シルクロードのバネ工場

ウズベキスタン、フィリピン、ベトナム、モンゴル、そしてシリアに渡った日本語教師のブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

出張報告書

休日には休むべき、などとこのブログに書いた次の週末はダマスカスでの用事が重なってしまったため出張
せっかくの休日が休日ではなくなってしまいました

アレッポからダマスカスまではバスで4時間半。それ以前にアレッポの自宅からガラージュ(長距離バスターミナル)までタクシーとかを使わず安く行こうと思ったら1時間ぐらいかかってしまうこともあり、なんだかんだでダマスカスへ行くのも半日かかってしまいます。

ダマスカスで過ごしたのは水曜日から土曜日までの3泊4日
その間、親方からの命令で健康診断を受けたり、A型B型肝炎の予防接種を受けたり、新人さんの歓迎会の幹事をしたり、報告会というヤツに出席したり、あとは11月に行われる日本語スピーチコンテストの打ち合わせなんかがあったりと、わりと忙しく過ごしました。

その合間を縫って日本人運動会に参加はせず見学だけしに行ったり、


おしゃれカフェでくつろいでみたりもしました。

ここいらへんがやっぱり首都、ダマスカスです。アレッポにはあまりない、静かで落ち着いた雰囲気のカフェもたくさんあります。

…が、ここでひと息ついたのもほんの一瞬で、コーヒー飲みながら教科書開いて授業準備などという野暮ったいことをしてしまいました。
なんでこんなに追い詰められてるんでしょう…。

でも、今回のダマスカス出張でのいちばんの成果は、

←こんな感じの糸を編みこんで作るストラップとかの作り方をセンパイから教えてもらったこと。
これを応用すれば、何かの折にプレゼント用の装飾品とかなんかいろいろ怨念のこもったものが作れそうです。

“できること”がまたひとつ増えました。

んでもって10月23日土曜日。

5時半に起床して朝イチでダマスカスを離れました。
なぜならその日の夕方にはアレッポに戻って授業ひとコマやらなければならんかったから

そんなわけで昼ごろアレッポに到着。
贅沢に外食などしてしまい、そのあと自宅へ帰るべく市バスに乗車。

私がいつも利用するバスは一律8シリアポンドなので、乗車時に10シリポン硬貨を運転手に渡せばバスのチケットとともに2シリポンのおつりが渡されます。

…なのでこの日もいつものように10シリポンを運転手のおっちゃんに渡すと、「乗車賃はいらんよヤバーニー。アハランワサハラン。」と言って運賃を受け取ろうとしない運転手。

そんなやりとりに「おおー、アレッポ帰ってきたぜぇー」なんて思いながらバスに揺られていると、やがてちょっと小ぎれい目のおっちゃんがバスに乗り込んできて、「今ちょっと細かいお金がないから…」みたいなことを言って運転手のおっちゃんにちいこいパン1コを手渡し。そしてそれを満面の笑みで受け取る運転手。

これこそわが街アレッポのあるべき姿

アレッポでの生活が始まって以来、かれこれ3ヶ月ほど経ちますが、3泊4日も家を空けたのは初めて
今回ほどアレッポの街に愛しさを感じた日がかつてあっただろうか…。いや、ない。

そんなこんなで帰宅すると、

庭で育てているキャベツ(の芯)がすっかりはらぺこあおむしの餌食になっていました。
でも、その奥で地味に成長していたサツマイモの葉さくらんぼの芽は立派に成長していました。

んでもって、帰宅して落ち着くヒマもなく大学へ行って授業。
なんか慌しい一日ではありましたが、授業したら落ち着きました

…だからなんだという感じの話になってしまいましたが、まあそんな感じです。

以上。

テーマ:シリア - ジャンル:海外情報

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://springfactory.blog101.fc2.com/tb.php/199-864ee9cd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。