シルクロードのバネ工場

ウズベキスタン、フィリピン、ベトナム、モンゴル、そしてシリアに渡った日本語教師のブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まさかの首都退避

前回の記事にも書きましたが、シリア南部、ダラアで起きた反政府デモを皮切りに、先週末はシリア全土でデモが行われました。
が、大規模なものはどれも大統領支持派による騒がしいだけの平和デモであり、その様子はまったくと言っていいほど緊迫感の感じられないような、まぁ単刀直入に言ってしまえば政府公認の“茶番”だったのでもう収束していくものだと思っておりました。

…が、その翌日、予期せぬ事態が発生!
というわけで、今回はその一部始終を時系列で記録しておきたいと思います。

3月27日(日)
いつもと変わらない朝。普段どおり朝食後にボサーッとしつつ、そろそろ大学に行く準備でもしようかな、なんて思っていると、首都にある事務所の方からの連絡。
「昨晩(3月26日)、ラタキア(シリア西部、地中海沿岸の街)死者を出す無差別発砲事件が発生したので、地方の皆さんは万が一のために今日中に、できるだけ早くダマスカスに来てください。最悪の場合は国外退避の可能性もあるかもしれませんので、そのための荷物も持って来てください。」…と。

そんなわけで急いで荷造り。
万が一、緊急帰国国外退避にまで発展した場合はとりあえずもうお金で買える物は諦めるしかない、というわけで、数日分の着替えと洗面道具をバックパックに詰めたあと、その荷物はとりあえず部屋に置いておき、普段はまず乗ることのないタクシーに乗り込み、急いで大学へ。日本語関連の本なんかはもう寄付してもいいけど、置きっぱなしにはできないのが日本語教師として働き始めてからずっと教案作成に使ってきたノート。これはもう「日本を出る前から『命の次に大切』と言われ続けているパスポート」より大切なので、これだけは郵送もすることなく常に自分の手で持ち歩かなければなりません。
で、あとは教材のCD、絵教材作成道具をガサガサとバッグに突っ込んで帰宅してパッキングの仕上げ。

で、ガラージュ(長距離バス乗り場)へ。
家の周りも大学もそうでしたが、ガラージュもまた緊迫感など微塵も感じられないほどののんびりムード。でも場合によってはしばらくここにも戻って来れないのか、などと思うとちょっと寂しくなりますが、まあそんなことはないだろうと思いつつバスに乗り込み、ダマスカスに到着したのは夕方の4時半。

5時半から事務所にてブリーフィングがあり、今回の首都退避に至った経緯とか、まあいろいろと所長から話を聞く。
ラタキアでの無差別発砲事件は、平和デモの最中に建物の屋上からスナイパーがテキトーにそこらのデモ参加者を撃っちゃったんだって。

ス、スナイパーって…。シリアってそんな人に背中を見せて歩くこともできないような国だったの!?

とかなんとかいろいろありながら、結局のところそんなに緊迫した感じでもなく、まあちょっとした避難訓練の意味合いもあっての首都退避であり、最終的には「このところギスギスした感じの日々も続いてたし、まあ2-3日ほど羽をのばして首都を満喫してください」みたいな雰囲気でブリーフィングも終わり、そんなこんなでカレー食ってドミトリー(宿泊所)に帰宅。

3月28日(月)
相変わらずこれといって緊迫感は感じられず、昼間はただただのんびりと過ごし、夕方、事務所で安全対策連絡会というのがあったのでそれに出席。

これまでの騒動の経緯だとか、それを踏まえて今後予想されることだとか、国外退避にまで及んだ場合の段取りだとか、このまま何もなければ明日には任地に帰れるでしょうとか、そんな話を1時間ほど聞かされて終了。

夜は同期5名でほのぼのと誕生日パーティー

ここでも翌日に大規模なデモがあるとか、公共機関はすべて休みになって人々はみんなデモに借り出されるとか、それじゃあ明日も一日ダマスカスで過ごすことになるのかなぁとか、話題の中心はやっぱりデモ話だったんですが、そんなこんなでドミトリーに帰ったあとはまたダラダラと話したりして就寝。

3月29日(火)
8時過ぎ、緊急連絡網に起こされ、緊張が走る。その内容は…、
シリア全土で大規模なデモが行われるので、10時以降、連絡があるまで屋内待機せよ。

というわけで早急に食料の買出しに行き、その後、何やら外が騒がしくなってきたのでシリアのニュースチャンネルを見ると、

シリア各地がこんなことに…。
しかもものすごい動員数。見慣れた風景が人で埋めつくされています

でも、どこも相変わらず大統領バンジャ~イ的なもので、それをもう学校から職場まで国じゅうを休みにして集められる人間はとにかくかき集めて行われている様子。
シリアのテレビも政府寄りの報道しかしないもんだから、そんなデモ(…というか、もうビックリするほどの人がたくさん集まって大統領スキスキコールを繰り返してるだけの様子)を垂れ流してるだけだし…、

我々視聴者もだんだんどーでもよくなってきました

で、たしか3時ごろ、デモも終わって街はウソみたく普段どおりに戻ったということで屋内待機命令も解除。今回の一連の騒動を受け、シリアの内閣が総辞職をしたとかなんとかというニュースもありながら…、


夜は呑気にカレーパーティー
まったくもって緊張感のない退避生活です。

3月30日(水)
朝、首都での退避生活命令の解除
「それぞれの任地に帰ってもよし」との連絡が入り、昼過ぎのバスでアレッポの自宅に帰ってくることができましたが、その移動中、大統領による声明があってラジオの生放送がバスの中でも流されていました。
が、それもあまり核心に触れるような内容はなく、反体制派の要求に応えるようなモノではなかった様子。

とりあえず、騒ぎがこれ以上大きくなるようなことはないのかなぁ…ということで、なんとなく収束していきそうな感じがあったりなかったりしながら、なんか相変わらず緊張が続きそうな雰囲気もある中で、とりあえずこれからまた変わらず日々の授業に追われる生活に戻っていくような感じです。

テーマ:シリア - ジャンル:海外情報

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://springfactory.blog101.fc2.com/tb.php/216-8a77a19f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。