シルクロードのバネ工場

ウズベキスタン、フィリピン、ベトナム、モンゴル、そしてシリアに渡った日本語教師のブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はじめてのハンマーム

去る2010年12月25日。
世界中がクリスマスを迎え、シリアの街もなんとなくクリスマスムードが漂うこの日、我々が訪れたのは…

حمام(ハンマーム)…アラブ式のお風呂です。

扉を開けると、そこにはアラビーマットが並ぶリラクゼーション空間が広がっております。

客人はまずはここで脱衣したら腰にタオルを巻いて湯殿に向かい、そして湯上り後はここで茶を飲んだり水タバコを吸ったり食事をしたりしながら裸の付き合いをした仲間たちと語らい、浴後のひとときを楽しむ、という感じです。

というわけで何はともあれまずは湯殿へ。


今回訪れたハンマームの湯殿の見取り図は右図のような感じ。

湯船もあるし、スチームサウナもあります。あとは個人個人で身体を洗ったり頭を洗ったりするような個室があり、各人が好きなように好きなだけ過ごすことができます。

あと、ちょっとわかりづらいかもしれませんが、上の写真の手前側、タオルが並べられているところは、なんか「熱い石」みたいになってて、身体を洗ったあととかに座ったり寝転んだりすることができ、ボサーッとしたり語り合ったりする場所となっております。


この写真は個室とはまた別の、オープンな感じの洗い場みたいなところ。

個室は右の絵のような感じで、個室といっても完全に締め切られるわけではなく、中にはお湯をためる石おけみたいなのがあり、そこにザンザンとお湯を流してそれで身体を洗い、頭を洗い、あとはマッサージをしてもらったりすることができます。
なので、基本的にどこもかしこも開けっぴろげになっているので、入浴客はみんな腰にタオルを巻いたまま用事を済ませなければなりません。

そんなこんなでこの日、まずは案内役の学生とともにサウナに入って汗を流しながら話していると…

この写真に写ってる、


酒樽みたいなこのおっちゃんがタオル1枚といういでたちで登場し…

「アカスリとかマッサージとかするかい?」
…みたいなことを言ってきたので、アカスリを頼みました。

というわけで、おっちゃんに誘われるまま二人で個室へ…

右の絵のような感じで座らされ、まずは腕をゴシゴシ…。そのあとは仰向けになったりうつ伏せになったり、最後には顔面までゴシゴシされ、体中の垢という垢をこすり出していただきました。
おっちゃんの力が強すぎたのか、垢すりタオルが強力だったのか、そのあと身体を洗うときに若干ヒリヒリしてしまいましたが…。

そんなこんなで1時間ほども湯殿で過ごし、風呂上りはアラビーマットの上でお茶を飲んでくつろぎます。


そして、年末の寒空の下に出ても身体はいつまでもぽかぽか。恐るべしハンマームの力。
みんなもアラブ諸国に来たら行ってみるといいよ、ハンマーム。


……というわけでみなさんよいお年を!

テーマ:シリア - ジャンル:海外情報

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://springfactory.blog101.fc2.com/tb.php/207-fc942971
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。