シルクロードのバネ工場

ウズベキスタン、フィリピン、ベトナム、モンゴル、そしてシリアに渡った日本語教師のブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

退避にまつわるエトセトラ(1)

みなさま、ずいぶんご無沙汰してしまっております。実は…


日本に帰ってきてしまいました

3月中旬ごろからシリア南部のあたりでくすぶり出したシリアの民主化要求デモがその後じんわりと大きくなっていき、収束しそうで収束しないまま他の都市にも波及。これを受けて我々も3月下旬ごろに首都ダマスカスでの避難生活を送る羽目になってしまった、ということは以前書きました。

あのとき、反体制派に対抗するべく、政府は学校も仕事も休みにして国民総動員となる言ってみれば“やらせ”の大統領支持デモをシリア各地で繰り広げ、それにより反体制派の勢力もしぼんでいくモノだとほとんどの人が思っていました。

…が、一度ついてしまった火がそう簡単に消えることはありませんでした

その後シリア政府が打ち出した政策であったり、大統領の声明であったり、新内閣の人事であったりなどはどれもこれも核心に触れず、明言を避け、みんながみんな納得できるようなものではなく、報道を見てもアレッポの学生や先生方に聞いてもデモはさらに激化するのではないかという意見ばかり。
実際、平日はいつもどおり平穏に過ごしたかと思うと週末金曜日になると各地でデモが起き、「デモ隊が治安部隊と衝突、死者何名」などという報道は絶えず。

そんなこんなで我々も毎週金曜日の礼拝後数時間は屋内待機となり、地方在住者は安否確認の定時連絡を毎日する、ということが義務付けられ、「こんな生活がいつまで続くのかなぁ、はやく騒動が収まればいいのに…」なんて思っていたんですが…、

そんなある日、首都のダマスカス大学構内でも平日の真っ昼間にデモが発生。それに続くかのように我がアレッポ大学でも学生数百人によるデモが発生(…という報道があったんですが、実際その日は朝から夜まで大学にいながらぜんぜん気づきませんでした。その後、ネット上の動画でデモの様子を見たんですが、たしかに“アレッポ大学らしき外観の建物”でなんかゴチャゴチャやってたようです。たぶんアレッポ大学風のそれっぽい場所でやってたんじゃないかと思うんだけど…)。

で、それまでシリアの人々は「政府を批判するような言動、またはそれ的なニュアンスを含むことば」ですら口に出せず、私も授業の中で良し悪しはどうであれ政治的な意見を学生に求めるようなことは避けていました。

が、なんとなく最近のこの風潮が「言ってもいい…、のかな?」みたいな雰囲気になってきていて、学生たちの口からも「シリアTV(シリアの国営放送)は全部ウソです」とか、「市民の意見を聞いてくれる機関を作ってほしい、ていうか、聞くだけじゃなくて実行してほしい」みたいなことばが出てくるようになりました。

…んで、そのころからシリア各地で規模の大小はあるにしても、ところかまわず平日でも何かしらの騒ぎが日常的に見られるようになってしまいました。

というわけで、我が派遣元団体のシリア事務所から2度目の首都避難命令の連絡が入ったわけですが、今度ばかりはちょっと神妙な感じで、

「外務省の渡航情報の危険度が引き上げられる可能性が高い、というか、もう時間の問題で危険度引き上げになるみたい。で、そうなったらもう国外退避ということになるから、そのつもりで荷造りとか、関係者に説明とかしておくように。ていうか、もう帰国便のチケットも手配してあるから。」…と。

ほんでもってその2日後ぐらいに日本国外務省からシリア全土に「渡航延期勧告」が発令され、我々の国外退避一時帰国が決定してしまったのであります。

…というわけで以上まとめると、2度目の首都退避の連絡が入ったのがたしか4月11日。危険度が引き上げられて国外退避が決まったのが4月13日。で、アレッポを去りダマスカスへ向かうのが4月19日でシリアを発つのが4月21日。
ということが本格的に決定し、とにかくアレッポにいる間にいろいろしなきゃならんことであったりダマスカスに行ってからしなきゃいかんことであったりをあれこれ考えてまたその優先順位も考えて、それを踏まえた上で我々は限られた日数を過ごさなければならなくなってしまったわけであります。

ちょっと長くなってしまいそうなので次回につづく

テーマ:シリア - ジャンル:海外情報

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://springfactory.blog101.fc2.com/tb.php/220-cc8348f7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。