シルクロードのバネ工場

ウズベキスタン、フィリピン、ベトナム、モンゴル、そしてシリアに渡った日本語教師のブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インドはやっぱり深かった その3

インド旅行第3回目。ブッダガヤのお話です。

実は今回のインド旅行、真っ先に「ここに行こう」と決めていた場所がブッダガヤでした。
このブッダガヤ、ご存知の方も多いと思いますが、ブッダが悟りを開いた場所といわれている仏教最大の聖地なのであります。

…で、ブッダガヤに到着すると、


ものすんごい人。

なんでも、この時期はカーラチャクラ法要という仏教徒にとってとても大きな儀式(?)があり、しかも今回の法要にはあのダライラマがブッダガヤを訪問すると、しかもダライラマのブッダガヤ訪問は今回が最後なのでは!?とも囁かれているという。

つまり、チベット仏教の最高指導者が仏教最大の聖地で行われる仏教の一大イベントに最後の訪問をするという、世界中の仏教徒が思わずよどをたらしてしまう、垂涎モノの状況がブッダガヤで繰り広げられるのです。


私がブッダガヤに行ったのは12月29日だったんですが、ダライラマがブッダガヤにやってくるのは12月31日から1月何日かまでみたい。

それでももうホントにどこへ行っても人の海
それも、チベット人をはじめブータン人タイ人ネパール人ベトナム人モンゴル人…と、数え上げたらきりがないくらいいろんな国の人がいて、もちろんいろんな国の言葉が飛び交っていたりしてそれはそれで楽しかったんですが、それでもやっぱり人が多すぎる。

こんなタイミングでブッダガヤを訪れることになろうとは、運がいいのか悪いのか…。いや悪いな。ぜんぜんのんびり観光できねーんだもの


ブッダガヤの中心にはマハーボーディテンプル(ブッダの菩提寺)があって、ブッダの宝座が奉られている仏塔と、


その傍らにはブッダが悟りを開いた場所といわれている菩提樹があり、


ブッダが沐浴したとされる蓮池もありますが、もうとにかく人が多すぎてまったくゆっくり見ることができませんでした

ちなみにこのブッダガヤ、このマハーボーディ寺院以外にどんな見所があるかというと、さすがに仏教の聖地だけあって…、


左からチベット、ベトナム、中国の仏教寺院


こちらはバングラデシュ、タイ、ブータン
その他にもネパール、ミャンマー、韓国など各国の仏教寺院があり、


そして我らが日本寺院ももちろんあります。


さらに大仏も。

…と、このようにブッダが悟りを開いた菩提寺を中心にアジア各国の仏教寺院があり、各国から僧侶や仏教徒がやってくるという、言ってみれば街全体がまるで仏教のテーマパークとなっております。

また、街の中心辺りからちょこっと足を伸ばすと橋があって、


すっかり干上がってしまったこのを渡ってしばらく歩くと、


スジャータのストゥーパ(供養塔)というのもあります。


…というわけで、ここでちょっとブッダとスジャータのお話


インドのとある小さな村に住んでいたスジャータという女性、「男児を授からん」ととあるに祈りを捧げておりました。

そのころ、6年にもわたる苦行を続けて生死の境にいたブッダ。そのあまりに厳しい修行を中断してネーランジャー川で沐浴


沐浴で身体を清めたブッダ、小さな村に入って樹の下に坐して身体を休めるのですが、ブッダが坐したその樹というのが…、

この塔の中央にある樹。スジャータが祈りを捧げた樹であったそうな。

で、スジャータは樹下に坐すブッダ「樹神」だと思い、ブッダに乳粥をお与えに。
スジャータの乳粥を食し、心身ともに回復したブッダ。自身が沐浴したネーランジャー川の向こう岸にふと目をやると、そこに大きな菩提樹を見つけるのであります。


そしてその菩提樹の下に坐したブッダはついに叡智を極め、悟りを開き、ここに仏教が成道するのであります。


…と、このように仏教の壮大なドラマの舞台となったこのブッダガヤ。普段はもっと静かでのんびりした雰囲気の街のはずなんですが…、ダライラマフィーバーさえなければもっとゆっくり時間をかけていろいろ見て回れたのに…、と、ちょっと残念なタイミングで来てしまったようです。


…が、最後に日本寺で1時間の坐禅を行い、インドでの旅を振り返りながら瞑想したのであります。


そんなわけでとりあえずインド旅行のお話はこれにて完結
…ですが、ちょこちょこした小ネタも少しありますので、もうちょっと書くかもしれません。

テーマ:歴史・文化にふれる旅 - ジャンル:旅行

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://springfactory.blog101.fc2.com/tb.php/241-71ad70c0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。