シルクロードのバネ工場

ウズベキスタン、フィリピン、ベトナム、モンゴル、そしてシリアに渡った日本語教師のブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春の便り

最近、過去に教えた学生からのメールが多いのはどうしてだろうと考えてみる。

2月には日本語能力試験の結果が出るし、これまで赴任していたウズベキスタンとフィリピンではそれぞれ弁論大会、スピーチコンテストのシーズンに突入するし、なんだかんだ言って年度末だし、個人的に2月3月あたりは何となく落ち着かない季節です。

しかし同時に、プレッシャーから解き放たれた学生からの便りが多い季節でもあります。

そんな中、つい何日か前に、私が過去に教えていたフィリピンの学生からおそろしく長文の日本語メールが送られてきました。A4用紙に印刷して実に3枚にもなる長文です。

初めて彼の日本語のクラスを受け持ったのがもう3年半以上も前になります。私はまだ20代だったし、その学生もまだ高校生でした。それが今度の6月で大学4年生。月日の経つのは早いもんです。

私のフィリピンでの2年の任期の最後の授業がその学生の日本語会話のクラスでした。
その授業の終わりに、学生たちからのプレゼントと言ってクラス全員で歌を歌ってくれたんですが、学生たちが泣き出してしまって何を歌ってるのか全然わからない状況だし、私もオイオイと泣いてしまい、湿度が数パーセント上がるんじゃないかっていうぐらい教室を湿っぽくしてしまったのがちょうど1年前。

今回、メールをくれたその学生は、日本語に限らず、もともと成績優秀な学生だったんですが、私がフィリピンを離れてからの1年間に大学での日本語の授業が増え、内容もより高度になったこと、彼自身も能力試験の2級を受検し、3月にマニラで行われたスピーチコンテストにも出場したこと、論文のことやクラスメートの近況などなど…。中には「喫茶店を作る夢は実現できそうですか」とか「最近の恋愛関係はどうですか」とか、おまえらはどこまで俺のプライベートを把握しとるんじゃ、というツッコミどころもありましたが、それにしてもこの1年の成長ぶりを見事な日本語で見せてくれました。

トコロ変わってウズベキスタンのフェルガナ州。こちらもタシケントで3月中旬に行われた日本語弁論大会に出場した二人の女子学生からメールが送られてきました。

彼女たちの大学では、政情不安のため二年前から日本人教師が不在となってしまい、それもようやく解決。本来なら去年の九月から私が赴任する予定になっていて、実際、去年の春には私も現地へ行っていろいろ調整したにも関わらず、結局、労働ビザの問題がいつまでたってもクリアにならず、私も帰国を迫られてしまい、相変らず大学では教師不在のまま。
そんなわけで日本語を独習せざるをえない状況の中、彼女らは自費でタシケントまで赴いて能力試験を受験し、弁論大会にも出場している。いとおしいくらい健気な学生たちです。

ウズベキスタンではまだまだIT事情が発達しておらず、彼女らは少ない小遣いの中、ネットカフェでせいぜい十数分しかインターネットができません。それも、もちろん日本のような高速インターネットじゃないんですよ。でも彼女らは、何かあればメールを送ってくれます。しかもイスラムの女性、メールの書き出しと締めの数行には「年上」で「男性」で「教師」である私への挨拶を欠かすことはありません。本文はほんの2~3行ですが、そんなメールが送られるたびに胸が熱くなります。

そんなウズベキスタンをはじめ、意外なことにフィリピンも、どちらも慢性的な教師不足に悩まされているところが多く、どちらの学生もメールの最後に「先生、また来てください」というメッセージが入っていて、今すぐにでも飛んでいって抱きしめてあげたくなるんですがねぇ。

でも、それを考えると、ベトナムの日本語学習者なんかは恵まれています。治安がいいから日本人教師も多いし、選り好みできるほど日本語教育機関も多いし、教える人と習う人の需要と供給がそれなりに保たれているんだから…。そんなベトナムで没個性という状況に悩まされる中、過去に教えた学生たちからこんな便りをもらってしまうと、ついつい心が揺れ動いてしまいます。

そろそろ次を考えはじめないと…。

(旧サイト・2007年3月30日記載)

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://springfactory.blog101.fc2.com/tb.php/24-fcd9f980
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。