シルクロードのバネ工場

ウズベキスタン、フィリピン、ベトナム、モンゴル、そしてシリアに渡った日本語教師のブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そして2008年が終わる

そんなわけで、2008年も余すところ僅かとなってまいりましたが皆様いかがお過ごしでしょうか。

「覚悟と恐怖の忘年会2デイズ」もつつがなく終了し、エルデネットの街もいよいよ年末という雰囲気になってまいりました。(忘年会の模様は年明けにでも書きます。長くなると思うので)
というわけで、街では例年通り、県庁および文化センター前の広場は新年の飾り付けが施されます。

先週末あたりからツリーの設置が始まり、
週明けにはツリーの装飾も終了。
ツリー根元でサンタの雪像作りも始まりました。

さらに…
恒例の氷像作りも始まりました。
12月30日現在、まだ作業は続いておりますが、今年はどんな氷像が造られるか楽しみです。

今年はこのツリーと氷像に加え、下の写真のような特大すべり台もお目見えし、朝から晩まで子供たちでにぎわっております。

しかしこのすべり台、子供たちというのはどの国に行っても常に新たな遊びを開発するのが得意なモンで、すべり台が設置された翌日、

ただすべるだけというのに飽きた子供たち、ちょうどすべり終わった辺りに雪のかたまりをドサッと置いて、雪に突っ込むという遊びが流行り出しました。さらにその翌日には…

雪のかたまりが踏み固められて氷となり、超小型簡易スケートリンク付きすべり台になっていました。

そして、市場前はこちらも年末の風物詩、ケーキ売り場と花火売り場が設けられ、昨日あたりから人でごった返し始めました。


服飾市場もこんな感じ。


さらには野菜売り場のおばちゃんも、年末コスでお客さまのご機嫌を伺います。

私も12月30日が仕事納めで、そのあとささやかながら年末年始の準備をしました。
…といっても、今年は3年ぶりぐらいの1人で年越し。年末のあいさつに行くこともなければ年が明けてだれかの家に年始回りをすることもないし、だれかが年始回りのあいさつに来るわけでもないので、年末年始の準備と言っても具体的には元日に店が閉まって食べ物が買えず、ヒモジイ思いをしないための準備をしなければならないというわけです。

そんなわけで、小さいながらもロシア人の利用が多く品数も豊富なエルデネットの築地と、そこに併設されてるスーパーへ。
…肉はひと月ぐらい前に買った豚肉がまだ冷凍庫にあるから買わなくていいし、野菜がもうないからキャベツとタマネギを買って…、キムチも買って…、ついでにどういうわけか数日前からラオスのDaoコーヒーが売られ始めたからそれも買って…、2009年のカレンダーも買って………、ていう感じであらかた必要な物を買いそろえたあと、やはり正月ということで、ついに買っちゃいました。モンゴル生活始まって1年数ヶ月、ついにコイツに手を出してしまいました。

←「魚」
モンゴルですからもちろん淡水魚です。実はこの市場、やはりロシア人の利用も多いということで魚が出回ることが多く、「イトウ」ていうヤツとか「ナマズ」みたいなのとか「鯉」みたいなウロコがついたヤツとか色々あるんですが、私が今回購入したのは身体の色から見て「マス」の仲間ではないかと思われます。
魚を食べないモンゴル人にとっては「ザガス(魚)はザガス以上でもザガス以下でもなく、ザガスはザガスでしかない」んですがねぇ…。
そんなわけで、元日の晩にでもどうにか調理して魚料理を食べようと思います。

そんなこんなで街を徘徊するだけでも楽しい年末。街をウロウロしていると、雑貨市場に一台の四駆車がやってきました。…で、見るとこの車の前に……


なんと捕獲されたてのオオカミが!
…初めて見たよ、ナマオオカミ。年の瀬になんか得した気分になってしまいました。


そんなわけでよいお年を!

テーマ:モンゴル - ジャンル:海外情報

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://springfactory.blog101.fc2.com/tb.php/124-27b3f7cc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。