シルクロードのバネ工場

ウズベキスタン、フィリピン、ベトナム、モンゴル、そしてシリアに渡った日本語教師のブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お久しぶりです。
なんだかんだで気づけば10日ぐらい更新していませんでしたが…

先週の火曜日、大学の方では卒業式もつつがなく終了し、4年生たちが無事に巣立っていきました。
で、それと同時に私のモンゴルでの仕事もこれでほぼ終了。大学まで行っていろいろしなきゃいかんような仕事はもうなくなり、今は新年度への引き継ぎ資料のまとめやら帰国準備やらをのんびりしています。

そんな中、同僚のモンゴル人の先生が「もうこれで最後なんで、男の先生だけでどっか行きましょう」とエルデネットから30キロほど離れたところにある「滝」に連れて行ってくれました。

というわけで昼ちょっと前ごろにエルデネットを出発。

わずか30キロという短い距離でも、そこへ行くまでの間も所々で車を止め…、

その都度トランクからパンとか缶詰とかを取り出して本気の休憩をはさみます。

やがて道を外れて草原に入り、

途中途中で遊牧民に道を聞きながら走っていると…


こんな感じでちいこい看板がぽつんと立てられていて…

「渓谷」

そして…

「滝」です。

この写真だけ見るとけっこう立派な滝のようにも見えますが、高低差2メートルぐらいの小さい滝です。

「滝」というからもっとスケールの大きいのを想像していたんですが、それでもちゃんと目印の看板があったり、我々のようにこうしてくつろぎに来る人がいるんだから、名所といえば名所なんでしょう。

この辺に住む遊牧民にとっても貴重な水源だろうし。

というわけで、モンゴルで「水辺」といえば、当然ここで出てくるのは…

「肉」

川辺でビールを飲みながら肉を食い、まったりと過ごしつつも、小一時間ほどで肉が終わったらあっさりと帰宅。

まぁ何にしても、帰国が迫ったこの時期に、こうしていろんな人がいろんな所に連れて行ってくれるというのはうれしいモンです。

テーマ:モンゴル - ジャンル:海外情報

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://springfactory.blog101.fc2.com/tb.php/153-45ea0868
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。