シルクロードのバネ工場

ウズベキスタン、フィリピン、ベトナム、モンゴル、そしてシリアに渡った日本語教師のブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歩いて帰ろう(最終章・燕京号編)

10日間にわたる帰国のためのモンゴル中国南下旅行ですが、天津を最後にいよいよ中国を離れるときが来ました。
…というわけで、天津駅からバスで1時間半ほどの塘沽(Tanggu)という場所にやってきました。

で、塘沽の中心部からさらにタクシーで10キロほど走って「天津新港」へ。そして…


あれこれ必要な手続きをすませ……

←船に乗ります。
この船、「燕京号(ヤンジンごう)」といい、中国の天津と日本の神戸を結ぶ定期客船です。今回の日本一時帰国はいかにして安く、楽しく帰るかということを考えた結果、日本には船で帰るという結論に至ったというわけです。この船で天津から神戸まで50時間、2泊3日の船の旅の始まりです。
しかし、意外と日本人の利用客が多かったことに驚きでした。ざっと見た感じでは、中国人5、日本人4、その他の国1、て感じです。

そんなわけで、船内へ。
私が泊まったのは二等船室の共同部屋で、狭い船室に16のベッドが並んでいる経済的な船室です。一番安いのは板の間に20人ぐらいがザコ寝、という部屋もあり、この部屋は下から2番目のランク。それでも、テレビもあるし、エアコンも効いていて快適です。
ちなみに、二等客室は99パーセント中国人でした。つまり日本人は私だけです。他の日本人の皆さんは一等だとか特一等というもっといい部屋にお泊りになっていました。

そんなわけで船内をウロウロしてみると…
フロントも日本語対応でしっかりしてるし、
洗濯もできるし、
日本の自販機もあります。

もちろん、立派な食堂も売店もあるし、バーもあれば麻雀ルームもあり、至れり尽くせりの燕京号。 しかし、一番のオドロキは……、

「浴室」です。
もっとみすぼらしい「個室のシャワー」を想像していたので、これには吃驚しました。ちゃぁんとした湯船もあり、サウナまであり、ちょっとしたイナカの銭湯並みです。

そんなわけで燕京号が出航したあとは、なんとなく船内の共同スペースで中国映画のDVDなんかをボサーっと見ていたんですが……

突然、避難訓練が始まりました!
客人も全員強制参加です。やはり「ほぼ確実に死ぬ空の事故」に比べ、海難事故は一人一人が意識的に動けば助かる可能性は高くなるってことで、みんな真剣に船員さんの言うことを聞いています。

さらに夜には……


「燕京之夜朕歓晩会」と題し、燕京号スタッフ主催の歓迎会が行われました。その内容は、


乗務員のお姐さん方が客前でひとりづつカラオケを披露する、というものだったんですが、ホントにお姐さん方のカラオケだけで終わってしまいました。でも、なんかユルい感じがなかなか楽しかったです。ちなみに観客は99パーセント中国人でした。(日本人は私だけです。)

と、そんな感じのまったりとした船旅は続き……… 

 

天津を出港した翌日の夜10時に船内時間が中国時間から日本時間に切り替わり、深夜には関門海峡を通過、そして3日目の朝10時頃に瀬戸大橋の下をくぐり、瀬戸内海の島々を横目に見ながら船は東を目指します。

そして…

神戸に到着!

そんなわけでなかなか楽しい船旅でした。時間がある方はこの燕京号、ぜひご利用してみてください。

コメント

避難訓練に、歓迎パーティーですか?
本当に楽しそうですね。

僕はキルギスに移住する時も、日本に永久?
帰国する時も、大阪⇔上海の蘇州号というの
に乗ったんですが、そんなのはありませんで
した。

それにしても、この時期二等に日本人がまっ
たくいないというのは意外ですね。
いわゆるバックパッカーはいなかったんです
か?

  • 2008/08/24(日) 19:25:15 |
  • URL |
  • すなしん #-
  • [ 編集]

そうでなんですよね。バックパッカーが一人もいなかったのは私も不思議に思っていました。

欧米人パッカー4人組がいましたが、一等船室だったし。

逆にオリンピック直前だったから、中国を出国する日本人もいない、ってのと、天津は安宿情報がほとんどないってのが要因なんだろうと勝手に納得してたんですけどね。
(情報が少ないってだけで、安宿はもちろんあるんですがね。)

でも、天津~神戸間の燕京号はおススメですよ。ぜひ一度ご利用ください。

  • 2008/08/29(金) 20:38:03 |
  • URL |
  • ひろ #-
  • [ 編集]

小生も9月初旬・中旬往復で利用。エコノミー症候群・心臓手術の後で横になれるのが魅力でした。細かい事は会社宛に所感を送りました。船室内外にも大勢の友人が国境を越えて出来ました。ただ備品類はそろそろ新品に一斉交換した方がいいでしょうね。ライバルも出来たことですから。

2泊3日のうちに乗客同士の連帯感、一体感が生まれるのが船旅のいいところですね。
たしかにガタがきている備品がだいぶ多いのは気になりますが、私個人としてはこれがいい「味」になっていると思います。

  • 2008/09/26(金) 19:22:36 |
  • URL |
  • ひろ #-
  • [ 編集]

成る程、成る程そういう考え方もありますね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://springfactory.blog101.fc2.com/tb.php/104-dc13ed1e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。