シルクロードのバネ工場

ウズベキスタン、フィリピン、ベトナム、モンゴル、そしてシリアに渡った日本語教師のブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

では続いてです(序論)

たまには日本語教師のブログらしく、「気になる日本語」についての話をしたいと思います。

近年、「言葉の乱れ」というのが盛んに取りざたされています。
…が、その中には「うん、これは正に乱れている言葉だよな」と思えるものもあれば、「それはホントに「乱れ」として十把一絡げにしてしまっていいモノなのか?」と思えるようなものもあります。

たとえば一般に「ら抜き言葉」と言われるヤツ。
一段動詞を可能動詞に活用したときに発生する現象で、「食べられる→食べれる」とか「寝られる→寝れる」といった類いのものなんですが、これを「間違った日本語だ!」と目くじら立てるお年寄りが多数おられます。

でもね、あくまで私の個人的な意見なんですが、これって単純に「言葉の変遷の中にある状態」なんじゃないかと思うわけです。なぜかっつうと、例外なく全ての一段動詞が規則的に変化しているし、それに、「受け身動詞や尊敬語との混同を避けられる」という利点もあるし。

そんなわけで、現代日本語における一段動詞の可能形は「語幹+られる」だとされていますが、たぶん100年後あたりには「語幹+れる」に統一されてるという可能性もあるだろうし、そう遠くない将来には「広辞苑」なんかにもしっかり…


寝れる【動下一】△動詞「寝る」の可能動詞(例)となりの部屋がうるさくて、昨夜は寝れませんでした。


…とかって書かれたりしてるかもしれません。
でも、言葉というのは太古の昔からこうして徐々に徐々に変化を続けてきて、それで現代の日本語が形成されているわけで、この「変化」を頭から「間違い」と決めつけて無駄に腹を立ててる連中をみると、

「変化」と「間違い」を一緒にすんなやー!なんでもかんでも間違いだって言うんなら、お前ら全員大和時代の日本語でも喋ってろ!と言ってやりたい。

……などと言いつつ、一方で「ちょっと違和感のある表現」というのが多いのも事実。
うちの街でも見られるNHKの国際放送なんかを見ていると、たまにイラッとする表現が飛び出したりするんですが、例えば、日本時間で夜の9時から放送されている「ニュースウォッチ9」なんかを見ていると、司会の青山祐子アナウンサーがときどき「次のニュース」を読むときに…

…では、続いてです。

…と言ってニュースを読みはじめるときがあって、個人的にこの「続いてです」に前々からなんか違和感を感じてしまっています。

…えと、気持ちはわかります。気持ちはよくわかるし意味ももちろんわかるので、コミュニケーションツールとしての言葉の役割は十分果たしているんですが…、

続いてです………て、

本来、接続詞的に使われている表現である「続いて」に「です」をつけて完結してしまっているのがなんかコソバユイ。そして、一度気になり出すと、聞く度にイィイ~~~ッッ!!!…てなるんですよねー。

で、私が数年前に一瞬だけ勤めていた埼玉の日本語学校の教務主任が「言葉の問題で気になることがあるときはNHKにメールで問い合わせることができるんですよ」なんてことを言っていたのを思い出し、この度、思い切ってNHKに問い合わせのメールを出してみました。またちょうどヒマな時期でもあったので。

そんなわけで、私からNHKに送ったメールはだいたいこんな感じ。


ニュースウォッチ9の中で、青山アナウンサーがときどき「続いてです」と言ったあとにニュースを読み始めることがあるんですが、個人的にこの「続いてです」に違和感を感じています。
言葉の問題なので正しい正しくないという極論的な問題として頭から「間違っている」とは決めつけられないと思いますが、NHKのアナウンサーがこの表現を使い続けているということは、NHKとしては「続いてです」という表現自体に問題はないと判断していることと思います。
そこで、「続いてです」という表現についてNHKではどのような見解(日本語における品詞分類や、問題のない表現として判断している理由など)をお持ちでしょうか。


…んでもって後日、NHKから送られた回答のメールはこんな感じでした。


「続いてです」という表現が何故生まれるのか考えると、二つの理由が考えられます。
一つは「続いてのニュースです」の中を省略した形。
もう一つは「続いて」という接続語に、丁寧な気分のときに、つい「です」を付ける場合が考えられます。
一つ目の省略なら、名詞や連体形に付くべきですから、「続いてのです」なら文法的に正しく「続いてです」は相応しくありません。
二つ目の接続語を丁寧に言う場合なら、「続いて」だけで何ら問題はありません。
アナウンサーの口癖として「しかしです(ね)」「したがってです(ね)」「ただしです(よ)」などと使ってしまうことがあり、これはなるべくすっきりするように指導をしております。
多分、相場様が指摘された違和感は、「続いて」だけでいいのに、やたらに「です」を付けることが気になっているのではないかと思われます。


…このNHKの回答メール、ツッコミどころがいくつかあるんですが、NHKではこのメールに対する返信は受け付けていないそうなので、NHKの方々に読んでいただけることを願ってこの場で検証していくことにします。…が、けっこう長くなってしまいそうなので、この続きは「不定期連載」ということにします。
というわけで、また気が向いたときに興味がある人だけに向けて続きを書こうと思います。


つづく

テーマ:海外で日本語 - ジャンル:学校・教育

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://springfactory.blog101.fc2.com/tb.php/132-059df64b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。