シルクロードのバネ工場

ウズベキスタン、フィリピン、ベトナム、モンゴル、そしてシリアに渡った日本語教師のブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

走って戻ろう

そんなわけで、モンゴルから中国へと南下したのち、天津から船に乗って日本にたどり着いたわけですが、いよいよ8月も終わりに近づき、モンゴルに戻る日が来ました。

…といっても、これまた東京からウランバートルまで飛行機でピュッと飛んでしまっては面白みというものがない。そこで、帰国時と同じように中国からモンゴルへと北上し、エルデネットに戻ることにしたんですが、9月1日には大学が始まってしまうのでのんびり旅をするわけにもいかず、急いで戻らなければいけません。

と、ゆーわけで、モンゴルから日本に一時帰国する際に「歩いて帰ろう」というテーマのもと、2週間かけて旅したルートですが、今度は「走って戻ろう」のテーマを掲げ、1週間以内に逆走するという旅程を組みました。
行程としては、時間がかかる船は使わず、北京まで飛行機を利用。そっからバスで二連へ行き、陸路で国境を越えてモンゴルに入り、列車でウランバートルへ。ウランバートルからバスでエルデネットまで行くというもの。これなら最短で4日あれば日本からエルデネットまで行ける計算になります。

しかし……日本からモンゴルへの逆走を始めたとたんにいきなりつまずいてしまいます。

8月25日、成田から北京行きの飛行機に乗るその日の朝、前夜のゲリラ豪雨の影響で東海道線が熱海~小田原間が運行されないという事態が発生。で、JRの人が言うには「東海道線でまっすぐ東京を目指すのは無理だけど、沼津駅で御殿場線というローカル線に乗り換えて、国府田まで行けば、そっから東海道線に合流できる」という。(右図参照)

が………

沼津で御殿場線に乗って御殿場駅に着いてみると、次の国府田行きは1時間後。恐るべし超ローカル線…。
しかし、ここで駅員さんを恨んでも何もなりません。ましてや途方に暮れて「ぶらり途中下車の旅」などしている場合ではありません。飛行機は離陸の時間を待ってはくれないので、一刻も早く成田に向かわなければいけません。

そんなわけで…


乗ったよ高速バス……想定外の出費しちまったよ……(御殿場~横浜1600円)

…で、無事、搭乗手続きが始まって1時間後ぐらいにようやく成田空港に到着。

こちらも雨の影響で飛行機の出発が1時間ほど遅れたものの、無事、オリンピック終了直後の北京に到着。
日本帰国前に立ち寄ったときはオリンピック一色だった北京の街ですが、今度はパラリンピック一色になっていました。

というわけで、この日は北京に一泊。

翌8月26日、夕方発の夜行バスに乗車し……


その翌朝、8月27日に中国とモンゴル国境の町、中国側の二連浩特に到着。


…んで、予定では二連に着いてすぐモンゴルに入るつもりだったんですが、バスの到着が早すぎたため、国境ゲートがまだ開いていない。ということで、7月にモンゴルから二連に入ったときに泊まった宿にあいさつに行くと……


「まぁまぁ、そんなに急ぐなよ」と引き止められてしまい、結局、二連に一泊しちゃいました。

…で、その翌日の8月28日、無事にモンゴル再入国。

その日のうちに夜行列車に乗り、8月29日の朝にウランバートル到着。ウランバートルではどこにも寄らず、駅からまっすぐバスターミナルへ行き、エルデネット行きのバスに乗車。

というわけで……


予定より1日多い4泊5日の旅を経て、1か月ぶりに我が街、エルデネットに戻ってきました。

そんなわけで、モンゴル2年目の始まりです。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://springfactory.blog101.fc2.com/tb.php/105-bba9bcec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。