シルクロードのバネ工場

ウズベキスタン、フィリピン、ベトナム、モンゴル、そしてシリアに渡った日本語教師のブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本語週間が終わった

前回の続きです。

日本語学科の学生と教師陣で企画した手作りの日本語イベント、日本語週間が始まり、コンサート、Q&A大会、日本語劇と3日間のプログラムを消化。

不安な立ち上がりから徐々に盛り上がりを見せ、そして4日目は「日本語ゲーム大会」
「古今東西」や「漢字パズル」、「作文ゲーム」など、日ごろの日本語学習の成果をいかんなく発揮できるようにと我々日本語教師人が頭をひねって考え出したゲームで学生たちのご機嫌を伺ってみました。
やはりモンゴル人というのはこの手の「ゲーム大会」になると俄然熱くなります
声援、罵倒、様々な声が会場を飛び交い、みんながようやくひとつになりました。


そして迎えた5日目、最終日は学生たちの手作り和食によるパーティー

…が、よく考えずともおわかりいただけると思いますが、モンゴルの片田舎で生活している学生たちがこれまで20年ほどの人生において日本料理など口にしたことはほとんどないわけです。ちゅーことは、学生たちにとって日本食などというものは未知なる食べ物だし、それ以前に和食が作れるような食材はこの街にはまったく売られていません。

そんな学生たちが一体どうやって日本料理を作れるというのか…。

…そこで頼りになるのは日本人である私や、日本へ行ったことのあるモンゴル人の先生による情報。それと、学校にある日本のクッキングブックぐらいしかありません。

そんな学生たちが作った日本料理は一体どんなふうに仕上がるのだろうか…。
面白そうだったので、私は口も手も一切出さないことにしてみました。

とゆーわけでパーティー開始。


目も当てられないような惨状を想像していましたが、わりとまともです。


まあ、この辺のおにぎりとかのり巻きなんかは「去年の教訓」が生かされているんでしょう。


これが日本料理かどうかはさておき、盛り付けにも工夫が凝らされています。
かわいい。

しかし………

学生たちよ、これはネコまんまといって、パーティーに出すような料理ではないのだよ…。

さらに………
←戦慄が走りました。
うつわのヘリに生のサラミを貼り付け、その中に生卵を落としただけのものが登場。
……学生たちよ、日本人は何でもかんでも生で食べるとでも思っているのかい?

そして………
←これは何?
学生たちに聞くと、これは「Япон салат(ヤポン(日本)サラダ)」とのこと。
わたくし、30年以上も日本人として生きてきましたが、初めて見ました、日本サラダ…。
ご飯にケチャップがかかっています。

これ、学生たちに作り方を聞いてみました。

1.野菜をサッと湯通ししたあと、何やら甘いソースをからめてサラダを作ります。
2.大きめの平べったい器にサラダを敷き、その上にご飯をのせて押し固めます。
3.ご飯の上にケチャップをかけて出来上がり。

というわけで、恐る恐る食べてみると………


……ヤポンサラダ、めちゃくちゃうめーーー!!びっくりしたー!

意外にも今回のパーティー料理の中で一番おいしかったです。
…ていうか、私の味覚そのものがモンゴル人になってしまっただけなのでしょうか。……まあいいか。

そんなこんなで、宴もたけなわのうちに今年も日本語週間が終了。
今年は日本人ゲストもなかったし、目玉企画のようなものもなく、しかもグダグダの滑り出しでどうなってしまうのか不安ではありましたが、終わりよければすべてよしというわけで、それなりに学生たちも楽しんでくれた5日間でございました

テーマ:モンゴル - ジャンル:海外情報

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://springfactory.blog101.fc2.com/tb.php/145-320c574c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。