シルクロードのバネ工場

ウズベキスタン、フィリピン、ベトナム、モンゴル、そしてシリアに渡った日本語教師のブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大学院が始まった

長く退屈だった冬休みが終了し、いよいよ今週からアレッポ大学日本センターの2010~2011年度、後期の授業が始まりました。

それと同時にこの一週間はアレッポ大学だけでなく、シリア国内の日本語教育関係者においても記念すべき、シリアの日本語教育の歴史に間違いなく刻まれるであろうひとつのターニングポイントとなると言っても決して過言ではない出来事がありました。

それは…

アレッポ大学において、“シリア初”となる日本学修士課程が開講したのであります。いわゆる大学院というやつです。

首都のダマスカス大学には文学部(でしたっけ?)の日本語学科はあるものの、修士まではありません。しかし、アレッポ大学には日本語学部とか日本語学科とかがないというのに日本研究の修士課程がある、というなんとも画期的な事態が起こったのです。

…と、ここでこのブログをお読みの方々の中に疑問を感じた方もいるかもしれません。

「…あれ?お前(私のことです)はアレッポ大学で日本語を教えてるんじゃないのかい?今まで大学で日本語を専攻してる学生に日本語を教えてたんじゃなかったの?」と。

というわけで今さらではありますが簡単にご説明させていただきます。

私が現在勤めているのはその名を「アレッポ大学学術交流日本センター」といいます。
この日本センター、日本のとある超有名私立大学(ワセダじゃない方)の教授がアレッポ大学と学術提携を結び、シリアにおける日本文化の発信地として、また日本の学生がシリアやアラブ文化を学ぶ場として設立された機関であり、大学の敷地内にありながら大学の学部とは関係を持たないものであります。

もっと簡単に具体的な例でわかりやすく説明すると、大学の敷地内に「NOVA」みたいな学校があって、そこでは大学生だけでなく一般の人も日本語を勉強してる、みたいな感じです。

だから何度も言いますが、アレッポ大学の学部では日本文化や日本語を専攻することができないのに、大学院で日本研究ができることに相成った、というわけです。

これを画期的と言わずして何と言おう!

というわけで去る2月16日、その修士課程の開講式が執り行われました。


お偉方がズラリと並びました。


動く、喋る学長を生で見たのって2回目です。


ダマスカスの日本大使館からは大使ご夫妻も参りました。


この写真なんかいかにも“偉い人が集まってる”ていう雰囲気満載です。


なんかごちゃごちゃやってる!

…えーと、実はこの大学院ができるっていう話、最初に聞いたときはやっぱり「何で日本語学科とかもないのに大学院ができるの?順番ちがくね?」なんて思ったんですが、いざ本格始動し始めると、ダマスカス大学で日本語を学んだ学生がやってきたり、エジプトとかトルコみたいな「シリアより日本語教育が盛んな国」からも手軽に日本学修士が取れる場所ができたとか、何やらアメリカからも問い合わせが来たとか、各方面からなんかものすごい反響があるようです。

そしてその礎を築いたのがこの日本センターなのであります。だからここはもはや「ただのNOVA」じゃないのです。

…だからといってこの私が大学院講師(!!)になったわけではなく、ここでの私の契約上のお役目は相変わらずただの外国人NOVA講師に過ぎないのであります。

だからいつまでたっても地味な感じで過ごしていくのであります。

これからもあまり目立たずのほほんと地道に好きなことだけやってこうぜ。

テーマ:日本語教育/異文化コミュニケーション - ジャンル:学校・教育

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://springfactory.blog101.fc2.com/tb.php/211-b93cd022
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。