シルクロードのバネ工場

ウズベキスタン、フィリピン、ベトナム、モンゴル、そしてシリアに渡った日本語教師のブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「みんなの日本語」に学ぶ

語学教材についての話です

「みんなの日本語」という日本語のテキストがあります。
おそらく今、国内外を問わず最も多くの日本語教育機関で使用されている初級文法のテキストで、その内容は、易しい文型から徐々に難易度を上げていき、ひとつ教えたらまたひとつ新しい文法項目を積み上げていくというもので、一般に「文法シラバス」と呼ばれるものです。
また、練習問題や会話文なども収録されていて、会話文の中では「IMC」という日本の会社で働くアメリカ人「ミラーさん」を中心に、日本で暮らす外国人と日本の人々との交流が描かれています。(写真参照)

 
(会話のページ(左)とその主要登場人物ミラーさん(右))

しかしこの「みんなの日本語」、すっかり日本語教育界における初級テキストのスタンダードとして定着してしまっているんですが、わりと多くの日本語教師がこいつを「くせ者」だと思っていて、どうして風化せず、長く広く使われ続けているんだろう…と思ってしまうほど扱いにくいこともしばしばあります。せめて時代の流れに沿って改定していこうよ、って思うんですがね。

で、話は変わって、下の写真は私がベトナムに来て最初に購入したベトナム語のテキストです。



「日本人の為にベトナム語(1~2巻)」(CD付き各48000ドン(350円くらい))
「為に」というのがなかなかニクいセンスをしていますが、これ、ベトナム全土の書店で購入することができます。

中身をみてみると、まずはベトナム語で最も難解と言われる六声調の解説、そして簡単な文法構造の説明に始まり、その後は基本的に文法シラバスのカタチをとっており、文法項目を積み上げ、例文や練習問題、会話文などからベトナム語が習得できるような構成になっています。

このとおり、会話のページにはイラストもついてます。


……って、あれ?…よく見るとこの絵、


ミラーさん!?

うわ、「みんなの日本語」と同じだ!!

 
(左「みんなの日本語」、右「日本人の為にベトナム語」)

なんとこの「日本人の為にベトナム語」、よく見ると実は「みんなの日本語」の例文から会話文、練習問題に至るまで、その全文をベトナム語に翻訳し、挿し絵もそのまま転用し、堂々とベトナム語のテキストとして書店で売ってしまってるんです。しかもご丁寧にベトナム人による会話のCDまで作成して…。
(ちなみにミラーさんは、「フォンさん」「ロンさん」「ミンさん」など、課ごとに名前を変える変幻自在な金髪のベトナム人として八面六臂の大活躍を見せています。)

………でも、ここでちょっと発想を転換してみると…

これでベトナム語を学べば「みんなの日本語」で日本語の勉強をさせられているベトナム人の気持ちが少しはわかるかもしれないので、ベトナムで生活している日本語教師にとって公私ともに役立つ逸品となるのではないかと思うんですが…、どうでしょう。

コメント

太字の文太陽色付きの文字いいですね

  • 2007/07/23(月) 20:58:29 |
  • URL |
  • 匿名希望 #-
  • [ 編集]

うーむ……、そうですね!

って、タイのチュラロンコン大学って名門ですよねぇ…。それがなぜこんな無意味なコトを!?

  • 2007/07/24(火) 12:09:47 |
  • URL |
  • ひろ #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://springfactory.blog101.fc2.com/tb.php/33-fc658d8b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。