シルクロードのバネ工場

ウズベキスタン、フィリピン、ベトナム、モンゴル、そしてシリアに渡った日本語教師のブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

変わってゆくのかな

さてみなさん、3月もそろそろ終わりです。
モンゴルにもようやく春が訪れようとしていて、着る物の枚数も徐々に少なく、そして薄くなってきています。

…とはいえ、朝晩の気温はまだマイナスだし、日中も5度前後ぐらい。去年の今ごろは雪も融けていたんですが、今年は雪が融けたかと思うとドカ雪が降ってまた積もり、積もっては融け、融けては積もりを繰り返しているので、草原にはまだ雪が残っています。

といっても、雪なんかは5月の末ごろまで降るときは降るんですが、モンゴルの冬を二度も経験してしまうと、これでも充分「春の陽気だ」と思えてしまうから人間の適応力ってすごいなー、と思います。
普段の通勤路、真冬は7時半の出勤時に真っ暗だったのが、今ではすっかり朝の光を浴びながら歩けるし、真冬に30分以上かかっていた通勤も、今は雪を踏みしめて歩かなくなった分、足取りも早くなって、25分ぐらいで大学に到着してしまいます。

あとは5月の頭ごろに「初雨」が降れば、茶色い枯れ野原も一気に緑が芽吹き、青々とした草原になり、花の季節がやってきます。

…と、そんな季節の変化に伴い、私の身辺もにわかに変わり始めています。

つい一週間ほど前、同じエルデネットの街に住んでいたJICAシニアボランティアの方がエルデネットを離れ、今月末の帰国に向けてウランバートルへ。
エルデ引き上げの日、食器やら余りものの食材やらいろいろいただいてしまい、冷蔵庫もすっかりおなかいっぱい。私がモンゴルにいる残り3か月の間はもう調味料は買わなくていいんじゃないかというほどの量です。

しかし、モンゴル第三の都市でありながら日本人の少ないエルデネットの街からまたひとり日本人が減り、これでエルデネットの日本人は私も含めて3人になってしまいました。

さらに職場では……

大教室に集まる人々→
これ、来るべき9月の新学期スタートと共に、わが外国語学部に「韓国語学科」が新設されるということで、先週の金曜日、KOICAをはじめとする韓国系の団体の面々がやってきて“調印式”みたいなことが行われたときの様子です。


日本語学科の学生も「馬踊り」を披露。


そして取材に応じる学長。


その後は外国語学部の学部室にもやって来てごあいさつ。

私がモンゴルを離れたあと、この大学だけでなく、街も人も、色々なものがこうして変わってゆくのかな、なんだか楽しくなりそうだな、と思ってしまいます。

そんなある日…


このブログの準レギュラー、おなじみホーショールおじさんにも変化が……

いつものように昼ごろホーショールを売りにくるホーショールおじさん。最近はなにやらノート持参でやってくるようになりました。

いつのまにか大学職員のほとんどがホーショールおじさんの虜になってしまい、みんなほぼ毎日、昼メシはホーショールおじさんから買っているんですが、こうなってくると先生方も毎日毎日ホーショールおじさんに小銭を払うのが面倒だということで、日々の支払いをツケにして、ひと月分をまとめて払うというシステムが誕生。そのツケをノートに書き留めるホーショールおじさん。
そして帰宅後は夜な夜なノートに定規を当て、「ツケ帳」に線を引いてマス目を作っているホーショールおじさんを改めて感心してしまいます。商売人のカガミです。

ついでに我が家では…

前述のJICAシニアボランティアの方から譲り受けたコーヒーメーカーに異変が…。
もともと、もらう前からコーヒーサーバー(ドリップされたコーヒーが溜まるガラス製の器)にヒビが入っていて、それを承知の上で譲り受けたんですが、もらった二日後にヒビが拡大。コーヒーが漏れるようになってしまいました。

………が、


偶然にもちょうどいいサイズの巨大マグカップというかスープボウルみたいなのを市場で発見!


そんなこんなでもうすぐ春です。

テーマ:モンゴル - ジャンル:海外情報

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://springfactory.blog101.fc2.com/tb.php/142-f7731ad3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。