シルクロードのバネ工場

ウズベキスタン、フィリピン、ベトナム、モンゴル、そしてシリアに渡った日本語教師のブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お金で買えないもの

気付けばかなり長いこと更新していませんでしたが、この3週間ぐらいはなかなかブログを書いてる時間もないほどバタバタと忙しい日々を送っていました。

というのも去る9月1日、わがモンゴル国立大学オルホン分校にて入学式が執り行われ、新入生を迎えての新年度が始まりました。(写真は入学式の様子です)
で、このたび晴れて入学した1年生、日本語学科の場合、通常は「英語」とか「モンゴル史」みたいな一般教養科目と「文法」「会話」「漢字」「音声学」といった日本語専門科目を履修しているんですが、このうち私の担当科目は「会話」と「音声学」の2科目。しかし、日本語の知識が何もない1年生が日本語学習を始めるにあたって、少なくともひらがなとカタカナを全部覚えてしまわなければ文法も漢字も教えられない。
というわけで、新学期が始まって2週間ほどは1年生の日本語科目の授業が行われるすべての時間に私が教室に入り、ただひたすらひらがなとカタカナを教え、それに加えて本来私が担当している2年生以上の授業もやっていたので、まさに授業マシーンと化してただひたすら授業をする日々が続いておりました。

そんなわけで、今期の私のスケジュールは1週間に12~13コマ。それがこの2週間は1年生の授業も全て見ていたので週に16コマ。90分授業を1週間に16コマは結構キツいです。朝イチ(8時半)から休みなく4コマ連続の日とかもありました。正直しんどかったです。

さらに、それと併せて昨年度の学年末試験で単位を落とした学生の再試験も重なり、しかもその再試験というのが通常の授業が終わった夕方から始まるので、ひどいときは8時半から休みなく教室に入り、授業が終わったら7時過ぎまで大学に残って試験、とか、大学が組んだ再試験の予定に従って日曜日も試験のために出勤、みたいな日々を送っていました。

が、この再試験というのが実は問題があり、単位を落とした学生全員が強制的に試験を受けるわけではなく、希望者が試験料を払って受けにきます。

…で、実際に試験をしてみると軒並み出来が悪い。

「こんなんでよくもまぁ金払って試験受けにくるよなー…」などと思っていたんですが、ここで再試験期間が始まる前に言われた言葉を思い出してはたと気付きました。

その言葉とは…「来週から再試験があるので準備しておいてください。学生は試験料を払って試験を受けるんですが、その試験料の中からいくらかは先生ももらうことができます。ホントに全然できない学生は不合格にしても大丈夫です。じゃ、よろしくお願いしますね。」

…ていう感じだったんですが、この再試験の試験料というのは1科目につき5000トゥグルク。個人的には「1科目だけの試験料にしては結構高いよな」と思える額。5000トゥグあれば食堂なんかで3回ぐらいメシ食えます。
で、その試験料が大学の会計に入り、そのうちのいくらかが教師の臨時収入となる。でもって、目も当てられないほどひどい結果を出した学生は不合格にしてもいい。……というわけで、早い話が「学生たちは形式的に試験を受けてはいるが、基本的には落とした単位を金で買っている」というわけです。

なんだかんだと成長しようと頑張っているモンゴルですが、田舎の片隅の国立大学ではいまだ悪しき慣習が残ってしまっています。こうして苦もなく単位を修得して社会に出て行く学生たちにはどんな未来が待っているのかな。(出資する親にとっては“苦”なのかもしれませんが…)

…と、そんな感じでバタバタしていたこの3週間ほどですが、なんとか新入生たちも私の手を離れ、仕事の方も落ち着き、しばらくはまた平穏な生活に戻ると思います。

コメント

単位はお金で買えるんですね

でも、「ホントに全然できない学生は不合格に
しても大丈夫です」と言ってもらえるだけ、いい
ような気もします。

キルギスで勤めてた大学では、ひらがなも
書けない奴が卒業していきましたよ。
しかも、末端の教師には圧力がかかるだけ
で、一文も入らない。
すべて学科長や学務課職員の懐に入って
ました。

  • 2008/09/24(水) 17:15:49 |
  • URL |
  • すなしん #-
  • [ 編集]

うーん、ひらがなできない奴が卒業してるのに比べればモンゴルはまだマシですねー。こっちは最低でも読み書きはできますからね。

ちなみに今回の試験、ホントにできない奴もいたんですが、全員合格にしてしまいました。親が大学に乗り込んで直訴するというのを見てしまったので…。

再試でもらった金は何に使おうかな。

  • 2008/09/26(金) 19:22:10 |
  • URL |
  • ひろ #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://springfactory.blog101.fc2.com/tb.php/106-b1b4e70d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。