シルクロードのバネ工場

ウズベキスタン、フィリピン、ベトナム、モンゴル、そしてシリアに渡った日本語教師のブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

変わりゆくエルデネットの町並み

日本の皆さんにはどうでもいい話かと思いますが、緊急速報です

この週末、エルデネットの街に新しいショッピングセンターがオープンしました。


このショッピングセンター、私がモンゴルに来る以前から工事が続いていたので、少なくとも1年半ぐらい前からちんたらちんたら工事をしていたんですが、年末あたりから突然、何かに取り憑かれたかのように急ピッチで工事が進められ、年明けごろにはバリケードも外され、街の人々もオープンを心待ちにしていました。

……というわけで、

入り口には「WELCOME」の文字。
「歓迎」などという言葉、モンゴル人の商魂とはまったくもって無縁のものだと思っていたんですが……。


中に入るとこの通り、こぎれいでおしゃれな感じの売り場が並んでいます。
この建物、4階建てなんですが、1階は上の写真のような感じの生活雑貨や化粧品、装飾品などの売り場。


そして2階と3階は衣料品。……で、4階はまだ真っ暗で入ることができませんでした。

さらに…

地下食料品売り場もあります。エルデネット初の「デパ地下」、遂に誕生です!
野菜や果物、肉、卵、そして調味料やスナック、ドリンク類など、数はまだまだ少ないですが、それなりの品揃えです。

…が、実はこのショッピングセンター、店内の7割ほどはまだ空き店舗となっており、


店内のほとんどがこんな風景です。

いずれにしても、このエルデネットの街に新しい風が吹き込んで来ています。

私が帰国するまでの間に、このショッピングセンターも大盛況になっているんでしょうか……。

テーマ:モンゴル - ジャンル:海外情報

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://springfactory.blog101.fc2.com/tb.php/129-d126da5f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。