シルクロードのバネ工場

ウズベキスタン、フィリピン、ベトナム、モンゴル、そしてシリアに渡った日本語教師のブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

捌いて魅せます

そんなこんなでちょっと別のお話を2回ほど挟みましたが、久しぶりに魚料理のお話

魚の話は今回で完結ということで、やっぱりモルディブに来たら食していただきたいお魚ナンバーワンのこちらから。


カツオ(スズキ目サバ科カツオ属)。世界中の熱帯、温帯海域に広く生息しており、モルディブでもマグロ、カジキに並んでよく食される魚。
大きさにもよりますが写真のカツオは2尾で50ルフィア(300円弱ぐらい)。比較的高級なおさかなで、50センチぐらいの大きいものになると1尾150ルフィアとかもうちょっと高くなったりすることもありますが、モルディブ人はよく買っています。

上の写真を見てもわかるとおり、カツオはどういうわけか捌いてくれるサービスがあり、頭と内臓を取って皮を引いた状態で買うことができます。


で、やっぱりカツオといえば炙ってたたきにすると絶品。刺身ももちろん旨いです。
他には角煮にしたり唐揚げにしたり、しょうが焼きとか照り焼きなんかにしてもおいしくいただけます。でもやっぱり生がいちばん旨く、高いだけのことはあります。

高いといえば、日本では高級魚のコチラも。


ヒメダイ(スズキ目フエダイ科ヒメダイ属)
日本ではそれなりのお金を出さないと食べられない高級魚ですが、モルディブではこの大きさでたったの10ルフィア(50~60円ぐらい)で、完全に雑魚扱いです。

いやいや、それでもこんなでっかいヒメダイがそんなに安いってことは、コレひょっとして古いのかな?とも思いましたが、別に変な匂いもないし、刺身にしても翌日おなかを壊すこともありませんでした。ホントに雑魚なんだね。


あと、頭と胴体をそのまま兜蒸しにしたら白髪ネギをふりかけ、熱したゴマ油をジュワっとかけてポン酢で食う、とか、ちょっと崩れてしまった身とか尻尾の方の中途半端な身をアラと一緒に炊飯器にぶち込んで鯛めしとか、そんな贅沢料理もできるし、あとは粕漬けにしたり味噌を塗ってホイル焼きにしたり、たった10ルフィアでものすんごい贅沢気分を味わうことができます。

そして鯛のお仲間のコチラも。


ヨスジフエダイ(スズキ目フエダイ科フエダイ属)
黄色い背中に青いラインがきらびやかな姿。その見た目からもわかると思いますが、南日本からインド洋にかけてのサンゴ礁に生息する南のお魚。モルディブではアジやタカサゴと並んで大量に売られているのをよく見る魚のひとつ。なのでお値段もお手ごろで4尾20ルフィア(100円ちょっと)


…が、私が買ったのがたまたまそうだったのか、あまり肉付きもよくないし身も崩れやすいしなんか捌きにくかったので、うまいこと切り身にできず、とりあえず一匹をたたきにして他のは頭と尻尾を切り落としてそのままの姿で蒸したり煮つけにしたりホイル焼きにしたり。
悪くはなかったんですが味もなんか淡白で今ひとつかな、って感じでした。

そして、


タコ。

このグロテスクな生物を世界で最初に食べようと思った人はすごいな。ほんで、この生物に「タコ」という名前をつけた人もまたすごいな。もうこいつは「タコ」以外の何者でもないもんな。

しかしタコはあまり食べないからか、またはあまり市場に出ないからか、けっこう高級で小さめのが一匹90ルフィア。私のような貧乏人にはなかなか手が出せない一品。

基本的に内臓を取り除いた状態で売られているので、買ったらそのまま洗って塩で揉んでぬめりを取り、茹でてからテキトーに切って冷凍保存しておけば色んな料理に使えるのでなかなか重宝します。


茹でる前に足先をちょんちょんと切ってたこわさにしたり、茹でたのをそのまま切ってポン酢とか醤油をつけて食うだけでも十分旨いですが、


やっぱりマリネとか、もっとシンプルに酢だことか、


もっと手間をかけて炒飯に入れたり、中華丼を作ったり、から揚げにしても旨い。

そして、タコといえばこちらも。


イカ。
タコほどではありませんがイカもまた高級で、しかも相場が変動するので基本的に時価売買されています。
基本的に写真のと同じぐらいの大きさのイカでだいたい1パイ50~100ルフィア


しかし、イカもまたタコと同じくいろいろ重宝するので、部位ごとに捌いて冷凍。
ナマ食としてイカそうめんにしたりイカオクラにしたり、


天ぷら唐揚げカレーパスタに入れたり、シンプルにしょうが醤油で炒めたり、捌くときに墨袋を取り出しておけばイカスミパスタも作れます。

また、イカは内臓や目や口などその他の部位もとっておき、


釣りに使う練り餌を作ることもできます。
イカエキスと小麦粉だけで作るこの練り餌、モルディブのお魚たちの食いつきもなかなか良かったんですが、


実際のところそう頻繁に釣りに行くこともなかったというのもあり、私のモルディブでの釣果は、結局上の写真のちいこいハタクマドリ(モンガラカワハギ)だけでした。

…と、こうして振り返るとやっぱり魚ばっか食べてた約1年だったんだなぁ、と思いつつ、これだけ食べてもまだモルディブで獲れる魚の種類は半分も制覇していませんが、このようにモルディブの魚中心の食生活もあと2週間もしないうちに終わってしまいます。

でも日本に行けばもっと旨い魚料理が食べられるんですよね。高いけど。

テーマ:モルディブ - ジャンル:海外情報

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://springfactory.blog101.fc2.com/tb.php/256-f8610dc0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。