間は国旗を半期にして掲揚するよう宣言。
3月18日 10時46分(日本時間14時46分)から約37時間のチャリティー番組を放送したところ、5000万円もの義援金が集まる。

さらにその後、4月にはモルディブの主要特産品であるツナ缶60万個を被災地に送ったという。
ここら辺に関しては藤原紀香嬢も詳しく述べています。



なんだか誇らしいよね。

そういえば去年の3月11日、もちろん私はまだシリアにいたんですが、あの日は一体何をしていたんだろう、と振り返ってみると…。

前日の3月10日に出張で首都のダマスカスに行っていて、11日は任地のアレッポに帰る日でした。
バスに乗る前にサンドイッチ屋で昼メシ食ってるときに連絡網で地震があったというのを知り、その後アレッポに帰る5時間弱のバスの中で学生や先生方から「先生のご家族は大丈夫ですか」みたいな連絡が何件も入ってたなぁ…。

で、帰宅してすぐテレビをつけたら津波が街を飲み込んでいく映像が映し出されていて、テレビの前から動けなくなったのを覚えています。

その後しばらくはシリア人からも「日本は大変だったな」とか声をかけられたり、大学の行き帰りでたまに寄っていたドゥッカーン(商店)で買い物すると、その店のおっちゃんから「日本は今大変だから、今日はタダでいいよ」と言われたり、そんなこともありました。

なんだか嬉しいよね。

…と、そんな3月11日のお話です。

テーマ:モルディブ - ジャンル:海外情報

出張中のできごと

なんかもうだいぶ時間が経ってしまい風化しつつあるような話ですが、出張中のお話とその後についてです。

私がマレを離れ、クルドゥフシ分校で日本語の授業をしていた2週間の間にモルディブ国内が大きく揺らぐほどの大惨事が起こりました。

その第一報が飛び込んできたのは2月7日
いつものように朝メシを食おうと宿泊先に併設されたカフェへ行くと、近所のおっちゃんらがぐちゃぁ~っと集まって入り口付近のテレビに釘付けになっていました。

2月7日 モルディブ警察が街頭で大規模な反政府デモを展開。これを受け、モハメドナシード大統領(当時)が大統領を辞任。ナシード氏の後任には副大統領のワヒードハッサン氏が大統領に就任。

…そういえば、年末ぐらいからなんか拡声器を積んだトラックとかが昼夜を問わずやいやい言ってたり、ちょっとした行進なんかが行われてたなぁ、なんて思いながらも、そのときは「反政府の声に潔くその座を降りた大統領、やっぱり漢(おとこ)だね」などとのんきなことを考えておりました。

しかし、テレビを見ると大勢の市民に軍や警察も入り混じり、ちょこちょこと火の手も上がったりしていてどうも物々しい雰囲気でどうやら負傷者や人死にまで出たらしく、マレでは学校も休みになったりしてなんかちょっと騒然としているみたい。

クルドゥフシの人々もなんとなーくザワついているようでしたが、これといって騒ぐようなこともせず、街はいつもとそれほど変わらない様子でした。
…と、そんなこんなでその日もいつもと変わらず朝から授業を行い、夕方、ブラブラと歩いていると、


なにやらお祭り騒ぎ。この度の政変を受けてのちょっとしたパフォーマンスらしい。


さらには国旗を持った集団がトラックに乗り込んだりバイクにまたがったりして島をぐるぐる廻ったり…。

朝の報道で見た騒然とした首都の様子国旗を掲げて街を練り歩く人々の姿を見て、シリアでの記憶がよみがえる…なんてことはまったくなく、なんか「みんな楽しそう」とさえ思っておりました。

しかし…。

2月8日 MDP(モルディブ民主党)およびナシード前大統領の支持者らがナシード氏の復任を求めて街頭で暴れまわり、火炎瓶を投げるなど暴力的行為を働いたほか、一部地方では警察署を制圧。ナシード氏の辞任はクーデターにより強いられたもので、銃を突きつけられ退陣を迫られた。

2月9日 ナシード氏の復任を求めるデモが続く中、ナシード前大統領に14の容疑で逮捕状が出された(罪状は不明)。


…とか、なんか事態がどんどん大きくなっていき、ほんの2ヶ月前にお会いしたあの大統領、そんじょそこらの普通の小柄なおっさんのような雰囲気を感じさせながら大物のオーラも持つあの大統領が、名実ともに普通の人に成り下がるどころか逮捕状が出されるって…などと軽いショックを受けると同時に、「ちょっとコレ、マレに戻っても大丈夫なの?」なんてことを思いつつ、


マレに戻ったら別にいつもと変わらないいたって普通の様子でした。

それでもその後、週末のたびにデモだとか集会だとか平和行進なんかが行われるから外出は控えるように、なんてことを言われたりして、でも外出してみると、政府系の建物の周囲あたりはちょっと道が封鎖されていたり、


MDP支持者のテントができていたり、ナシードTシャツを着た人が歩いていたり、そんな今まで見ることのなかった雰囲気になりつつあります。

去る3月1日、新大統領になって開かれる国会の初日だったんですが、議場占拠と座り込みにより国会は開かれず、終日自宅待機ということになっていたところをちょこっと買い物に出てみると、やはり軍の人がたくさん配備されていて物々しい雰囲気がなくはないような感じでした。


まあでもこうしてフラフラとほっつき歩いてもまったくなんにもないわけだし、実際それほど危険な雰囲気は感じはないので、シリアのように泥沼化するようなこともまずないでしょう。

テーマ:モルディブ - ジャンル:海外情報

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。