シルクロードのバネ工場

ウズベキスタン、フィリピン、ベトナム、モンゴル、そしてシリアに渡った日本語教師のブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アレッポ県マンベジ郡

シリア(というか、イスラム諸国)は、去る11月16日から19日までイスラム暦のお正月である「犠牲祭」でした。
この犠牲祭の期間中はもちろん学校はお休みになるわけで、ついでなので大晦日に当たる15日と犠牲祭後の20日も授業を休みにし、のんびり過ごすことにしました。

…が、どうせアレッポにいても街は閑散としてるだろうし、街に繰り出してもどうせラマダン明けのアイードのときみたいにガキどもが新しい服を着てエアガンをアホみたいに打ちまくってる様子しか目に浮かばないので、街を離れてちょっとあちこち行くことにしました。

というわけで、まずこの連休の前半に我々が訪れたのがアレッポ県マンベジ郡

私が住んでいるのはアレッポ県のアレッポ市
マンベジはアレッポからセルビス(乗り合いワゴンみたいなミニバス)で1時間ほどのところにある小さなイナカ町。
アレッポとマンベジ規模の違いであったり位置関係みたいなものを、私がこれまで住んでいた町々を例にわかりやすく説明すると…、

フェルガナとリシタン。
ダバオとパナボ。
ホーチミンとヴンタウ。
エルデネットとボルガン。
さいたま市と蕨市。
そして富士宮市と柚野(合併前)。

…みたいな感じですかねぇ。

で、ここには二本松で共にアラビア語を学び、一緒にシリアに渡ってきた同期が住んでいるので、そのお宅にお邪魔いたしました。

犠牲祭ということもあり、店はほぼ全てシャッターが閉まっていて人通りも少なく、街はしんと静まり返った廃墟のような状態。

せっかくなので、犠牲祭の街の雰囲気を味わってみようということで外に出てみると…


おばちゃんたちがなんとなく座ってダラぁ~っとしたりしていて、なかなか落ち着いた雰囲気です。

…が、


カメラを取り出した瞬間、ガキどもが集まってきてしまい…


やがて収拾がつかなくなり…


本来ならこういうときにガキどもを一喝して追っ払ってくれる大人まで…

唯一の救いは、アレッポのように「アジア人(=中国人)、からかったれ。ケケケ。」みたいな雰囲気は少なく(…“少ない”というだけで、“まったくない”というわけではない)、純粋な好奇心で人々が群がってくるところでしょうか。
しかし、それにしてもこのお祭り時期に来たのが悪かったのか、事態はしっちゃかめっちゃかに。

…ということで非難。
結局、一日の大半を屋内で過ごすという「寝正月」状態に。


それでも、素直な牧童や心優しい大人たちにかこまれたり、

遊園地というか、巨大遊具のある小さい公園にも行き、やっぱりガキどもに取り囲まれたりしてしまったり、そんなこんなのマンベジ
これといった伝統様式美的な地元色の強い犠牲祭のエピソードなどもなく、時間だけが過ぎてしまいました。

今度はこういう大祭の時期は避けて、もっとフツーの日常を垣間見ることができるようなときに訪れたほうが楽しく過ごせそう、と思った次第であります。


みんなも、シリアのイナカを訪れるなら普通の日に行った方がいいよ

テーマ:シリア - ジャンル:海外情報

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://springfactory.blog101.fc2.com/tb.php/204-032473ea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。