シルクロードのバネ工場

ウズベキスタン、フィリピン、ベトナム、モンゴル、そしてシリアに渡った日本語教師のブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

すきまテープ2008

さあみなさん、今年もこの季節がやってまいりました!

「すきまテープ」

10月も終わりに差し掛かり、早朝の気温も寒い日はマイナス10度ぐらいになることも多くなってきました。そんなわけで、アパートの窓から吹き込むすきま風を早めにブロックしておかなければいけません。

…しかし、長くこのブログを読んでおられる方々はお気づきのことだろうと思います。
「あれ?去年もすきま修繕したんじゃなかったっけ?すきまテープって、わずか1年ほどで朽ち果てるようなヤワなモンなの?」と。

…しかししかし、さらにこのブログをよく読んでくださっている方々は、今年もすきま修繕をしなければならない理由にお気づきのことだろうと思います。

その理由とは、今年4月中旬、そろそろ春になろうかという時期に、アパートの大家の都合で引っ越しを余儀なくされてしまったため、それに伴って冬支度もまた改めてしなければならないというわけです。
しかも、春から住み始めているこの部屋がかなりガタが来ていて、夜ごと強烈なすきま風が吹きすさび、それに加えて今年は去年より寒くなるのも若干早いような感じで、9月末ごろから室内で冷たい風を感じることが多くあり、とっととすきま風対策をしてのんびり冬を待とうという算段です。

そんなわけで、今週、エルデネットに大雪をもたらした寒波も去って、穏やかな気候で迎えたこの週末、すきま大修繕の決行と相成りました。

2枚張りの内窓を開け、夏の間に吹き込んでいたと思われる大量の砂ぼこりを落とし、窓枠をきれいに水拭き。それが乾くのを待つ間に他の部屋の内窓を開け……というのを繰り返し、最後に窓枠にすきまテープを貼付けて……、そんでもって、すきまテープのおかげで閉まりにくくなった窓をグイグイ押して施錠封印。
2時間近くかかり、見事、すきま風はまったくなくなったとは言えないまでも、これなら冬を乗り切れるだろうというぐらいにはなりました。


窓際の植物たちもあったかく気持ち良さそうです。

テーマ:モンゴル - ジャンル:海外情報

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://springfactory.blog101.fc2.com/tb.php/112-45788e30
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。