シルクロードのバネ工場

ウズベキスタン、フィリピン、ベトナム、モンゴル、そしてシリアに渡った日本語教師のブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヒタドゥ分校

…というわけで前回の続きです。

業務出張で日本語の授業をするためアッドゥ環礁ヒタドゥ島に送り込まれた私。
宿舎に到着するも翌日から始まるはずの授業については何も知らされず、学校の場所さえもわからぬままひとりぼっちになってしまい、モヤモヤを抱えたまま長い夜を過ごして迎えた翌朝

とりあえず、何をどうしろと言われてもすぐ対応できるように部屋で待機していると、ヒタドゥ分校の事務員の女性から電話が入り…、

「9時から日本語の授業が始まります。これから迎えの者が宿舎に行きますので少々お待ちください。」と。

日本語の授業が始まるのは9時

電話を切って時計を見ると8時45分

…というわけで、

迎えの者のバイクにまたがり、学校へ。


モルディブ国立大学ヒタドゥ分校に到着。

…で、ひと息ついてるヒマもなくすぐに120分の授業

3日前に出張を言い渡され、わずか15分前まで授業開始の時間もわからず、突然教室に放り込まれて初めて会う学生たちの前で120分の授業をしたんですが、改めてよくぞここまで日本語教師としての地力を身につけたもんだ自分で自分を褒めてあげたい

そんなわけで、ここヒタドゥ分校では1日に120分授業を2コマ、それをわずか5日間。つまり総授業時間20時間。その間に1学期分の授業内容を消化して、最終日の午前中に試験を行い採点。学生全員の成績を出してマレに帰る。というスケジュールになりました。

マレの本校では1学期間(約3ヶ月)で30時間。前回のクルドゥフシ出張は2週間で30時間だったんですが、ここヒタドゥ分校、はたして20時間という授業時間で1学期分の内容を教えることができるのか!?

結果から言うとできちゃいました
理由は“打っても響かない学生”だったから。

例えば2月に行ったクルドゥフシ分校の場合、25人いた学生のうち女子全員と男子数名はやる気もあって真剣に勉強していたものの、半分以上の男子たちは授業中もやかましく、奇声を発する“おさるさん”だったんですが、そんな連中でも私が板書したことは素直にノートに取り、練習問題なんかもやれと言えばやる連中でした。

それなりに真剣に学んでいる学生も、わからないときには「わからない」と言うし、質問があるときは質問をする。
そういう教室内での学生と教師との間のコミュニケーションが、崩壊寸前の中にもしっかりあったので、30時間しっかり教えることができました。

しかし、このヒタドゥ分校の学生。とりあえず授業を妨害するような悪童はおらず、たまにクスリでもやってるのかおかしい言動をしている学生がいても「教室から出ろ」と言えば素直に謝るか教室を出るかのどちらかで、非常にスムーズに授業が進んでいきました。

しかし、私の話を聞いてはいるが、私がボードに書いたことをノートに書き写すとかメモするとか、そういうことを一切せず、ていうかそもそもノートなどというものは持ってこず、授業時間が来たら教室にやってきてただ黙って先生の話を聞いているだけ

で、ひと通りあれこれ教えたり説明したり口頭練習をしたりなんていうのがあったのち、私が「わかりましたか」といえば「はい、わかりました」と言い、「質問はありますか」と聞けば「ありません」と答える。

だから学生がノートを書いているのを待っている時間とか、学生の質問に私が答える、とかそういうやりとりがまったくなかったので、びっくりするぐらいのハイペースで授業がガシガシ進んでいったのです。

…でも、これってさぁ

例えば石コロを池なんかにポーンと放り投げたら、投げた石コロがすんっと水中に吸い込まれてしまい、水面が揺れることなく波紋も広がらずに何の変化も見せないのと同じで、


教師が学生に問いかけても何のリアクションも返って来ず、教師の問いかけが空しく壁に吸い込まれるような感じで、正直やっててなんにもおもしろくないんですよね

…と、そんな壁に向かって話しかける1週間で順調に1学期分の授業を終わらせることができ、


最後(試験直前)の授業はこんなふうに教室がさびしい感じになったりもしつつ、


最終日の試験は11人中9人が不合格という惨憺たる結果で幕をおろし、なんか後味の悪い形でヒタドゥ島でのお仕事が終了したのであります。

それにしても、モルディブで日本語の授業なんかをしていると、程度の差はあれこういった後味の悪い感じが他の国と比べて多いような気がしてならないんですよねぇ…。まあいいけど。

テーマ:モルディブ - ジャンル:海外情報

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://springfactory.blog101.fc2.com/tb.php/250-2822a819
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。