シルクロードのバネ工場

ウズベキスタン、フィリピン、ベトナム、モンゴル、そしてシリアに渡った日本語教師のブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あれからも一年

きっかけはとある少年が書いた落書きだった、と言われています。(…が、今となってはそれすら本当だったのかどうかもわかりませんが)

昨年1月ごろから北アフリカ中東地域で民主化を訴えるデモや政府に対する抗議行動が激化。チュニジア、エジプト、リビアなどから世界中にその様子が伝えられ、その波はジワジワとシリアにも押し寄せていました。

しかし、シリアではネット上でデモなどが呼びかけられても実際に何も行われなかったり、やる前に発信した人が捕まってしまっていたり、やっても数十人程度がなんかゴチョゴチョと騒いでいるだけの規模の小さいものでした。

そんな中、シリア南部の街でひとりの少年が反体制的な言葉を壁に書いたところ、その少年は拘束され、その後の消息が不明に。それに対して家族らが抗議を起こし、その小さな動きが徐々に徐々に大きくなっていったのです。

そして2011年3月18日、「尊厳の金曜日」と謳われたこの日、当時それまでのシリアの歴史の中で最大規模のデモがシリア南部のダラアという街で発生し、死者を出す大惨事となりました。
その後それが次第に大きなうねりとなり、あちこちに拡散し、収束の気配すら見せないまま今に至り、ちょうど1年が過ぎました。

去年の3月18日、日記を読み返すと私が住んでいたアレッポはいつもと変わらない穏やかな金曜日で、私も午後から庭いじりをしながら「これからあったかくなったら何を植えてやろうかしらん」などと呑気なことを考えていました。

南の方ではそんな大きな騒動が勃発していたなど知る由もなく、翌19日は午後から授業なんかもあったので大学へ。するといつもはザルのように誰でも簡単に出入りできる門が封鎖されており、警備員に身分証を見せないと中に入れないような状態になっておりました。
結局その日、学生は大学内に入れてもらえなかったようで授業はキャンセルになってしまい、アレッポはそれでも特に大きな騒乱などはなく平和だったんですが、以降、そこかしこでなんかそういう物々しい雰囲気が平和な中にも漂うようになったのです。

…と、思い返すと去年の3月は日本で大きな震災があり、シリアで大きなデモがあったりしてなんかちょっとザワザワしてたんだな、なんてことを思ったりもするんですが、そんな日からちょうど一年が経った昨日、3月19日。


モルディブで国会再開に対するわりと大きな抗議行動があり、


私が勤める学校の正面にはMDP(モルディブ民主党=前大統領の政党)の事務所があるんですが、そこで警官隊とデモ隊が衝突。4~5時間ぐらいにらみ合いが続いていました。

そして催涙ガス発射!


生まれて初めて浴びました。
なんか目玉をギュゥ~~っとつかまれたような感じで、あれってホントに涙が出てくるんですね、催涙ガス。

ウチの学校、言語科のオフィスが通り沿いの2階にあり、わりといい位置でこの騒動を見ることができたんですよねー。そのおかげで午後はずっと学校のスタッフやら先生方が出たり入ったりして、デモはうるせぇしオフィスには人がいるわでまったく仕事ができなかったんです

しかしこうして身体を張って国に異議申し立てをする人もいるかたわら、それを観光気分で楽しそうに見物している人もいて、モルディブはなんだかんだいって平和なんだな、と、この騒乱を目の当たりにしてより一層思ってしまいました。


シリアにも早く以前のような平穏が訪れ、おっちゃんの作るシャワルマでも食べながら他愛もない話がまたできるようになることを切に祈ります。

テーマ:シリア - ジャンル:海外情報

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://springfactory.blog101.fc2.com/tb.php/246-cf2bfd28
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。