シルクロードのバネ工場

ウズベキスタン、フィリピン、ベトナム、モンゴル、そしてシリアに渡った日本語教師のブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エルデネット最後の24時間

…というわけで、本当に帰国できるのかとヒヤヒヤしてしまう状況ではありましたが、7月18日に無事帰国し、日本からの初更新です。

ちょっと前の記事に書いた通りのスケジュールで7月16日の夜行列車でエルデネットを離れたわけですが、今回はエルデネットで過ごした最後の24時間を写真とともに時系列で記録しておくことにします。

7月15日18時

郵便局で引っ越し荷物の郵送手続きを終えて帰宅し、晩メシ。
豪勢に鶏のもも肉を丸ごとオーブンで焼いてしまいました。

で、食後に1時間ほどお散歩
この時期のエルデネットの日没は夜9時過ぎ。街は10時ごろまで明るいので、ついつい遅くまで外を歩いてしまいました。

エルデネットで見る最後の夕日が眩しかったです。

7月15日22時

帰宅して荷造りを始めましたが、なかなかはかどりません
とりあえず、明日の晩にはこの街を離れるということで、荷造りをしながら学生たちや同僚の先生にケータイのメッセージでその旨のご挨拶。
…すると、次から次に電話やらメッセージが届き、やっぱり荷造りが進みません。

7月15日23時

これでもう最後だということで、学生が突然やってきて荷造りを手伝ってくれました
…うれしいじゃありませんか。

そんなわけで日付が変わって7月16日1時、荷造り終了
荷造りを手伝ってくれた学生を見送って就寝

7月16日5時半
なんとなく目が覚めてしまい、起床。

朝食後、部屋の掃除
荷物もまとまったし、これでいつでも部屋をあけ渡せます。

7月16日10時

荷造りをして部屋の掃除が済んだあと、改めて大学に置いていく書類やら返さなきゃいかんものなんかがけっこう出てきたので、それを持って大学へ

7月16日11時

最後の丘のぼり
2年間生活したエルデネットの町を丘の上から見下ろし、感傷に浸ります。

そして…


オボーにのぼり…


“ハダク”という絹布をオボーにくくりつけ、さらにお茶と線香を供え、これまでのモンゴル生活への感謝と今後の旅の無事を祈ります
そんなわけでなんだかんだで30分ほど丘の上でボサーッとすごし、その後1時間ほどお散歩

7月16日15時前後

最後のインターネット利用料の支払い夜行列車の切符を購入

で、ここから立て続けに人と会う

15時半

一緒に働いていたモンゴル人の日本語の先生2人と食事。

16時半

いつも買い物していた市場のおばちゃんに挨拶。

16時45分

大学の用務員さんとコンピューターの先生がやってきて、大学から借りていたパソコンの返却。

17時

プライベートで日本語を教えていたミホさん(モンゴル人)が来てくれて、10分ほどおしゃべり。

その後シャワーを浴びて荷物等の最終確認。そして…

7月16日18時半

外国語学部の学部長とそのダンナさんの車で駅へ。

いよいよエルデネットを去るときが来ました。
エルデネットの街と人々、そして遠ざかる町の風景を見てやっぱり涙が出てしまいました。

さらに……




駅へ行くと、学生数名が見送りに来ていました
こんどの9月から3年生になる学生たちで、私がモンゴルで働き始めるのと同時に大学に入学した学生たちです。
夏休みで田舎に帰省していたというのに、このためだけにわざわざエルデネットに戻って来たという学生もいて、これはもう、ホントに嬉しかった。

そして…

7月16日19時ちょうど

ウランバートルに向けて列車が出発。

なんだかんだといろいろあった2年間、最後はしんみり、ひっそりと、誰に見送られることもなくエルデネットの町を去るつもりでいたのに、最後の最後になんだかあちこち歩き回り、バタバタといろんな人が会いにきてくれたりしてめまぐるしく、でもあっというまに時間が過ぎてしまった24時間でした。

写真を見ながらこの記事を書いている今でも、ちょっとウルウルしてしまいます。
ニアミスで会えなかった方々もいましたが、それでも帰国するまでの間に電話で話すぐらいはできたのでまぁよかったです。

そんなわけで7月17日の朝、列車はウランバートルに到着したわけですが、そんな感謝と感激のエルデネット最後の24時間に比べて……


帰国直前にウランバートルで過ごした約20時間のまぁ~長かったこと!

テーマ:モンゴル - ジャンル:海外情報

コメント

二年間、お疲れさまでした!
ベトナムもいろいろ大変ですが、頑張ってますよ。
このブログは続けられるとのこと、楽しみにしています。
今度はどちらでご活躍でしょうか。

  • 2009/09/06(日) 09:13:02 |
  • URL |
  • 村上吉文 #-
  • [ 編集]

>村上さん

コメントありがとうございます。
モンゴルで働くきっかけは村上さんのブログだったんですよね。
おかげで充実の2年間になりました。

ベトナムでのご活躍、間接的にではありますがいろいろ聞いています。

こちらは今のところ次に向けてあれこれ模索中です。
このブログも近日中に本格的に再開いたしますので、引き続きよろしくお願いします。

  • 2009/09/09(水) 23:26:13 |
  • URL |
  • ひろ #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://springfactory.blog101.fc2.com/tb.php/161-10596988
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。