シルクロードのバネ工場

ウズベキスタン、フィリピン、ベトナム、モンゴル、そしてシリアに渡った日本語教師のブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

捌いて候

モルディブでの生活もなんだかんだで残り1ヶ月を切ってしまいました

やはりシリアと比べてしまうとどうしても愛着は沸かず、日本でバタバタしてるうちに突然来させられてしまったこの外周5キロの狭くるしい島。当初は何の未練もなく帰国することになるんだろうなぁ、などと思ってはいましたが、やはりそれなりの期間を過ごせばそれなりに思い入れる部分はあるものです。

とはいえ、どうしてもシゴト面でいまひとつ充実せず、人間関係もほとんど構築されない都会生活を強いられていた私にとって、モルディブで過ごす1年弱は学校生活ではなく私生活をいかに楽しむか、というところにかかっていました。

というわけで、今回から数回に分けて私がいかにモルディブを満喫していたかをまとめてみようと思います。
そんなに大げさなことでもないんですがね。

…で、モルディブといえばやはり

だいぶ前にこのブログでも書きましたが、マレには観光スポットにもなっているフィッシュマーケットがあります。
毎日大量の魚が海から上げられてはすぐ運び込まれ、次から次へ飛ぶように売れていくこのフィッシュマーケット。間違いなく私のマレ生活におけるお気に入りの場所ベスト3に入る場所で、毎週末ここで魚を買っているうちに馴染みとなった漁商のおっちゃんもいるほどになりました。

思えば私がこれまで生活していた海外の国々、フィリピンでは台所のある家に住んでいなかったのでほぼ毎食外で食べてたし、ベトナムでは3食すべて事務所が用意してくれていたので魚料理どころかそもそも自炊をすることがなく、ウズベキスタンモンゴルは内陸の国なので魚はあまり食べないし、市場に並んでいても高かったので自分で買うことはなかったし、シリアでは魚を売ってることは売ってたけど私が住んでいたアレッポでは淡水魚ばっかで泥臭いからあまり魚を買ったりすることもなく、これまで魚をさばいて調理する、という道を一歩も通らずにここまで来た私

ここはせっかくモルディブまで来たんだから、ひとつ魚と戯れる日々を送ろうということで、またここで私がモルディブに派遣されることになったということは、誰かが私に「魚料理を極めよ」と言ってるんじゃないかと思い込み、数々の魚を捌いてきました。

というわけでまずはこちら。


サバ(スズキ目サバ科ニジョウサバ属)
モルディブで捕獲できるのはニジョウサバと呼ばれる種類。2尾10ルフィア(50円ぐらい)。

そしてサバといえばやはり

サバの味噌煮シメサバ
あとは唐揚げにしたりオシャレにバターソテーとか、アラで出汁をとってスープにしたり、なかなか万能なヤツではありましたが、結局サバを買ったのはこれ1回きりでした。

そして、


メアジ(スズキ目アジ科メアジ属・南日本から全世界の暖流に生息)。
小ぶりなものが3尾10ルフィア。


やはりアジは刺身たたきか、または2枚に開いてちょこっと天日に干して塩焼き、というのがいちばん旨かったです。
またはアジフライとか南蛮漬けみたいに手間をかけてみたり、小ぶりなので骨をそのまま揚げて骨せんべいにしてもおいしくいただけます。

さらにさらに、


クサヤモロ(スズキ目アジ科ムロアジ属)
その名の通り日本ではくさやに使われるムロアジの仲間。4尾15~20ルフィア(100円弱)。

モルディブでは上のメアジとこのモロがもっともよく食されるようで、いつ行っても必ず大量に売られていてしかも安い。


そのうえ刺身塩焼き煮つけ唐揚げムニエルソテー照り焼きと、どんな調味料とも相性がよく、煮ても焼いても揚げても、そしてもちろん生でも食えるので、私もいちばん多く買っていたお魚がモロでした。

ついでにもうひとつ。


ヒラマサ(スズキ目アジ科ブリ属)
太平洋からインド洋まで広く生息するブリの仲間。身が張ってて見るからに旨そうなヤツです。1尾25ルフィア(130円ぐらい)。


刺身天ぷら照り焼き。そしてヒラマサといえばブリのお仲間ということで、大根と一緒に煮込んでブリ大根ならぬヒラマサ大根
でもやっぱりヒラマサはそこそこ値の張るお魚だったので、なかなか手が出せませんでした。

これ以外にもまだまだ多くの魚を捌いておりましたが、他の魚はまた追って随時まとめ記事にします。


それにしても、やはりこれだけ魚料理を作っていたので、一般的に食されている魚なら開きとか三枚おろしなんかにするのもずいぶん手際よくできるようになりました。
それだけでもモルディブに来た甲斐があったもんだと思っております。


というわけでまだまだつづく

テーマ:モルディブ - ジャンル:海外情報

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://springfactory.blog101.fc2.com/tb.php/252-52222772
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。