シルクロードのバネ工場

ウズベキスタン、フィリピン、ベトナム、モンゴル、そしてシリアに渡った日本語教師のブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おさかな天国

日本はその国土を海に囲まれ、日本の人々は古くから魚をよく食べる国民である。と、世界中で言われています。

FAO(国連食糧農業機関)による2007年の調査によると、日本の食用水産物の消費量は世界第三位
ひとりあたり一年間に60.8キロもの魚介類を食している、という統計が発表されています。

ちなみにこのデータによると、日本の上を行く第二位はアイスランドでひとり年間87.4キロ。

で、なんと第一位はモルディブ。しかもその食用水産物消費量は日本の約3倍となる年間176.5キロ

一年間にひとり176.5キロもの魚を食べているという圧倒的な数字をたたき出しており、まさにモルディブの人々は世界で一番、それも二位以下を大きく突き放してダントツで魚を食べている国民、ということになります。

ついでに、私が以前住んでいた国で言うと、やはり島国のフィリピンでも11位だしベトナムは18位。モンゴルにいたっては文句なしの最下位で、ひとり年間0.2キロしか食用水産物を消費していないようです。
モンゴル人、肉の消費量なら宇宙一だろうに…。
(上の画像をクリックするとリンク先で詳しいデータを見ることができるようにしておきました。ブラウザの「戻る」ボタンでまたこのページに戻ってきてください。)

そういえば、何年か前に「魚を食べると頭がよくなる」なんて歌が流行っていましたが、実際これだけ魚を食べてるという統計が出ているにも関わらず、もちろんみんながみんなとも言いませんし尊敬すべき人も多いんですが、概してモルディブ人はそれほど頭がいいとは思え・◇£×▽℃◎・¥〆?・?・・!?(個人の意見です。)


…というわけで、マレの漁港には多くの漁船が停泊しており、日々多くの魚たちが水揚げされています。


獲れた魚はこんな感じのオケみたいなのに入れられ、ズルズルズル~っと…、


100メートルほど引きずられた先にあるこの建物。


その名もフィッシュマーケット

そのものズバリ“魚市場”なんですが、獲れたて新鮮な魚が所狭しと並べられ、魚を買い求めるモルディブの人々や観光客で一日中ごった返しております。

さほど広くはない所なんですが、一日じゅう魚の匂いに包まれるこの場所に大量の魚たちが雑然と並べられ、そこに次から次へと魚が運び込まれ、売れては新しいのが運び込まれ、運ばれてきたそばから飛ぶように売れていくという、間違いなくマレに住む10万人の胃袋を支えている場所です。

日本人にもおなじみのカツオやアジ、サバ、タイ、サヨリから、


タコやイカもいるし、大型のマグロやカジキもゴロゴロ転がっているし、


日本ではあまりお目にかかれない珍しいものまで、ありとあらゆるおさかなに出会うことができます。


熟練のおっちゃんたちによる見事なマグロの解体ショーを見ることもできます。


そして、やはり魚が国民食だけあって安い。


たとえば、私の顔よりおっきいこのマグロの尻尾の部分が20ルフィア(120円ぐらい)
これひとつ買ってしまえば…、


刺身塩焼きネギトロづけ丼、そしてフィリピン料理のキニラウまで作れちゃう。そして言うまでもなく旨い。

ここ最近生活していたモンゴル、そしてシリアではあまり魚を買って食べる、ということがなく、魚料理というのはあまり慣れていませんでしたが、せっかくなのでモルディブにいる間にいろんなお魚料理にチャレンジしております。


そして魚を食べてモルディブ人なみに頭よくなってやるゼ!

それにしても、こんなおさかな大国にいたのに魚が食べられないなんて、ホントもったいないことしましたねぇ…。と、あるお知り合いにメッセージを送ったところで今回はおしまい。

テーマ:モルディブ - ジャンル:海外情報

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://springfactory.blog101.fc2.com/tb.php/234-96707cb5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。