シルクロードのバネ工場

ウズベキスタン、フィリピン、ベトナム、モンゴル、そしてシリアに渡った日本語教師のブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

都会の海にもぐってみると

イスラム教の犠牲祭のため、11月3日から13日まで学校がお休みになっていました。

この犠牲祭、ものすんごく平たく言ってしまうと、イスラム教の古い慣わしになぞらえて羊などの家畜を犠牲として神にささげ、またそれを家族や親戚一同でおいしくいただく、という感じのお祝いで、ムスリムの皆さんにとってはこれによって年が改まるというほどの大きなお祝いです。

シリアでも、この犠牲祭のときには犠牲となる羊を連れた人々を多く見かけました。

…が、そんな犠牲になるような家畜のいないモルディブでは何を犠牲にするんでしょうか。

まあ、バショウカジキインドマグロでも犠牲にしといたらいいんじゃないでしょうかね。
腐るほど、というか腐らせるほど捕れてるわけだし、実際、休み前にはぐるぐる巻きにされたヤツがそこいらじゅうにゴロゴロ転がってたし。

モルディブというのは国民の総てがイスラム教徒という“純イスラム国家”なんですが、実際に来てみるとインド人はめちゃくちゃ多いし観光客もうじゃうじゃいるし、なんかシリアほどイスラむ~な雰囲気があまりないんですよねー。

とは言いながらも、やはりこういう大きな祭事に家族で海に来て浮かれはしゃぎつつも、しっかりお祈りの時間にはメッカの方角に頭を下げるモルディブ人を見ると「ああ、イスラムだのう」などと思うのであります。

でも、都会暮らしの私にはそんなお祝いめいた行事とかはあまり関係なく、そういえば確かにモスクから聞こえるアザーン(お祈り)がいつもより長めだなあ、とか、そんな祭事のアザーンを聞いてもやっぱりモルジブ人の話すアラビア語はまったく聞き取れん、とか、そんなことを考えながら日々のんべんだらりと過ごしてしまいました。

それでも、この連休のおかげでまとまった時間が確保でき、気持ち的にもようやく余裕ができたので、



私の住むマレの目と鼻の先で、サクッと行けるビリンギリとかフルマーレといった島へ行き、


ただダラダラと歩いて島散策をしつつ、


準備完了。そして…


潜水~。

つい先日、フツーのデジカメでも水中撮影ができるようになるという防水カメラケースを日本から送ってもらったので、モルディブに来てようやくシュノーケリングの様子がお伝えできるようになりました。

私の住んでいる辺りはやはり都会の海。なので、人が入れる海というのはどうしても水は濁ってるし、サンゴもほとんど死んでるし、魚もそれほど泳いでいません

…が、


天気がいい日の午前中、わりと早い時間に海に行けば、まあまあそれなりに水もきれいだし魚もいます


ごくまれにではありますが、たくましく生きているサンゴも見かけるし、


なんかよくわかんないニョロニョロしたやつも見かけます。

さらに、こんな都会の海でも、根気よく潜っているとハリセンボンエイを見ることもできます。


ハリセンボンさんはあんな痛そうな外見でありながら、よく見ないとわからないぐらい岩と同化していて、近づこうとするとピヨピヨピヨ~っとおしりを振って逃げてしまうし、


エイさんは身体が大きいので遠くからでもよくわかるんですが、やっぱり近づこうとすると逃げてしまう、というか遠くのほうへ悠々と泳いで行く、という感じ。

地方の島に住んでいる日本人の方々に話を聞くと、モルディブの地方島へ行けばこんな都会の海なんかとは比べ物にならないほどそりゃあもう絵にもかけない美しさが広がっていると言います。

が、モルディブに来てまだ3ヶ月やそこらでそんな海に入ったりなんかしたら、わがホームタウンの海などもう入れなくなってしまうだろう、というのは必至。

なので、私もしばらくはこの薄汚れた海でたくましく生きるお魚たちと戯れていたいと思います。

テーマ:モルディブ - ジャンル:海外情報

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://springfactory.blog101.fc2.com/tb.php/233-cbae3d0a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。