シルクロードのバネ工場

ウズベキスタン、フィリピン、ベトナム、モンゴル、そしてシリアに渡った日本語教師のブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本語文書作成(МУИС-ОАСС編)概要

このたび、当モンゴル国立大学オルホン分校独自の教材として「日本語文書作成(モンゴル国立大学オルホン分校編)」の編集作業が終了した。
 以下にこの教材についての概要を記述する。



 まず、本教材は2007~08年度、08~09年度にモンゴル国立大学オルホン分校の日本語学科三年次に在籍していた学生の日本語レベルに合わせて作成されており、それを実際の授業で使用しながら学生の理解、反応を見た上で改善し、最終的にひとつの教材としてまとめたものである。
 また、本教材は大きく「本冊」「練習問題集」「教師用指導書(および練習問題解答例)」の3つのパートに分けられており、以下にその詳細について記す。


1.文書作成・本冊

 これは、モンゴル国立大学オルホン分校において日本語学科3年次の必修科目である「日本語文書作成」の主教材として使用されること、また、同科目を日本語母語話者である日本人講師が教授することを前提として編纂されたものである。
 その内容は「第1課・箇条書き」「第2課・短信」「第3課・文書作成の理論と技術」「第4課・事実文と意見文」「第5課・要約文」「第6課・手紙文」となっており、導入として簡単なメモ書き程度の文書から始まり、文書作成の技術、随筆などを経て、最終的にビジネス文書の作成ができるところまで学生の文書作成能力を引き上げられるようになっている。
 各課とも3~4の項目に別れており、各項目の終わりには簡単な練習問題があるので、教師は項目ごとに学習者の理解を量ることができ、最終的にひとつの課を終了した時点で「課ごとの練習問題(下記)」に取り組み、学習者の理解を再確認することができるような構成になっている。


2.練習問題集

 上記「本冊」の項目で触れたとおり、課ごとの確認問題、単元テストとして練習問題を作成した。
 これは上述の通り学習者の文書作成能力を確認するものであるが、同時に当大学で毎月一度、学生に義務付けられている「биe даалт(課題レポートまたは中間試験)」としての使用も視野に入れて作成した。


3.教師用指導書および練習問題解答例


 前述の通り、本教材の本冊は日本人講師が教授することを前提として作られている。しかし、当大学が今後、日本人講師不在のままモンゴル人講師だけで全科目を担当することが続く可能性はきわめて高く、そのような状況を鑑み、主たる目的として「モンゴル人講師のため」の指導書と練習問題の解答例も作成した。
 また、著者(渡辺)が実際の授業で行った教室活動の内容や練習問題(本教材に掲載されていない問題)もここに記してある。
 さらに、モンゴル人講師の授業スタイルを考え、担当講師が教室内でこの指導書をそのまま読み上げるだけでも授業が成立するように配慮して編纂した。


4.そのほか

 以上3点のほか、巻末には原稿用紙、履歴書、職務経歴書を付録として添付。
 さらに、「総合問題」として著者が作成して実際に期末、学年末試験として実施した問題をそのまま掲載し、今後、同科目を担当する講師の負担をなるべく軽減できるようにした。

 以上が本教材に関する概要であるが、ここに記載されている各事項はあくまで編者による「編集作業終了時点における思案」である。
 本教材を使用して教授を担当する講師が独自の判断で使用方法を見つけ、実際の教室活動に活用すると同時に、訂正、削除、追加が必要な部分があれば改善を重ねて「より使いやすい教材」にしていただけることを望む。

2009年6月25日
日本語文書作成(МУИС-ОАСС編) 編者


……というわけでぇ、

何やらいろいろゴチャゴチャと書いておりますが、実は6月9日に大学で卒業式が終わった時点で私のモンゴルでの仕事も晴れて終了~とはならず、9月の新学期から日本人教師がいなくなるということを考えて、“自分がこの2年間で担当した科目のうち、特にモンゴル人の先生には教えるのが大変だろうと思われる科目のための教材を作っておこう”と思い、その作業をひとり黙々と進めていました。
エルデネットはもうすっかり夏の陽気だというのに…。

で、それが先週末にようやく完成。今回の記事はその教材の一部の、教科書なんかを買ってもまずほとんどの人が目を通すこともないであろう「この教科書を使う前に…」みたいな御託の部分です。
とりあえずモンゴル人の先生がこれを実際に使うかどうかは別として、自分の仕事を何らかのカタチとしてここに残すことはできそうです

大学側が言っているように、何年かあとに本当に日本人講師がまたこちらに来るかどうかはわからないし、一部ではJICAの人が学長と話をしに来た、JICAに要請を出した、だからJICAのボランティアが配属される、などというちゃんちゃら甘っちょろい声もちらほら聞きますが、私が見たところ現時点でまだ募集要項すら公表されていないし、何より「少なくとも私自身が」日本政府の慈善事業をあまり信用していない部分もある(関係者の皆さんスミマセン…、あくまで“人”ではなくて“やり方”をね、あまり信用してないんです…)ので、そんなことを考えると、私がここを去ったあともまだ当分は日本人不在が続きそうな感じです。

悲しいかな犠牲になるのはいつも学生、なんですよね…。
なので、大切なのは学生一人一人に対する、ということで、愛を込めて一冊の教科書をしたためてみました。

もしいつか実際に日本人の先生がこちらに来ることが決まり、その方がウェブ上で何かしら検索したときにこのページが偶然ヒットしてくれることを祈りつつ、この記事をここに掲載した次第でございます。

というわけで、この調子で実はあと一冊、「日本事情」という科目の教科書作りもまだ残っています。

帰国するまでに間に合うかなぁ…。

テーマ:海外で日本語 - ジャンル:学校・教育

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://springfactory.blog101.fc2.com/tb.php/156-bf799a31
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。