シルクロードのバネ工場

ウズベキスタン、フィリピン、ベトナム、モンゴル、そしてシリアに渡った日本語教師のブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スカート男子

なんだかんだで帰国まで残り2週間ほどとなりました。というわけで…、

シャツです。

このシャツ、さいたまの日本語学校に勤めていたときから仕事着として着ていたものでもともと長袖だったんですが、私が2003年にフィリピンで日本語教師として働き始めるのを機に、服飾の専門学校を卒業したという当時のバイト仲間に頼んで半そでにしてもらったもの。

で、それ以来、今に至るまで仕事着としてあちこちの国に持って行き、これを着て授業をしてきたという一品。

というわけで上の写真が2003年、フィリピンのダバオで撮ったものなんですが、こうして振り返るとやっぱり9年前の自分は若いな!というか一緒に写ってる生徒も当時小学校5年生だからもう二十歳そこそこになってると思いますが、まぁまぁそれはさておきこのとおり、かれこれ9年も着用しているシャツ
今もまだ普通に着ることができるので現役の仕事着としてモルディブでも着用しているんですが、最初はそんなに気にならなかったのがどういうわけかこのところ「丈がちょっと長いな」と気になるようになってきたので、近所のテーラーに持っていって裾を短くしてもらうことに。


まあテキトーにジャキジャキ切り刻んでテキトーに縫って終了、という感じなんだろうな、と思っていたんですが、採寸してちゃんと丈を計り、慣れた手つきで丁寧に切ると…、


これまた慣れた感じでミシンにかけてあっという間に完了。


というわけで長袖から半そでになり、丈もちょうどよくなって第三形態となったこのシャツ。
色は褪せてきましたがますます手放せない一品となりました。

それにしてもモルディブにはこういったテーラーがあちこちにあって、このシャツの丈を直してもらった近所のテーラーをはじめ、私が家から学校まで歩いている道だけでもたぶん10件ぐらいのテーラーがあります。
で、たいてい若いお兄ちゃんかおっちゃんが針仕事をしているので、正直なところ「そんなに丁寧な仕事はしてないんだろな」などと勝手に思っていたんですが、頼んでみたらそれはもう職人の仕事、という雰囲気。

…で、


布屋さんでテキトーな布を買い、テーラーに頼んでこんなものも作ってもらいました。

こうして写真で見るとただの大きい布に見えますが、テーラーの丁寧な仕事によって筒状に縫い合わされています。

これ、実は…


モルディブで“ムンドゥ”と呼ばれる、いわゆる巻きスカートです。


ミニスカバージョンもあります。

このムンドゥ、スカートではありますが、上の写真を見てもわかるように基本的にモルディブではおっちゃんたち、というかおじいちゃんに近い妙齢の男性だけが着用しているもの。

まあ言ってみればモルディブ紳士のたしなみです。


というわけで私もテーラーで仕立ててもらったムンドゥを穿いてみました。楽です。
やっぱり暑い国ではこういう風通しのいいものを穿いてるほうが快適だな。

しかもこれ、布が一枚100~150ルフィア(600円前後)でテーラー代が6枚で70ルフィア(400円ぐらい)というお手軽料金

モルディブのお土産というといかにも“観光地のお土産”みたいなのしか売ってないけど、こうしてローカルの店で布を買ってテーラーで仕立ててもらうというのもなかなかいいモルディブ土産になるんじゃないでしょうか。

テーマ:モルディブ - ジャンル:海外情報

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://springfactory.blog101.fc2.com/tb.php/255-5cf32c18
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。