シルクロードのバネ工場

ウズベキスタン、フィリピン、ベトナム、モンゴル、そしてシリアに渡った日本語教師のブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あたらしい環境

モンゴルに来て2週間ほど経ちますが、今回はカンタンに「わが町の紹介」です。


これがいま私が働いている「モンゴル国立大学オルホン分校」です。
建物自体はこぢんまりとしていますが、学生数はこの建物からは想像できないほど多く、学科もけっこうたくさんあり、私はこの中の外国語学部、日本語学科の講師として働いています。

ちなみにこの反対側(大学の正面)の風景はこんな感じです。
←草原
教室や事務所の窓から見える景色もこの草原で、実にのどかな環境で働かせていただいております。

私が住んでいる「エルデネット」という街は、首都のウランバートルから北西に400キロほど離れたところにあり、鉱山が有名で、そのおかげでモンゴル国内でも数少ない「自活できている街のひとつ」らしいんですが、大ざっぱに地図で表すと、右のようになります。ホントに大ざっぱですが、鉱山で働いている人が数多く住んでおり、街にはアパートというか団地がひしめきあっているので、こんな感じでだいたいの雰囲気は表せています。

そんなわけで、通勤中の風景もこんな感じです。

中央、赤矢印のところに見えている建物が大学です。夜は星がきれいです。

ついでなので、前任地のベトナムでの通勤中の風景はこんな感じでした。


…えらい違いだ!!(これはこれで好きだったんですけどね。)

そんなわけで今後のモンゴルレポートもお楽しみに。

ちなみに、写真からも想像できると思いますが、街とはいえかなりの田舎なので、ベトナム赴任時と比べてネット事情はさほどよくありません。なので、コメントいただいてもすぐにお返事できないこともあるかと思われますが、そこらへんご了承くださいませ。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://springfactory.blog101.fc2.com/tb.php/50-fd1f42d3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。