シルクロードのバネ工場

ウズベキスタン、フィリピン、ベトナム、モンゴル、そしてシリアに渡った日本語教師のブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大相撲を見に行こう

日本でのお話です。

今回の一時帰国中、わりと大事な用事があって東京へ行ったんですが、せっかく一月のこの時期に日本に来て、しかもわざわざ東京まで足を運ぶ機会もあるというのに、ただ仏頂面して淡々と用事を済ませるだけでせっかくの日本滞在を終わらせてしまうのは実にもったいない!

…というわけで、

行ってきました。
モンゴルに住んでいるときから行きたかった場所、


両国国技館。

だいぶ時間が経ってしまいましたが、この日は初場所開催四日目
まずは窓口に並んで当日券の購入。
この日、午前11時ごろ両国に着いたんですが、この時点ですでに一番安い立ち見のチケットは完売してしまっていたので、指定席の中でも一番安い「2階椅子席C」というチケット(3600円)を購入し、さっそく入場。

ちなみに、私が購入した席は…


2階席の一番後ろの方。

実際に座ってみるとこんな感じです。
(遠い)

…が、午前中とか昼過ぎぐらいで、客の入りも少ない幕下以下の取り組みなんかが行われている間は、土俵近くまで行って観戦することもでき、幕下以下とはいえやはりそこはまがりなりにもプロフェッショナル同士の取り組みなので、それなりの迫力はあります。

とはいえ、やはりまだまだ本日のメインイベントまでは時間はたっぷりあるということで、ひとまず国技館内をぶらぶら歩いてみることに。


国技館を入ってまず目に飛び込んでくるのは、優勝力士に贈られる賜杯の数々。


正午から夕方までの間は地下大広間玉乃井部屋のちゃんこも振舞われており、しかもこれが一杯250円という安さ。


さらに、2階の「国技館カフェ」へ足を運んでみると、モンゴル料理のホーショールが1枚300円で売られていたので、早速2枚注文。

すると…

ホーショールというのはでかくて平べったい食べ物なので、モンゴルでは注文した枚数がそのまま乱暴に「ぐちゃっ」と重ねられてひとつのお皿に盛られ、それを上から一枚ずつ手にとって食べて最後の一枚はすっかり油まみれになってる…、みたいな感じなので、モンゴル的な感覚からすると、この配膳にはちょっと違和感があります。

私もこのプレートを受け取った際に「あれ?なんで別々のお皿に一枚ずつ置かれたんだろう。これ、俺ひとりで食べるって言ったほうがよかったのかしらん」とつい思ってしまいましたが、食べ終わってよくよく考えてみた結果、たぶんこれが日本人的にはフツーの配膳なんだろうという結果にたどりつきました。
徐々に日本人的感覚を身につけていくというリハビリ中の私。

…と、そんなこんなしているうちに夕方4時。


幕の内土俵入りがはじまり、いよいよ盛り上がってまいりました!

…が、


目の前にでっかい外国人二人組に座られてしまい…


しかもこの日(初場所四日目)、元大関の千代大海が引退を発表。さらに、その報道に呼応してしまったかのように4人の大関全員が黒星という惨憺たる結果。

そんなわけで千代大海との取り組みが予定されていた把瑠都も不戦勝。

実は私がいちばん見たかったのが把瑠都の取り組みだったので、ものすんごい残念。
不戦勝で勝ち名乗りを受けるバルたんの背中にも心なしか哀愁が漂っています。

というわけで、最後に横綱二人は危なげない相撲で勝利してこの日の全ての取り組みが終了。初めての相撲観戦はなかなか楽しく刺激的な体験でありました。

みなさんも機会があったらぜひお相撲観戦してみてください。

テーマ:大相撲 - ジャンル:スポーツ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://springfactory.blog101.fc2.com/tb.php/169-dc42d88f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。