シルクロードのバネ工場

ウズベキスタン、フィリピン、ベトナム、モンゴル、そしてシリアに渡った日本語教師のブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「地球の歩き方」に載ってます

突然ですが宣伝です。

いまや日本における海外旅行のガイドブックの定番にもなった「地球の歩き方」。鮮度が命と言われるガイドブックの中でも、1年半から2年に一度は改定され、常に新しい情報を提供。また、圧倒的な数の国や地域を網羅し、日本国内で販売されているガイドブックの中でもかなりのシェアを誇っています。

数年前、私がバックパッカーみたいなことをしていたころ、やはり海外で出会う日本人の多くはこの「地球の歩き方」を持って旅をしていました。しかし、この地球の歩き方、情報に誤りが多かったり、無駄な情報はたくさん載っているくせに必要な情報はあまり載っていなかったり、写真が多すぎるためにページが多く厚みがあって、長旅での携帯には向いていないなど、当時の旅行者の間ではわりと人気は低く、どうしても「『歩き方』を持ってるヤツ」=「旅の初心者」という目で見られていました。また、タイやインドなどのように日本人バックパッカーの多い国では、現地人の間でも「『歩き方』を持ってる日本人」=「カモ」だと思われていることがしばしばあります。

そんなわけで、正直なところ私も旅の情報源としてはほとんど活用していなかったんですが、ヒマなときに本屋で立ち読みしたり、気に入った物は買って読んだりするなど、個人的にはガイドブックというよりひとつの「読み物」として集めたりしていた時期もあります。
というのも、この「地球の歩き方」、とにかく写真が満載されており、地図もなかなか詳しく描かれていて、その国へ行かなくても「読むだけでなんとなくその国の臨場感が味わえる」という魅力がある。と、個人的には思うわけです。

で、この度、なんとその「地球の歩き方」に私の書いた記事が掲載されてしまいました。
それも、「ホテルやレストランの紹介」的な2~3行の投稿記事ではなく、編集部から正式に依頼されて書いたコラムが堂々1ページを埋め尽くすカタチでドド~ンと掲載されています。
エヘヘ、ちょっと自慢。

ちなみに、いま住んでいるベトナムのものではありません。


「地球の歩き方 シルクロードと中央アジアの国々編 07~08年版」
(5月19日発売 1974円)

なんともマニアックなタイトルですが、これ、旧ソ連の中央アジア諸国(ウズベク、カザフ、キルギス、トルクメン、タジク)5カ国の旅のダイジェストが満載されており、中央アジア、シルクロード方面が好きな人にはたまらない魅惑の一冊に仕上がっています。(旅のガイドブックとして使えるかどうかは別として。)

んで、何を書いたかというと、3年ほど前に私が住んでいたウズベキスタンのリシタンという町の紹介記事です。

今回、このお話をいただいたのは昨年の11月半ばごろ。ベトナムに来るちょっと前のことです。
ウズベク赴任前からいろいろとお世話になり、現地赴任への窓口にもなっていた団体の方から連絡があり、「地球の歩き方の改訂版にリシタンと紀子学級(私が赴任していた日本語学校)の紹介記事の執筆依頼があったんだけど、それなりにわかりやすい文章が書けて、バックパッカー経験もあって地球の歩き方なんかもよく知っていて、中央アジアが好きで、さらに最近現地に行った若いバカなの」ということで、私に白羽の矢が立てられ、そんなこんなで「いっちょ書いてみるか」となったわけです。

ただ、町の紹介といっても、リシタンという町は地図などいらない小さな田舎町だし、旅行者がわざわざ行くような観光地でもない(そもそもホテルすらない)ので、旅行情報はいっさいナシ。見開き2ページにその町と日本語学校の紹介コラムのみ。
で、それを、日本側とウズベク側から一人ずつに書いてもらうという構成で、まずは実際に現地で生活していた日本人(私)がリシタンという町と、紀子学級という日本語学校についての簡単な紹介をしたあと、現地リシタンで日本語を学び、日本への留学経験もあり、今は現地で日本語を教えているジャエワ・ショヒジャホンさんというウズベク人の女の子が現地での経験などを綴る。ていう感じ。

2007年の年明けごろから執筆作業に入り、当初は書きたいことだけチャチャっと書けば済むだろうと思っていたんですが、実際には文字数やら地名表記やら漢字表記など編集部の方針がいろいろあって、数度にわたる書き直し要請を受けてしまい、削除やら付け足しやらを繰り返し、「あと何行減らして」とか「この段落をあと何文字減らして」とかいう地味かつ地道な作業を経て完成。結果的に無駄な部分はすっかり削ぎ落とされてしまい、誰でも書けるような文章に仕上がってしまったような気もしなくはないんですがね…。

そんなわけで、ガイドブックとはいえ一応は著作物なので、ここでの公開はできませんが、ボカシを入れてちょっとだけ公開いたします。(どうしても見たい方は書店で立ち読みもしくは購入してください。)


こんな感じで、見開きの片側1ページに私の書いたコラムが掲載されています。


ホラホラ、ちゃんと名前も載ってるよ。

…と、ゆーわけで、日本にいる方はとりあえず書店に走って見てみてください。

コメント

早速

早速注文してきたよ。

わぉ、ありがとうございます。
上野のみんなに見せびらかしてやってくださいな。えっへっへ。

  • 2007/05/21(月) 21:04:26 |
  • URL |
  • ひろ #-
  • [ 編集]

すごいです。
日本に帰ったら見てみます。
うぅーん。すごいという言葉しか出てきません。

  • 2007/05/22(火) 07:15:53 |
  • URL |
  • さやか #-
  • [ 編集]

ありがとうございまーす。
…っても、こっちも海外だから発行された現物は日本に帰国しないと見られないんだけどね。へへ。
だからまだあまり実感ないんだよなー。執筆した本人なのに…。

  • 2007/05/22(火) 11:49:26 |
  • URL |
  • ひろ #-
  • [ 編集]

うーむ。あいかわらずの鉄人ぶり。
昨日もヒロさんの話でマニラでもりあがってしまいました。

  • 2007/05/23(水) 16:06:00 |
  • URL |
  • ichi #-
  • [ 編集]

ななな何だ!?
なんの話で盛り上げてしまったんだ?

…まぁいいか。

そっちはもうすぐ新学期ですね。
みんなによろしく。

  • 2007/05/23(水) 16:58:24 |
  • URL |
  • ひろ #-
  • [ 編集]

掲載おめでとうございます。
本に載るとかってイイですよね。
こっちの紀伊国屋でチェックしてみます。

  • 2007/05/28(月) 01:50:09 |
  • URL |
  • yak&yeti #-
  • [ 編集]

おぉっ、ありがとうございます。
そっちには紀伊国屋なんかもあるのね。
たぶん海外に流通するのはもう少し先になるかも知れませんが、見つけたら手に取ってみてください。

  • 2007/05/28(月) 11:25:18 |
  • URL |
  • ひろ #-
  • [ 編集]

まじっすか!?すごいな早速本屋で探してみるわ(^o^)丿
でも立ち読みやけどな(~_~;)

  • 2007/06/01(金) 21:39:01 |
  • URL |
  • ジダン1号 #-
  • [ 編集]

いやぁ、どうもどうも。
大阪やったら、それなりの大きさの本屋にはもう置いてあると思うで。
まぁ、たくさん売れたら印税がガッポリ入るってわけでもないので、立ち読み上等。

  • 2007/06/02(土) 11:21:18 |
  • URL |
  • ひろ #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://springfactory.blog101.fc2.com/tb.php/32-78994711
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。