シルクロードのバネ工場

ウズベキスタン、フィリピン、ベトナム、モンゴル、そしてシリアに渡った日本語教師のブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本の普通の風景写真は日本語学習者の目にどう映る?

この週末、我がモルディブ国立大学観光学部において日本文化を体験する会を開催いたしました。

といってもそんな大々的なイベントではなく、いつも夜の社会人コースの授業が行われている時間を使い、日本語コースの学生やその他興味のある方に自由に来ていただいて日本の文化的なことをちょこっと体験していただく、という感じのプチイベントです。

しかも今学期は学校側のドタバタで開講できなかったクラスがあったり、いつものように気がつくとフェードアウトして授業に来なくなってしまう学生もやっぱりいたりと、現時点で日本語を学んでいる学生も少なくなってしまったので、ひっそりと地味な感じで執り行われました。

内容としては折り紙書道カラオケに加え、抹茶の試飲コーナーという感じ。


こうしてピンポイントで写真を撮ると大盛況しているような感じに見受けられますが…、


実際はこんな感じですっかり閑古鳥が鳴いておりました
悲しいかなこれがモルディブ唯一の日本語教育機関モルディブにおける日本語教育の現状です。

しかし今回、私はこのプチイベント開催に当たってちょっと前から個人的にやってみたいと思っていたある試みを実行してみました。

それは「写真展」

文字通り日本の風景写真なんかを展示するだけなんですが、どうしても日本語を教える、日本文化を広める会場で行われる写真展というと、都会のイルミネーションであったり、富士山だとか満開の桜みたいな大自然であったり、浅草京都あたりの有名なお寺とか厳島神社鳥居の向こうに沈む夕日の写真であったり、はたまた伝統芸能の歌舞伎とか、その手の写真なんかがどうしても目立ってしまいます。

でもそんなのもういいよ…。

と、このところ思っていて、例えば日本語を学んでいる人の間では日本のアニメのワンピースやらNARUTOやら宮崎駿やらが好きな人が多く、実際にトトロとか魔女の宅急便なんかを日本語の教材として使った例なんかもあったりしてそれはそれでいいんですが、そういった世界的に有名な、スケールの大きい作品もありながら、地味なところで実は日本語教材としてのサザエさんのポテンシャルの高さ、そして個人的な趣味で授業に使ってみたら意外と食い付きがよかった小津安二郎の映画とか、そういった「なんでもない日常を切り取ったところから見えてくるもの」に引き込まれる学生もこちらが想像している以上にいたりするんですよね。

…というわけで話を写真に戻しますが、今回、私が試みた写真展というのは、日本のキレイな風景や有名な場所や物の写真ではなく、別になんていうこともない普通の日本の風景や、我々日本人が普段目にしている物、日本人は見慣れてるけど外国人はどう見るのかな、というような物。
そんな写真ばかりを展示してみたら、来場した方々はどれくらい食いつくのだろうか…、ということ。

で、こんな感じになりました。

(クリックしたら若干大きめの画像が表示されるようにしておきました。)

ホントはもっとたくさんババーンと展示したかったんですが、時間と予算の都合上、厳選に厳選を重ねて選んだ写真約40枚


こんなさびしい感じのイベント会場ではありましたが、


この写真展示にみんなが足を止め、その足を止めてあーだこーだと話している時間も長かったような気がしなくもないような感じでした。


欲を言えばもっと学生の多いところで、たくさんの方々に来場していただいた中でやってみたかったんですが、とりあえずは見慣れた見飽きた日本の綺麗な風景写真なんかより、こっちのほうが興味を引く内容だったのではないかと思いました。


皆様もぜひお試しください。

テーマ:日本語教育/異文化コミュニケーション - ジャンル:学校・教育

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://springfactory.blog101.fc2.com/tb.php/254-1502a66f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。