シルクロードのバネ工場

ウズベキスタン、フィリピン、ベトナム、モンゴル、そしてシリアに渡った日本語教師のブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たまごとにく・後編

お待たせしました。

先週末あたりは仕事の方が忙しくてなかなか新ネタを書くことができませんでしたが、前回、中途半端なところで終わってしまった卵と肉の話の続きです。

給料が倍になってなんとか人並みの生活ができ、金持ち日本人の面目躍如(?)できるようになったわたくし。
極貧生活をしていた昨年度、ただでさえモンゴルで手に入る食材は少ないというのに、その中で買える食材も限られていたので、自分ちで料理するときなんかもキャベツとタマネギとジャガイモがおかずのメインでした。でも、そのおかげで限られた食材で工夫する腕はメキメキ上がっていろいろ作れるようにはなったんですが、さすがにそれも1年続ければ飽きてきてしまいます。(小麦価格高騰の波紋・その後(08年5月29日更新)参照)

で、そんな中で登場する“たまご”ですが、「卵ひとつでここまで味に深みが出るモンなのか」と、まるで人類史上初めて卵を食べ始めた人のような感動を覚えてしまいました。

さらに“にく”については、どかっと肉のかたまりを市場で購入します。たいてい1回で500グラムぐらい、それでもやはり鳥やら牛なんかの高い肉は買えないので、たいてい一番安い馬肉か手頃な羊肉を購入。


で、買った肉は握りこぶしの半分ぐらいの大きさに小分けして冷凍保存。さらに脂身も別にして冷凍保存して、必要なときに必要なものを必要な分だけ解凍して使えるようにしておきます。

…でもね、これまで1年も「肉なし生活」を続けていたので、実際に肉を買ってもなかなか使わないんですよねー。500グラムの肉のかたまりを買っても、気が付いたら全然使わないまま1か月ぐらい冷凍庫で眠ったままになったりしてます。そんなわけで「肉を買えるようになった」とは言っても、実際、9月からいままでの間に肉を買ったのって、2回だけなんですよねー。

でもでも、肉と卵が買えるようになったことで
揚げものなんかも作れるようになりました。
ただし、ここで使っている「パン粉」は、食パンを切ったときに落ちた「パンくず」を何か月もせっせとかき集めた「貧乏パン粉」なんですけどね…。

さらに…
卵や肉に限らず、市場に行って気になるモノを見つけたとき、去年までは「値段だけ聞いて結局買わない」というパターンがほとんどだったんですが、最近は「躊躇しながらも買える」ぐらいになりました。

そんな中、先日も市場でこんなものを見つけてしまい、思わず買ってしまいました。

でっかいシシトウか、はたまためちゃくちゃでっかい唐辛子か、それとも単に細長いピーマンなのか…。

とりあえず青椒肉絲を作ってみました。

さらにさらに、
ご覧の通りのショウガとセロリです。

調子に乗ってたくさん買いすぎてしまったので、ショウガを甘酢漬け(ガリ)にして、セロリをピクルスにしてみました。これがあればご飯何杯でもいけます。

そして先日、遂にこんなのも買っちゃいました。

思わず記念写真を撮ってしまいたくなるほどの一品。最近、エルデネットでも売られるようになった「キッコーマン醤油」です。でもこれはホントに高いので、1週間ぐらい買うか買わないか考えた末、思い切って購入しました。おそらくモンゴルに来て一番贅沢な買い物です。これ一本4500トゥグルク(450円)ぐらいします。たぶんこれを使い切ったあと、このボトルの中にはいつも使っている安い中国醤油が入ることになると思われます。

そんなわけで、去年とは比べ物にならないほど冷蔵庫の中も充実し、ようやく日本人として文化的な食生活が送れるようになっています。



たいしたオチもないどうでもいい話を長々とお読みくださってありがとうございました。

あ、ついでに、ワールドバザール21の「各国いまどき報告」にも新しい記事が更新されているので、時間があったら読んでみてください。
時期的に面白いネタもなかったので、夏に中国へ行ったときの話です。
http://www.e384.com/imadoki/37mongolia/index.html

…おしまい。

テーマ:モンゴル - ジャンル:海外情報

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://springfactory.blog101.fc2.com/tb.php/117-2830fbdf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。