シルクロードのバネ工場

ウズベキスタン、フィリピン、ベトナム、モンゴル、そしてシリアに渡った日本語教師のブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そして火元は俺だった

今回は私がフィリピンで起こしてしまった粗相のお話です。

私が今回フィリピンで住まわせてもらっていた部屋には、中国製の安い湯沸かしポットがありました。
ありました、というか、私が入った部屋にはキッチンがなく、やっぱり好きなときに自分の部屋でコーヒーも飲めないというのはどうしても耐えられなかったので、フィリピン生活が始まってわりと早い段階で安いものを見つけて自分で購入したものです。

←こんな感じの。

これ、ポットに水を入れてコンセントをさせば、ポットが熱を上げてお湯を沸かしてくれる、というスグレモノです。…が、ただひとつ、お湯が湧いたらポットが自動的に保温状態になるわけではなく、頃合を見て自分でコンセントを抜かなければお湯がどんどん熱くなっていく、という難点があります。

それでも、4年前までダバオに住んでいたときもやはり同じタイプの湯沸しを愛用していたし、何より安いので今回もこのポットでお湯を沸かしてはコーヒーを煎れたりインスタント麺を作ったりしていました。

んで、ある日のこと、いつも通り仕事を終えて帰宅し、晩メシ食ったあとに「ざぁ、コーヒーでも飲むかぁ!」と湯沸かしのコンセントを差し込んだたそのとき、ある方に「ちょっと飲みにいきましょう」と誘われ、湯沸しのコンセント挿しっぱなしだったのをすっかり忘れて外に出てしまいました。

そしてその後1時間ほどビールとか飲んでいい気分になって帰宅。この時点で私の頭の中には湯沸しのコンセント挿しっぱなしだったことなどカケラもなくなっていました。

…で。


やっちゃいました。

コンセント挿しっぱなしだった湯沸し、いつまでたってもコンセントが抜かれないのでそのままどんどんヒートアップ。で、最終的に火をあげてしまった様子。

部屋中にモウモウと広がる焦げ臭い煙。
そのとき時刻は夜の8時。部屋の中にあったものはススで黒くなり、さすがにここで一夜を明かすのは不可能。ということで、周りの人を巻き込んで急遽お引越し。

幸い、ポットが置かれていた椅子が黒焦げになった程度で、その他のものや周りの部屋に被害が及ぶことはありませんでしたが、生まれて初めてボヤを出してしまったことでその日は夜もおちおち眠れませんでしたよ。


関係者のみなさま、大変ご迷惑おかけいたしました。
そして、みなさんもコンセントの挿しっぱなしと火の元確認には充分ご注意ください。

テーマ:フィリピン - ジャンル:海外情報

コメント

「ざぁ」って。。。
名残ですね~。

  • 2010/04/07(水) 22:13:53 |
  • URL |
  • yama #-
  • [ 編集]

>yamaさん

「ざぁ」と「てひゅー」はつい口から出ちゃうんですよね。
でも、意外とどこ行っても通じたりするので、これからも使い続けようと思ってます。

  • 2010/04/08(木) 21:37:17 |
  • URL |
  • ひろ #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://springfactory.blog101.fc2.com/tb.php/177-1ee0714c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。