シルクロードのバネ工場

ウズベキスタン、フィリピン、ベトナム、モンゴル、そしてシリアに渡った日本語教師のブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本語教師と板書

4月になって新しいクラスが始まり。何だかにわかに忙しくなりだしたので、たまには仕事について語りましょう。

教師が授業中に黒板ナドに書くことを「板書(ばんしょ)」と言いますが、板書には教師の性格がよく出るものです。几帳面な先生の板書は測ったようにきっちりしてるし、大ざっぱな先生の板書はダイナミックだし、教師が10人集まれば、10通りの板書のスタイルがあります。

で、私の板書はというと、何というか「ゴチャゴチャしていてまとまりがない」ような気がします。というのも、とにかくいろんなものを書く。絵だとか字だとか、そのとき思いついたことを空いてるスペースにゴチャゴチャと書いてしまうんです。

フィリピンの大学で働いていたとき、ある人に「職人」と言われたことがあって、コマゴマとした作業が得意だというのもあるけど、それだけでなく理論的に物事を判断するというより、感性とか勘だけを頼りに(というか思いつきだけで)動いてしまうところがあるので、そこらへんが板書に反映されてしまうのかなぁ、などと思ったりします。

授業前にレッスンプランを考えているときには比較的スマートな板書になる予定なのに、授業中についつい話が脱線してしまい、それを板書する。脱線とまでは行かなくても、授業中に何か思いついたり、学生からの突然の質問への対応なんかしているうちにホワイトボードがどんどん黒く染まっていってしまう。

それでも一応、考えながら書いてはいるんですけどね。

しかも悪いことに、そんな絵とか字だらけの板書を学生たちが楽しんでくれていると思ってしまっていて、ついつい熱が入ってしまう、なんてことはザラです。

また、それに加えてベトナムに来て最初に教えたクラスでは特に決まった教科書を使っていなかったので、こっちに来てからというもの、そんな板書もさらにゴチャゴチャの度合いを増してきたような気がします。
それでも、たまに自分でもホレボレするような芸術的な板書ができ上がることもあって、内省やら復習やらも含め、ベトナムに来てからこっち、今後のために自分の板書を写真に撮って残すようになりました。これ、意外とオススメです。


授業が大幅に脱線し、なぜかニュースの話になったとき。最もグチャグチャになってしまった板書。なんか変なことばっか書いてあります。


こっちはわりと教案通りに仕上がった板書。それでもちょっとゴチャゴチャしています。
ちなみにこの日の内容は「あげます・くれます・もらいます」
下の方に書いてある「ゆずりあう」に授業脱線の形跡が見られます。

あと、板書するときの体の向きなんかも先生によっていろいろだと思うんですが、私の場合、黒板と正面から向かい合って書く、ということができない。
たぶん一種の職業病みたいなモンだと思うんですが、体を学生の方に向けて声を出しながら書き、書きながら学生の様子を見て、という動作を一日に何時間も行っているため、教室を離れて例えば「壁に張り出された名簿に自分の名前を書く」みたいな状況のとき、正面から壁に向かい合って字を書こうとするとなぜか緊張してしまうんです。しかもうまく書けないし、動作もぎこちないし。だからそんなときは身体ごと横とかナナメを向いて書いたりするとヒジョーに書きやすいんです。

そんな感じで、それぞれの先生の個性やこだわりが見えたりする板書、注意してみると結構おもしろいモンです。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://springfactory.blog101.fc2.com/tb.php/28-989011c6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。