シルクロードのバネ工場

ウズベキスタン、フィリピン、ベトナム、モンゴル、そしてシリアに渡った日本語教師のブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

教師の日 2009 ~宴~

ネタが風化しないうちに前回の続き、「教師の日」の話を終わらせてしまいます。

エルデネットからバスに揺られること1時間半。セレンゲ県の山荘に到着してすぐにパーティーが始まったんですが、ここまでの道中、すでにバスの中で酒盛りが始まっていたということもあり、半分以上の人はほろ酔いもしくは泥酔という状況でのパーティーでした。

そんなわけで、


ケンカあり、友情あり、…そして反省あり

あとは新年会のときと同じようにディスコ大会が始まって、夜中1時ごろまでみんなで踊りまくるというお決まりのパターン。

さすがに2年目ともなれば酒を回避するというワザも身についたので、周りの状況なんかも冷静に見ることができたんですが、よく見るとあちこちでセクハラが横行。酒のチカラを借りないと“女子に触ることもできない”モンゴル人男の浅ましさというか浅はかさというか、そんなものがそこかしこに見えてしまい、なんか周りが盛り上がれば盛り上がるほどシラケてしまう、という感じではありましたが、そんな周りの状況を見ながらマイペースにメシ食ったり踊ったりしながらなんだかんだと楽しんで初日は終了。

で、各自部屋に戻って床に着き、翌日。

去年はホントに何もせず、部屋に運ばれてくる酒をただ飲み続けるだけという不毛な半日だったので、この2日目は気が重かったんですが、そんな去年の状況を反省したからかどうかはわかりませんが、今年は近くの公園でゲーム大会のようなことをしたり、記念写真を撮ったり、昼食どきなんかは学部別にちょっとした「すべらない話」の発表会なんかもあってなかなか趣向を凝らしていました。

そして最後には

山荘からバスで10分ほどのところにある川へ。


川と言っても、もちろん凍結しています。

夏場は水量も多く川幅も広い濁流で、とてもじゃないけど中に入ることなどできないような川だそうですが、この時期は大人数十人が余裕で飛んだり跳ねたりできるほどの凍結ぶり。さすがにこれだけの川が完全に凍結しているというのは圧巻です。
1メートルはあろうかという氷に穴をあけて、川の水量調査なんかをしている地元のおっさん連中なんかもいたりして、これはけっこう楽しかった。
…でも、他の先生方は前日の出発以前、大学でまだ授業をしている時間から酒を飲み続けているので、かなりの割合でへべれけになっていて、氷の上で酔いが冷めることもなく、ミニゲームを口実にセクハラに余念がありません
情けないことこの上ない、ていう感じです。


我々シラフチームは、そんな様子を眺めながら軽く嘲笑して過ごします。

で、最後に山荘に戻ってみんなで肉を食って終了。
バスに乗ってエルデネットに戻りました。今回は一番の危惧であった「酒」と「逆セクハラ」を予想以上に回避できたのでけっこう楽しく過ごすことができました。

それにしても今回のこの催しで改めて気付いたんですが、


………いつかそのうち気が向いたときに感想とか思ったことを書きます。


ついでに、ワールドバザールの「各国今どき報告」に今月の記事が掲載されました。時間があるときにでも読んでみてください。
http://www.e384.com/imadoki/37mongolia/index.html

テーマ:モンゴル - ジャンル:海外情報

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://springfactory.blog101.fc2.com/tb.php/134-fa85125f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。