シルクロードのバネ工場

ウズベキスタン、フィリピン、ベトナム、モンゴル、そしてシリアに渡った日本語教師のブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

捌いて頂戴

というわけで、ほとんど私の個人的な記録のための記事になってしまっていますが、前回の続きの魚料理のお話です。

しかし、この記事を書くにあたっていろいろ写真の整理なんかをしていると、改めてモルディブに来てこれだけの魚を食ってるのか、と思っていて、右の写真は私の家の冷凍庫なんですが、常にこんな感じで捌いた魚でいっぱいになっていて、内訳としては冷凍魚75%肉類5%、冷凍用に加工した野菜10%、その他保存食10%ぐらいでしょうか。

そんなこんなで以前フィッシュマーケットについて書いた話の中で「モルディブ人並みに魚を食うぞ」なんてことを書いたんですが、それもまんざらウソじゃないような気がしないでもないような感じです。

…と、そんなわけで今回も行ってみましょう。


オオメカマス(スズキ目カマス科カマス属)。この大きさで20ルフィア(100円ちょっと)。

インド洋で獲れるカマスは他にアカカマスタイワンカマスオニカマスなんかもあって、マレのフィッシュマーケットではこのオオメカマスとオニカマスなんかをよく見ます。

この見た目にカマスという名前がなかなかカッコいい、さらに英語でbarracuda(バラクーダ)というのもカッコいい。

でもそんなに頻繁に市場に並ぶこともないのでそれなりのお値段。そしてそれなりの値が張るということは、おいそれと買う人もそんなにはおらず、そうなると獲れたのに売れず、値を下げて翌日も市場に並んだりすることもあり、このとき私が買ったのも今にして思えば古いのをつかまされてしまったらしく…、


身の締まった旨そうな白身なんですが、刺身にしたら翌日おなかを下してしまいました。


でも煮付けにして卵とじにしたり、塩焼き天ぷらなどちゃんと火を通して食べたらそりゃあもう旨かったです。

また、見た目のカッコよさでいえばブサカワ系のコチラも。

オオモンハタ(スズキ目ハタ科マハタ属)。大きさにもよりますがこれくらいので3尾10~20ルフィア。
ハタはこれだけじゃなく色とりどりのいろんな種類のが並んでいて、しかも安い。そして旨い。


やはりハタといえば見た目のブサイクさを存分に生かしてそのまんま蒸したり揚げたり、あとは旨味のある出汁がでるということで煮物や鍋料理なんかにすると旨いということで粕汁なんかを作ったりもしました。

モルディブ人も「ハタといえばスープ」というくらい、煮込んで旨味を発揮する魚です。

そして、やはりモルディブに来たら南国らしいお魚も食べたいよね、ということで、

タカサゴ(スズキ目タカサゴ科クマササハナムロ属)。3尾20ルフィア。

鮮やかな青色が美しくいかにもあったかい海の魚、という感じですが、日本でも沖縄ではグルクンという名で親しまれ、よく食べられているらしい。
でも実はモルディブで獲れるのはタカサゴではなくニセタカサゴという種類のようです。


刺身煮つけにしたらちょっと淡白な感じでしたが、油との相性がよく、そのまんま素揚げにしたり味噌とバターでホイル焼きにしたりすると美味でした。

…と、こんな感じで毎週のように魚を買っては捌き、なんてことを繰り返していると、さすがに「ちょっとめんどくさいな」と思うときもあって、そんなときはやっぱり切り身。ということで、


バショウカジキ(スズキ目マカジキ科バショウカジキ属)の切り身。基本的にひとつ一律20ルフィア。

フィッシュマーケットの話を書いたときにマグロの切り身にも触れましたが、カジキやマグロのような大型魚は基本的に切り身で売られています。

しかもモルディブ人はマグロの部位とかにはあんまり興味がないらしく、とにかくザクザク切った先から並べて全部おんなじ値段で売られているので、市場に並んでるのを吟味して選べば脂ののったトロなんかもお買い求めできます。

それに切り身にしてしまっているので売れ残りが翌日も並ぶ、なんてことがなく、どれも新鮮。


身も分厚いので刺身にしたり、ステーキなんかにすると贅沢気分が味わえるし、シンプルなスープでもじゅうぶん旨い。

で、マグロやカジキのような大型魚が切り身にされてそのまま売られているということは、こんなものも買うことができるわけで、

マグロの内臓
心臓胃袋レバー卵巣と、もうひとつはよくわからなかったので調べたところ幽門垂と言われる部位だそうで、これが1セット15ルフィア(80~100円ぐらい)。


日本ではなかなか食べる機会のない珍味ですが、モルディブでは一般的に食べられているのかな?買ってる人はよく見かけます。
ホイル焼きにしたり煮込みにしたりモツ炒めにしたり、これがあれば白メシ何杯でもいけそうだけど食べてるうちに飽きてくる、でもたまーに食べたくなる。そんな一品です。

…と、ここまで紹介しただけでもずいぶん魚ばっか食べてるんだな、と思ってしまいますが、このお魚料理の話はまだ続きます

テーマ:モルディブ - ジャンル:海外情報

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://springfactory.blog101.fc2.com/tb.php/253-90a7afa8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。