シルクロードのバネ工場

ウズベキスタン、フィリピン、ベトナム、モンゴル、そしてシリアに渡った日本語教師のブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

だらだらイフタール

 الإفطار ‥‥「イフタール」:断食期間における日没後の食事のこと。

8月1日からイスラムの断食月、ラマダンが始まりました。
日照時間は全ての飲食はもちろんのこと喫煙もせず、中には唾を飲むことさえしない大バカ者もいるという、あのラマダン。
モルディブは国民の100%がイスラム教徒であるため、もちろんラマダン時期にはほとんどの人が断食をしています。

そして日が沈んで断食が解禁されると、人々は飲み食いに専念。
家族水入らずで、あるいは客人を招待し、または職場の同僚や気の合う仲間などで集まって食事をするわけですが、この断食期間中の食事をアラビア語でイフタールといいます。モルディブの言葉では何というかわかりませんが。

…というわけで、そんなラマダンが始まって数日経ったある日のこと、
学校主催による職員のためのイフタールパーティーがあるということで、ディベヒ語(モルディブの言葉)で書かれたこんな招待状までいただいてしまったので、行ってまいりました。

会場となったのは、

この、夜の学校の…、


しっかりバイキング形式のパーティー仕様に模様替えが施された体育館

開始時刻は夜の9時半

なんとなーくみんながわらわらと集まり始め、いつ始まるのかなぁ~、などとそわそわしていると、これといった開式の挨拶とかそんなものは何もなく、さぁパーティーが始まるぞぉー、という高揚感のようなものはなかなか見えてこず…

誰かがなんとなーく料理の方に進んでいくと、それにつられてみんながなんとなーく料理の方に進んで行き…、


何の前触れも説明もなくなんとなーく流され始めたスライドショーなんかを見ながら、なんとなーくみんながそれぞれのテーブルについて食事を始め…、


一時間も経つと、お腹が満たされた人からなんとなーく帰っていくという、

…そんなダラ~っとしたパーティーでした。

私が今まで行ってた国では、こんな招待状まで発券するような正式なパーティーともなれば、例えばフィリピンなんかは開式にあたって国歌斉唱、偉い人の挨拶なんかがあって、ようやく食事。んで、その合間には歌やダンスが繰り広げられ…、という感じだったし、モンゴルでは必ず酒盛りが始まり、やがて会場はダンスフロアと化していつまでたっても宴は終わらない…、みたいな感じだし、同じイスラムでもシリアなんかでは“学校主催のイフタール”ともなればやっぱり最初と最後に誰かしらが挨拶とかをしていたし、個人の家なんかでやるようなイフタールは夜を通して行われるような感じだったし…。

特に開式も閉式もなく、なんとな~く始まったらパッと食ってサッと帰る、というのがモルディブ式なんでしょうか…。それとも単に夜遅かったからでしょうか…。

ちなみに、食事なんかもご飯モノとか麺類とか、何かの丸焼きみたいなガッツリ食べる系の料理は一切なく、


こんな感じのショートイーツと呼ばれるコロコロしたひと口サイズのおかず的なものしか出されておりませんでした。

というわけで、我々日本語教師陣もそれらをモソモソと食し、なんとなく周りの人と会話をしたら1時間ほどで会場をあとにしたのであります。

…えと、なんかそんな感じです

テーマ:モルディブ - ジャンル:海外情報

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://springfactory.blog101.fc2.com/tb.php/228-5377aa48
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。