シルクロードのバネ工場

ウズベキスタン、フィリピン、ベトナム、モンゴル、そしてシリアに渡った日本語教師のブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界のアップル・前編

ホーチミン市在住の日本人マックユーザー(…いるのか?)は必見です。

海外で生活していて「途方に暮れてしまう瞬間」というのがあります。
私の場合、そんな「途方に暮れてしまう瞬間」のひとつに「パソコンが壊れたとき」というのがあるんですが、それはどうしてかというと、私のパソコンというのは写真に写っている「白はんぺん」のようなノートパソコンなんですが、これ、リンゴマークでおなじみのコンピューターで、こいつが海外で故障したりすると、ホントに「あぁ、どうしよう」て思ってしまいます。

しかし、壊れたら修理に出しゃいいじゃねーか、と思われるかもしれませんが、私が行きたがるような国(というか、 少なくとも今まで私が住んでいた国 )ではサポート体制が整っていないところが多く、壊れてもそれに対応してくれる技術者が見当たらないという問題を抱えているわけです。
アジアや欧米の先進諸国ならサポート体制も整っているんでしょうが…。

過去、フィリピンでもウズベキスタンでも故障して、そのたび修理に四苦八苦したという経緯があるんですが、つい先日、「ベトナムで故障」という不名誉な勲章がまたひとつ増えてしまいました。

さかのぼること1ヶ月ほど前、いつもと何ら変わらず使用していると、突然のフリーズ。それを機に起動に時間がかかるようになり、明らかに「トラブル発生」のニオイが漂いはじめ、それでもまぁ使うことはできたので使っていたものの、ある日、ハードディスクのチェックをしようと診断ソフトを立ち上げてみると、こんなメッセージを表示しやがって、


「このドライブの一部に致命的なハードウェアエラーがあることが報告されました。このドライブがまだ動作している場合は、できるだけ多くのデータをバックアップしてから、正常なドライブと交換してください。」

…あああわわあぁぁ、あな恐ろしや。どどどどどうしよう…。

これ、S.M.A.R.T.エラーというやつで、ハードディスクが自己診断をして「もうすぐ故障するかもしれないよ~」とユーザーに警告するというものらしい。で、すぐにデータのバックアップを取ったりして、その後もとりあえず使えるうちは使っていたんですが、数日たったある日、見事にハードディスクがウンともスンとも言わなくなり、ただのガラクタになってしまいました。

そして愛機の故障を目の当たりにしてあれこれ考える。

「どうせもうすぐ帰国するんだし、こいつはこのまま放置。日本で修理しよう。」
「でも、 日本のアップルの代理店とかサポートセンターって修理代高いしなー。」
「そうは言っても、ベトナムでマック直せるところなんかねーだろ。」
「ていうか、仮にあったとしても技術的に信用できるモンなのか?」
「でも、もしこっちで直せれば日本で直すよりはるかに安いだろなー。」
「うーん…、とりあえずアップルの専門店があるかどうかだけでも調べてみよう。」

そんなこんなで調べてみたら、なんと今年4月中旬に「アップルストア・ベトナム1号店」がホーチミン市にできていたという情報を入手。さっそく行ってみると、外観こそ「ベトナム」ですが、中に入ればまばゆいばかりにキレイな店内で、そこは「世界のアップルストア」そのもの。スタッフの対応も丁寧デス。

私「スミマセン、修理してもらえますか?」
店員「はい、どうしました?」
私「えと、たぶんハードディスクなんですけど…(コトの顛末を説明)」
店員「あー、大丈夫です。直せますよー。」
私「わーい、おねがいしまーす。…ところで、いくらぐらいかかりますか?」
店員「50万ドンです。」
私「…ごっ、ごじゅうまんドン!?」

……高そうに聞こえますが、日本円で3500円ぐらいです。日本よりはるかに安いです。(といっても、ベトナム人的には決して安くはないんですがね。)



…えと、ちょっと長くなってしまいそうなので、続きはまた後日。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://springfactory.blog101.fc2.com/tb.php/45-985c9326
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。